要注意?紫外線アレルギー・金属アレルギーでも光脱毛できるの?
  1. TOP
  2. 要注意?紫外線アレルギー・金属アレルギーでも光脱毛できるの?

要注意?紫外線アレルギー・金属アレルギーでも光脱毛できるの?

 2016/12/12 失敗やリスク
この記事は約 6 分で読めます。 622 Views
要注意?紫外線アレルギー・金属アレルギーでも光脱毛できるの?

日光アレルギーや紫外線アレルギーという症状を聞いたことはありませんか?

例えば夏に海水浴に行ったときに、うっかり日焼け止めを塗り忘れると肌が真っ赤になったり黒くなったりして、ひどいときには皮が剝けたりしますよね。

それは、いわゆる日焼けです。

日光アレルギーや紫外線アレルギーは、日焼けとは違って日光を浴びることによって生じるアレルギー反応のことを指します。

紫外線アレルギーの症状は、一般的には日光にふれた部分の皮膚にあらわれます。

皮膚にあらわれる紫外線アレルギー(日光アレルギー)の症状としては以下の症状が挙げられます。

・かぶれ
・じんましん・みずぶくれなどの発疹
・腫れ
・あかみ

中には、短時間外出して日光を浴びただけで、浴びた部分の皮膚にじんましんのような発疹が出てきて強い痒みや痛みを伴う症状になる人もいます。

このような敏感症、敏感肌とも言える肌質の方々は、光脱毛の施術を受けることはできるのでしょうか?

紫外線アレルギーだけでなく、金属アレルギーなど、アレルギーを持っている方は少し注意が必要です。

紫外線アレルギーや金属アレルギーで悩んでいる方や紫外線アレルギーかわからないけど敏感肌で少し不安という方は、是非、最後まで読んでいってくださいね。

紫外線アレルギーでも光脱毛はできるの?

紫外線アレルギーでも光脱毛はできるの?

紫外線アレルギーの方でも光脱毛はできます!これにはきちんとした理由があります。

結論からお伝えすると、光脱毛(フラッシュ脱毛)で使用している光は、アレルギー反応の原因である紫外線ではないからです。

敏感肌で心配な方は、無料カウンセリングでパッチテストもできるので安心です。

光脱毛の光には紫外線は含まれない

先ほどお伝えしたように、光脱毛(フラッシュ脱毛)で使用する光は、紫外線アレルギーの原因である紫外線ではありません

ではどんな光なのかというと、可視光線と呼ばれる種類の光なのです。

光には種類があって、波長が強いものから、紫外線>可視光線>近赤外線>赤外線 というように種類別に分類されます。

光脱毛(フラッシュ脱毛)で使用する光は可視光線といった紫外線とは別の波長の光なので、紫外線アレルギーの方、日光アレルギーの方にも安全なのです。

可視光線というのは、紫外線などの有害光線とは異なり、人体に無害であり医療機器や美容機器にも多く取り入れられています。

要注意!光そのものにアレルギーがある場合はどうすればよいの?

紫外線アレルギーかな?と感じている人の中には、紫外線や可視光線、赤外線などの光に区別なく光そのものにアレルギーを持っている人もいます。

そのような方は脱毛できないのでしょうか?

脱毛には、大きく分けて、フラッシュ脱毛(光脱毛、エステ脱毛)、レーザー脱毛(医療脱毛、クリニック脱毛)、ニードル脱毛の3種類の方法があります。

フラッシュ脱毛とレーザー脱毛は、光の出力などの違いはあるものの、光を使って脱毛するという点には違いはありません。

一方、ニードル脱毛は光を使わないで、電気が流れるニードルを使って毛穴ひとつひとつにダメージを与えていくという脱毛方法です。

そのため、光そのものにアレルギーを持っている可能性のある方には、ニードル脱毛をオススメします。

ただ、ニードル脱毛は痛みを伴うため、無料カウンセリング、無料体験などで一度お試しするのが良いでしょう。

また、紫外線アレルギーなのか光そのものにアレルギーがあるのかわからないという方は、脱毛エステサロンや脱毛クリニックなどの無料カウンセリングで相談してみるのも良いでしょう。

ニードル脱毛は、電気が流れている針を毛穴ひとつひとつに刺し、毛根にダメージを与え、弱った毛を抜いていくという方法です。

1本1本抜いていくという施術になります。

毛穴に針を通す痛みや電気を通す痛みがあるため、脱毛サロンでは極力採用されていないのが現状です。

しかし、施術の後赤みがきちんと引くと、毛穴が大変きれいに引き締まりそして毛がない状態になります。

このように、痛みを取るリスクがある分、仕上がりがきれいですし、光アレルギーの方でも安心して施術できるといったメリットがあります。

ただし、ニードル脱毛をやるときは注意が必要で、針を使う脱毛のため金属アレルギーの方は要注意です。

ニードル脱毛で使用される針にアレルギー反応がでる場合があるようで、ステンレス製など使う機器によっても異なるためパッチテストも必要とされます。

紫外線アレルギーか光アレルギーかわからない人はどうすればいいの?

