脱毛にまつわる7つの失敗から学ぶ、脱毛のホントのところ
  1. TOP
  2. 脱毛にまつわる7つの失敗から学ぶ、脱毛のホントのところ

脱毛にまつわる7つの失敗から学ぶ、脱毛のホントのところ

 2017/02/24 失敗やリスク 脱毛の基礎知識
この記事は約 16 分で読めます。 218 Views
脱毛の失敗って本当にあるの?

「脱毛に通い始めたけどムダ毛がまた生えてきた」とか「予約がとれない~」とか脱毛について検索すると、「失敗」したという口コミを目にすることがありますよね。

その失敗談は本当なのでしょうか、失敗しない方法ってないのでしょうか。

脱毛の失敗ケースの原因は何だったのか、検証していきます。

Contents

脱毛に関する失敗・7つの事例

せっかくサロンやクリニックで脱毛を始めたのに「失敗した!!」という口コミは意外とよくあるものです。

みなさんどのような「失敗」をしたのか興味がありますよね。調査してみたところ失敗には大きく分けて7つありました。順にみていこうと思います。

脱毛の失敗事例①効果が感じられない

脱毛効果を感じられない、つまり「施術を受けたのに毛が抜けない、」とか、「また生えてきちゃった、」という状態です。

脱毛サロンやクリニックに通えば速攻ムダ毛とサヨナラできると期待しているだけに、ガッカリ度が相当高いです。

脱毛の失敗事例②当初の予算をオーバーした

脱毛サロンやクリニックでは5回コースや8回コースなどのコースが設定されています。その回数の範囲内で終わるだろうと予想して契約をするわけです。

しかし、当初の契約回数が終了した時点で全く満足のいく脱毛状態ではない場合、追加で契約するといったことがあります。すなわち、どれぐらいで完了するかの見込み違いによる予算オーバーです。

クリニックによっては施術ごとに再診料や炎症止めの薬代がかかるところもあるというのも注意しなくてはいけないポイントですよね。

予定外の費用発生の原因としてほかには、勧誘がキツくて断り切れず予定外の部位も契約してしまった、とか化粧品を買わされた、といったことがあります。

脱毛の失敗事例③思っていたより時間がかかる

夏に堂々と水着を着られるように、と脱毛を始めたのに全然間に合わなくてガッカリ、というのはよくあるケースです。

自分の満足のいくレベルにもよりますが、医療レーザーや光による脱毛は最低でも1年~2年は通わないといけないのです。「契約前に教えてほしかった、」というかたも多いようですね。

カミソリや毛抜きだとすぐ処理できるのに、お金を出して施術に通って時間もかかるのは納得いかない、という気持ちもよくわかります。

脱毛の失敗事例④予約がとりにくくて思ったように通えない

「2年間通い放題のコースを契約したのに、予約が取れなくて通えない~!」という嘆きの声を聞くことがあります。

通い放題のほうがお得だと思って契約したのに、予約が取れなかったら意味ないですよね。

脱毛の失敗事例⑤肌荒れしてしまった

赤く腫れたりかゆみが出たりした、という脱毛後の肌トラブルです。

光やレーザーが肌に照射されるとムダ毛の黒色に反応して発熱し、毛根の毛母細胞にダメージを与えて脱毛効果を得る、というのが脱毛のしくみです。その反応が強すぎると肌がやけどを負ったような状態になってしまうのです。

火傷以外にも、脱毛後の毛穴に雑菌が入ることによる炎症の場合もあります。

トラブル事態もショックですが、クリニックやサロンの対応がイマイチだと、さらに不安になりますよね。

脱毛の失敗事例⑥施術が痛くて続けられない

実は筆者は以前、ひざ下のニードル脱毛の施術を受けて、あまりの痛さに通うのを断念したことがあります。我慢できない痛みって実際あるんですよね。

光やレーザーはニードルに比べたら随分痛くないのですが、それでも部位によって、毛質によって多少は痛みを感じます。

始めてみたけど痛くてとても無理、というケースはとても残念です。痛みがどれぐらいか試す方法があればよいのに、って思いませんか?