このお話をきいてもしかすると、「わたしも紫外線アレルギーなのかも」と心配になる方もいらっしゃるかもしれません。

たまに日焼け後にかゆくなったりするけど、そしてぶつぶつができたりするけどいつもすぐ治るとか、日によってでるときとそうでないときがあるという方はもしかしたら紫外線アレルギーかもしれません。

そのような症状のある方は、絶対に自分で判断しないでカウンセリングの際にスタッフさんに伝えましょう。

脱毛サロンにいくとパッチテストをやってくれます。

そこでアレルギーか否かを必ず確認してみてください。

パッチテスト前に、必ず「紫外線アレルギーかもしれないし、もしかしたら光アレルギーかもしれない」と伝えてスタートしましょう。

金属アレルギーの人は光脱毛できるの?

ピアスをつけたら耳が腫れあがったなどの経験をしたことがあって、金属アレルギーであると既にわかっている場合は、ニードル脱毛は絶対に避けましょう。

針全体を絶縁体で覆った針は、ステンレス製のため金属アレルギーを持った方にはアレルギー症状がでるリスクがあるという症例もあるくらいです。

金属アレルギーの方であれば、光脱毛(フラッシュ脱毛)おすすめします。

光脱毛の時の機器は、金属部分が触れることはあまりないためアレルギー反応はでません。

アレルギー予備軍と考えられる方でも、そうでない方でも念のためパッチテストは受けるようにしましょう。

まとめ

要注意?紫外線アレルギー・金属アレルギーでも光脱毛できるの?

いかがでしたか。

紫外線アレルギー、金属アレルギーの方でも脱毛サロンで脱毛することはできます。

それぞれのアレルギーによって脱毛方法の御案内が異なるという点のみですので、施術前には必ず無料カウンセリング、パッチテストを受けて契約に入るようにしましょう。

今現在多くの脱毛サロンでは無料カウンセリングや無料脱毛体験などがあります。

契約前に体験できるのでいくつかの検討しているサロンでの申込をしてみてはいかがでしょうか?

おすすめ!脱毛サロンランキング3選

クリニック 回数、料金と詳細 公式サイト

予約が取りやすい!ジェルを使わない脱毛が特徴です!

●全身脱毛(33ヵ所):8回  → 月額 9,500円  初月0円!

キレイモ脱毛はコチラ

安いのに、きちんと効果があると評判のサロン!

●全身脱毛(顔除く):6回63,000円  ※キャンペーン価格(4回以上で50%OFF

ミュゼ脱毛はコチラ

20年以上続く、脱毛の老舗サロン嬉しいキャンペーンが多く用意されています。

●全身脱毛(首から下22ヵ所):脱毛し放題  → 月額 6,200円 

銀座カラー脱毛はコチラ

\ SNSでシェアしよう! /

MOTETY[モテティー]女性の美の追求し悩みを解決の注目記事を受け取ろう

要注意?紫外線アレルギー・金属アレルギーでも光脱毛できるの?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MOTETY[モテティー]女性の美の追求し悩みを解決の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

おむすびやま

おむすびやま

この人が書いた記事  記事一覧

  • 池袋の脱毛|人気脱毛サロンと脱毛クリニックと賢い選び方をご紹介!通いやすさ・料金などで比較

  • 町田の人気脱毛サロン|脱毛サロン選びのポイントをご紹介!安さ・効果・口コミで比較

  • 渋谷でオススメの脱毛サロン|サロン選びのポイント!予約・料金(安さ)などで比較

  • 新宿のおすすめの医療脱毛|脱毛クリニック選びのポイント!安さ・効果・予約で比較!

関連記事

  • タトゥーしてたら脱毛できない?刺青部分のムダ毛処理方法を伝授

  • 肌荒れでも脱毛できる?顔脱毛の効果やリスクと対処法をご紹介

  • 7つの過去の失敗とトラブルから学ぶ脱毛サロン選びに失敗しない方法

  • 脱毛でやけど?!痕やかゆみが出た場合の対処法や治る見込みは?

  • VIO脱毛で後悔する?!脱毛前に知っておくべき落とし穴!

  • エステ脱毛による健康被害の実態とトラブル回避策