脱毛の失敗事例⑦脱毛後に汗や臭いが増えた気がする

これはワキによくあるのですが、脱毛してムダ毛がなくなったら以前より汗が増えた気がする、においも強くなった気がする、というケースです。

わたしもワキの脱毛をした翌年の夏、同じように感じました。自己処理しなくてよくなったのは嬉しいのだけど、ワキ汗がすごくて濃い色のトップスは無理だな、と予想外の現象に、少しだけ後悔しました。

脱毛を失敗してガッカリ

失敗の事例をいろいろ見ると、光脱毛やレーザー脱毛はやらないほうがよいのかな、と思ってしまいますよね。

でも実は、脱毛の人気は年々上がってきています。みなさん何かよい方法で脱毛の失敗を避けているのではないか、気になりませんか?

そこで、失敗を避ける方法についても調べてみました。

脱毛で失敗しないために①効果について

まずは重要な問題、光や医療レーザーでムダ毛は脱毛できるのか、ということについて検証してみます。

結論から言うと脱毛効果は得られます。ただし、十分な効果を得るには施術の回数を重ねなければならないので、時間がかかる、というのは事実です。

脱毛効果ということを考えたときに、医療レーザー脱毛と光脱毛の違いについても正しく理解しておく必要があります。

医療レーザー脱毛と光脱毛の違いについて

脱毛に使用する機器、医療レーザーはクリニックなどの医療機関でのみの取り扱いとなります。脱毛サロンやエステでは医療レーザーよりも出力の低い、光・フラッシュとよばれる機器で脱毛の施術をおこなっているのです。

両者の脱毛効果についてですが、厳密にいうと、医療レーザー脱毛では毛を育てる毛母細胞を破壊しますが、光やフラッシュ脱毛では毛母細胞の機能を弱らせるにとどまります。

なので、サロンやエステの脱毛ではムダ毛はまた生えてくる可能性があるということになります。

機器の出力が強いほうが脱毛効果も高くなりますので、必然的に、医療レーザーを使用するクリニックのほうが少ない施術回数、施術期間で脱毛の実感を得られます

施術後すぐに毛が抜けるわけではない

光もレーザーも、施術後すぐに毛が抜けるわけではなく、2,3週間経過した頃に毛がスルっと抜けるのです。

なので、すぐに抜けないからといって心配せずに2,3週間は様子をみてみましょう。

ムダ毛が減ったと実感するのはいつ頃?

ムダ毛が減ったと実感する時期ですが、医療レーザー脱毛の場合は3回ほど施術を終えたころ、おおよそ6~9ヶ月ほど経った頃というのが一般的です。

光脱毛の場合は6回ほどの施術、すなわち、1年~1年半ほど通ったころに減毛の効果を実感することになります。

照射漏れかな?と思ったら相談しましょう。

施術後2,3週間経過しても部分的に毛が抜けず残っている場合、レーザーや光の照射漏れ(打ち漏れ)が原因かもしれません。

その場合は一人で悩まずに、施術を受けたサロンやクリニックに相談してみましょう。

信頼できるところであれば、納得のいく説明や対応をしてくれるはずです。例えばリゼクリニックでは、打ち漏れと判断される場合は前回の照射から4週間以内なら無料で再照射を行ってくれるというサービスがあります。

契約前のカウンセリング時に、うち漏れがあった場合の対処方法についても確認したほうがよいでしょう。もし、うやむやな解答で納得がいかない場合はそのサロンやクリニックはやめておいたほうが無難です。

脱毛の効果についてさらに詳しく知りたいかたはこちらの記事も参考にしてみてくださいね。

レーザー脱毛したのに毛が抜けない?その原因と対処法

脱毛で失敗しないために②トータルの費用を把握する

脱毛にかかる費用を見積もる際に大切なのは、満足のいく結果がでるまでにトータルの料金がいくらかかるのか、ということです。

施術単価×施術回数を意識する

各社の料金を比較するときの目安は、1回あたりの施術単価です、施術単価に脱毛完了までの回数を掛け算すれば、トータルの費用が出ます。

一般的に、医療クリニックの施術単価は脱毛サロンの施術単価の2倍~3倍となっています。一見高いように見えますが、効果が出るまでの施術回数がサロンの約1/2~1/3で済むことを考えると、トータル金額は両者大差ないということがわかります。

脱毛の効果は個人差がある

脱毛完了までの回数は個人差があるので、始める前に正確に見積もることはできません。どの程度の回数で効果が出るのか、格安なキャンペーンの多いワキ脱毛で試しに始めてみるのもよいアイデアです。

施術以外にかかる費用

クリニックは医療機関なので病院でよくあるように、施術ごとに再診料などを徴収するところもあります。まら、施術後に渡される炎症を抑えるお薬が有料なことも。

再診料やお薬代込の価格を提示しているのが、湘南美容外科クリニックアリシアクリニックといった人気クリニックです。

忘れがちなのが、施術前のシェービングです。基本的に自分でシェービングしてから施術に臨みますが、背中や襟足など自分でシェービングできない箇所はシェービングをお願いすることになります。

シェービング代を徴収されるところもあるので、事前にチェックしたほうがよい項目です。ちなみにリゼクリニックはシェービング代が0円です!

勧誘ってキツいの?

もともと希望していたお得なキャンペーンコースを相談しにいったら、もっとお高いコースに勧誘された、といったこと昔はよくありました。

しかし、最近は他のコースの説明はあったとしても、「今回はいいです、」と断ればそれ以上勧誘されないところがほとんどです。化粧品などのケア商品についても同様です。

筆者もアリシアクリニックでカウンセリングを受けたとき、拍子抜けするぐらい勧誘されなかったですよ。

脱毛の失敗対策、予算とスケジュール

脱毛で失敗しないために③スケジュールには余裕をもって

脱毛完了まではある程度時間がかかってしまうので、こればかりはスケジュールに余裕を持って取り組むしかありません。

おおよその目安として医療レーザー脱毛の場合の施術回数と効果の目安を表にしますので参考にしてくださいね。

脱毛の回数と得られる効果の目安:医療レーザー脱毛の場合

光脱毛の場合はこの2~3倍の回数と期間がおおよその目安となります。

施術回数 ムダ毛の状態 経過月数
1回目 施術後2~3週間で毛が抜けてきます。また生えてくるので目に見えて減ったとはわからないかたがほとんどです。 脱毛開始!
2回目 毛の量が減ったと実感する人も多少いるようです。 3ヶ月後
3回目 見た目にも毛が減ったと感じる人もかなり出てきます。 6ヶ月後
4回目 毛の量もかなり減ってきます。また、毛の太さが細くなってきている実感もあるでしょう。 9ヶ月後
5回目 産毛以外はほぼ完了する人がでてきます。 12ヶ月~15ヶ月後
6回目 自己処理しなくても大丈夫な程度に。この仕上がりで満足な人もいれば、もっとツルツルにしたくて更に施術を続ける人もいます。 15ヶ月~20ヶ月後

脱毛で失敗しないために④はじめる時期と場所選び

予約がとれなくて通えないのは自分のせいではないだけに最もストレスが溜まります。そういう状況を避けるアイデアをいくつかご紹介します。

繁忙期を避ける

毎年6月~7月は夏にむけて脱毛への関心が高まる時期で、それに合わせて各社ともキャンペーンを打って集客を強化します。

その結果、この時期は既存客に加えて新規客で大変混雑し、予約が取りにくくなってしまうのです。

チラシなどには明記されていませんが、この時期に始めても今年の夏に間に合うわけではありません。なので、逆に閑散期となる10月頃から脱毛を開始してはいかがでしょうか。予約も取りやすくなりますよ。

施術場所を選べるサロンやクリニックを選択

サロンもクリニックも多店舗展開しているところと単独経営のところがあります。

多店舗展開しているところは、ほとんどのところが契約したところ以外の店舗・クリニックでの施術も可能です。

例えばミュゼプラチナムは全国で182店舗展開しています。契約店で希望通りの日程で予約が取れない場合、近くの他の店舗をチェックしてみる、帰省先で施術をうけてみる、といったこともできるので便利ですよ。
脱毛に失敗をしないためのアイデア

脱毛で失敗しないために⑤肌荒れ予防と対処

キレイな肌を目指して脱毛するわけなので、効果を最大にしつつ、かつ肌荒れは避けたいものです。
肌荒れ防止のための注意点をご紹介します。

肌のコンディションを整える

肌荒れというと施術後のことに目が行きがちですが、実は施術前のコンディション作りがとても大切なのです。

まずは乾燥を防ぐために十分に保湿して、きめの整った健康な肌を保ちましょう。

日焼けをしてしまうと肌が荒れるだけでなく、十分な脱毛効果を得られないことがあります。紫外線ケアをしっかり行って日焼けしないようにします。

脱毛後のケアでトラブル回避

施術によってダメージを負っている肌にはしっかり保湿をしてあげましょう。炎症を起こしている場合はまず冷やして状態を落ち着かせます。かゆみが多少あっても決して搔いたりしてはいけません。

クリニックの場合は炎症止め軟膏を渡されている場合もあると思うので、赤みやかゆみがある場合はそれを塗って様子を見ます。

保湿の方法についてさらに知りたい場合はこちらの記事を参考にしてくださいね。

脱毛の時の保湿剤にはニベア!オススメのクリームやローションを紹介

脱毛後はお風呂やプールはNG!

脱毛後の肌はバリア機能が弱まっているため、雑菌も入りやすい状態になっています。

その状態で湯船につかったり、プールに入ったりするのは厳禁です。毛嚢炎といった毛穴の炎症を起こしてしまうことがありますよ。

施術後の夜はシャワー程度で済ませて、ゴシゴシ擦ったりしないでくださいね。

敏感肌は医療クリニックがおすすめ

敏感肌のかたは、脱毛でなくともちょっとした刺激で肌が荒れてしまいます。もし敏感肌を自覚しているようなら、クリニックでの脱毛を選んだほうがよいです。

カウンセリングの段階でお医者様に相談できますし、万が一肌トラブルを起こした場合も適切なお薬を処方してもらえます。

リスクについて説明してくれるサロンやクリニックを選ぶ

カウンセリングの際に脱毛による肌ダメージのリスクや、対処方法についてしっかり説明してくれるサロンやクリニックを選ぶようにします。

例えば、アリシアクリニックではカウンセリング時に医師からの脱毛による肌トラブルの事例について、写真などを用いて説明がありました。そして、万が一起きた場合の対処方法についても話していただいたので、安心感が違いましたよ。

脱毛に限らず、マイナスの面を隠すようなところは信用ができません。不安に思うことをクリアにしてから契約するようにしましょう。

脱毛で失敗しないために⑥痛みの程度は本格的に始める前にチェック

痛みの感じ方は人それぞれです。同じ場所で同じ施術を受けても痛いと感じる人もいれば全然痛くない、というかたもいます。わたしもかつて痛くて続けられないことがありました。ぜひ実際に施術を受けてみることをおすすめします。

トライアルキャンペーンを利用

もし、脱毛未体験なら、ワキの脱毛から始めてみてはいかがでしょうか

各社ともワキ脱毛は大変お得なキャンペーン価格を提供しているところが多いので気軽にトライできるからです。

例えば、人気の脱毛サロン、ミュゼプラチナムでは2017年4月31日まで新規のかた限定で、4ヵ所300円(税抜)という驚きの安さのキャンペーンを行っています。

クリニックの場合は、湘南美容外科クリニックの両ワキ5回コース1,000円(税込)がおススメです。

これらの価格であれば、もし1、2回受けてみてどうしても痛くて無理、という場合はやめてしまっても十分もとは取れると思います。

コース契約前に単発の施術を受けてみる

もしワキではなく、いかにも痛そうなひざ下などでトライしたい場合などは、複数回の契約をする前に1回単発での施術を受けてみてはいかがでしょうか。

人気の脱毛ラボではパーツごとに1回単発施術プランがあるので、チェックしてみてくださいね。

コース契約をするのに比べて単発は1回あたりの料金が高すぎる、と思いがちですが、複数回契約してから失敗した、と思うよりは賢い選択だと思います。

料金のことを考えると、ワキのトライアルキャンペーンを利用して痛みのチェック、ついでに抜け具合も確認というのがベストです。

ちなみにクリニックにするか脱毛サロンにするか迷っている場合について。
医療レーザー脱毛のほうが痛いはずなので、まずクリニックでトライしてみて、それで我慢できれば医療レーザー脱毛にする、我慢できなければサロンの光脱毛を試してみる、というのがよいでしょう。

医療レーザー脱毛のトライアルについてより詳しく知りたい場合は、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

永久脱毛体験!レーザー脱毛のお試しトライアルできるってホント?!

脱毛で失敗しないために⑦脱毛後の汗や臭いについて

結論から言うと、脱毛によって汗が増えることもにおいが強くなることもありません。ではなぜ、脱毛後に「汗が増えた、」「臭いがキツくなった、」という声がよくあるのでしょうか。

脱毛後に汗が増えた、臭いが強くなったと感じる理由

例えば、ワキのムダ毛を処理することで、汗がダイレクトに肌をつたって衣服に直接付くようになります。そのため汗の量が増えたと感じてしまうかたが多いようです。

においについて、一般的には、脱毛によって蒸れが解消されて雑菌の繁殖が抑えられるので臭いは軽くなるはずです。

ただし、衣服の脇部分などに付いた汗を放置しておくと、そこに雑菌が繁殖して臭いの原因となることがあります。顔に近い場所だけに、その臭いが気になってしまうのかもしれません。わたしの場合もワキそのものでなく、Tシャツやインナーが臭った記憶があります。

汗や臭いを気にし始めると、心理的な影響でさらに汗をかいてしまうという悪循環に陥ることもあるので、汗対策をしてリラックスして過ごすようにしたいものです。

においが気になるときの対策

ワキ汗とにおいの対策をいくつかご紹介します。

脇を清潔に保つ
汗をかいたら除菌効果のある汗拭きシートなどでこまめに拭き取るようにします。

機能性インナーや脇の汗とりパッドを使う
衣類に付着した汗がイヤなにおいのもととなることがあるので、市販の汗わきパッドや汗を素早く蒸散させるものや消臭効果がある機能素材のインナーを取り入れます。

制汗剤を脇に塗る
ロールオンタイプやスティックタイプの肌に密着して落ちにくいタイプで殺菌効果や消臭効果のある制汗剤を選ぶようにします。

リラックスして過ごす
規則正しくリラックスした生活をこころがけることで副交感神経が優位になって汗が抑えられるといわれています。

脱毛後の汗やにおいについてさらに詳しく知りたい場合はこちらの記事も参考にしてみてくださいね。

脱毛すると脇汗が増える?減る?原因と対策を公開

失敗なしで手にしたい!脱毛のメリット

失敗したという口コミがあるにも関わらず、それでも脱毛が人気なのは、脱毛で得られるメリットが大きいからのようです。

自己処理からの解放

なんといっても自己処理から解放される快適さは、ほかには代えがたいものがあります。

1年中、季節の変わり目にかかわらずムダ毛を意識しなくて済む!10代以降一生セルフケアをするとなると気が遠くなりませんか?

もう自己処理しなくてもいい、というのは経験した人だけが得られるベネフィットです。

ムダ毛のない美肌が手に入る

光やレーザーによる脱毛後の毛穴はキュッと引き締まるので、脱毛前よりも毛穴が目立たなくなりすべすべになります。

自己処理のカミソリや毛抜きでボツボツになったひざ下、イヤですよね。脱毛の施術を受け続けることでスベスベになるのは魅力的です。

脱毛のよさを実感しているかたのツイートをご紹介します。

脱毛で失敗しないために ◆まとめ◆

数々の失敗事例をみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

失敗ケースを検証してみると、脱毛そのものというよりも、脱毛サロンやクリニックでの説明の不足や、脱毛の仕組みについての理解が足りていなかったことによる失敗も多いことに気づくはずです。

失敗事例から知識を得てカウンセリングやトライアルを上手に利用すれば、失敗のリスクを最小限に
「1年中ムダ毛を気にしなくてもよい!」
という満足のいく結果を得られるチャンスでもあるのです。

この記事を有効に活用して脱毛のベネフィットをぜひ手にしてくださいね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

おすすめ!医療脱毛ランキング3選

クリニック 回数、料金と詳細 公式サイト

効果が高く、レーザーなのに痛くない脱毛機で人気!

●全身脱毛(VIO含む):8回 → 月額 9,500円

●VIO脱毛:8回 → 月額 3,000円

アリシアの脱毛はコチラ

20代の女性から人気! 2種類のレーザーを選べます(※店舗による)。

●手足スッキリセット:3回※4月キャンペーンで99,800円 ●VIO脱毛:3回 →※4月キャンペーンで 29,800円 

湘南美容外科の脱毛はコチラ

都内では珍しい、女性専門クリニック医師、看護師、受付スタッフ、全て女性です。

●全身脱毛:5回  → 298,000円 

リゼの脱毛はコチラ

おすすめ!脱毛サロンランキング3選

クリニック 回数、料金と詳細 公式サイト

予約が取りやすい!ジェルを使わない脱毛が特徴です!

●全身脱毛(33ヵ所):8回  → 月額 9,500円  初月0円!

キレイモ脱毛はコチラ

安いのに、きちんと効果があると評判のサロン!

●全身脱毛(顔除く):6回126,000円  ※キャンペーン価格(50%OFF

ミュゼ脱毛はコチラ

20年以上続く、脱毛の老舗サロン嬉しいキャンペーンが多く用意されています。

●全身脱毛(首から下22ヵ所):脱毛し放題  → 197,650円月額6,800円

銀座カラー脱毛はコチラ

\ SNSでシェアしよう! /

MOTETY[モテティー]女性の美の追求し悩みを解決の注目記事を受け取ろう

脱毛の失敗って本当にあるの?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MOTETY[モテティー]女性の美の追求し悩みを解決の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
【緊急告知】医療レーザー、光脱毛おすすめランキング9選!
どの脱毛方法を選べば良いのか、クリニック・サロンに行くならどこが良いのか、まだ迷っている貴方へ。

高くても効果がある脱毛方法を選びたい!
●長く通っても良いから、安く脱毛したい!
●出来るだけ安くて、効果の高い方法は無いのかな?
●色々見て比較するの面倒くさいんだけど


そんな貴方のために、医療レーザー脱毛と光脱毛で、おすすめランキングを簡単にまとめてみました!

 
更に詳しく見たい人はこちら

ライター紹介 ライター一覧

碧(みどり)

碧(みどり)

この人が書いた記事  記事一覧

  • 横浜で脱毛ならココがおすすめ!安さと効果を徹底比較

  • 千葉のおすすめ脱毛サロン、料金・特徴・口コミから選ぶ!

  • エステ脱毛による健康被害の実態とトラブル回避策

  • 脱毛にまつわる2chの口コミ・評判をチェック!◆まとめ◆

関連記事

  • 脱毛が痛いのは部位、方法、回数によって違う!対策を一挙紹介!

  • ステロイド軟膏・内服薬の使用と脱毛の副作用・リスクは?

  • 光脱毛の仕組み|適切な毛周期や医療脱毛との違いを解説!

  • 妊娠中の脱毛の影響は?妊娠初期でも危険はあるの?

  • 脱毛前日は自己処理必須?剃残し対策と各サロンの対応について

  • 知らないと損!足の脱毛にまつわるメリット・デメリット