知っておきたい!脱毛のメリットとデメリットを徹底解説 
  1. TOP
  2. 知っておきたい!脱毛のメリットとデメリットを徹底解説 

知っておきたい!脱毛のメリットとデメリットを徹底解説 

 2018/06/22 脱毛・医療脱毛 脱毛の基礎知識 失敗やリスク
この記事は約 15 分で読めます。 110 Views

脱毛は、毛量を減らしたり無くすことができるメリットが最大の魅力ですよね。

しかし、脱毛もメリットばかりではありません。

この記事では、全身脱毛をする上で必ず知っておくべき脱毛のデメリットを紹介していきます。

そして、デメリットを踏まえた上で全身脱毛をしたいという方に向けて、さらに脱毛の種類別(レーザー・光など)に分けたメリットとデメリットも紹介していくのでぜひ参考にしてください!

Contents

全身脱毛のデメリットって?


全身脱毛はレーザーや光などに分けられますが、ここでは、どの脱毛をする上でも共通してみられるデメリットをまとめました。

デメリットをカバーできる解決策も一緒に紹介していくので、ぜひ参考にしてください。

デメリット①お金と時間がかかる

全身脱毛は完了するまでに最低でも1年~1年半はかかります。

すぐに効果が出るわけではないので途中で諦めたくなりますが、ここはグッと我慢です。

また、料金も全身脱毛の場合は20〜30万円とかなり高価です。

解決策:お金編 月額制度を取り入れているところや金利手数料無料のサロン,クリニックを探す!

全身脱毛などの場合は、月額または都度払い制度や、医療ローンの金利手数料を無料にするサービスを行なっているところが多いです。

解決策:時間編 カウンセリング時に予約システムをしっかり確認する!

予約が取りづらかったり、一度にまとめて脱毛できないところもあるので、効率的に脱毛したいなら最初のカウンセリング時に確認し、システムが良心的なサロンやクリニックを選びましょう。

※当日のやむを得ないキャンセルでも、コースを一回分消化とみなすところもあるので、その点でも予約システムの確認は非常に重要です!

デメリット②ワキ脱毛で脇汗が増えたと感じてしまう

ワキ脱毛をすると、脇汗が増えたと感じる人が多いようです。

ですが、ワキ脱毛が脇汗の増加に関係しているという医学的な根拠はありません。

実際はワキ毛が薄くなることで脇汗が下に流れやすくなり、その感覚が脇汗が増えたと感じている原因なのです。

解決策:制汗剤やボトックスを利用する

一番簡単なのは制汗剤を使用することです。

または、医療行為になりますがワキにボトックスを打つという方法もあります。

持続効果は約半年で相場は約30,000円程度です。

デメリット③乾燥しやすくなる

脱毛は肌に熱を与える行為なので、施術後は乾燥しやすくなります

さらに、乾燥した肌に脱毛した場合は通常より痛みが増してしまいます

解決策:施術前・施術後は入念に保湿を!>

脱毛は乾燥が大敵です。施術前後だけでも保湿はしっかりと行いましょう!

デメリット④日焼けができない

脱毛機はメラニン色素(黒色)に反応するので、肌が黒いとメラニンを識別できず十分な効果が発揮できません。

解決策:日焼け止めを徹底する!または日焼け肌でも照射可能なマシンを取り扱うサロンやクリニックを探す

日焼け止めを塗るのは面倒ですが、最低限、夏場や海などのレジャー遊びをする場合は必ず日焼け止めを使用して、肌を黒くさせないようにしましょう。

ですが、中には日焼けが趣味だったり、すでに日焼けをしてしまっている方もいますよね。

近年、日焼け肌に対応したマシンも登場しているので、取り扱いのあるサロンやクリニックであれば日焼けした方でも脱毛することができます。

デメリット⑤痛みに弱い人は注意

脱毛の中でもレーザー脱毛が一番痛みを伴います。

一般的に太い輪ゴムで弾かれるような痛みと言われていますが、痛みの感じ方は個人差があるので、我慢できる人もいれば冷や汗をかくほど痛みを感じる人もいます。

全身脱毛は施術時間が長いため、痛みを軽減させる配慮をしましょう。

解決策:保湿をする・痛み止めを飲む・生理前の脱毛は避ける・前日はしっかりと睡眠を取る!

脱毛は肌に熱を与えるので、肌が乾燥していると痛みを感じやすくなってしまいます。

そのため、施術前に保湿をしっかりして肌に潤いを持たせることで、熱からの痛みを軽減できます。

また、ロキソニンなどの痛み止めを施術の30分前~1時間前に飲むこともオススメです。

脇やVIOは一番痛いので、痛みに敏感な方のために表面麻酔を扱っているところも多いです。

そして、生理前はホルモンバランスが不安定で痛みを感じやすいと言われています。

生理周期が安定している方は、生理の1~2週間後のホルモンバランスが安定している時期に予約を取ると良いですよ。

デメリット⑥赤み・火傷・毛嚢炎などの肌トラブル

脱毛の中でもレーザー脱毛は効果が高い反面、出力も高いため肌トラブルが起こりやすいのがデメリットです。

よくあるのが施術後の肌の赤みですが、この赤みは一時的で、ほとんどがその日のうちに、長くても数日経てば治ります。

他には毛嚢炎(もうのうえん)というニキビのような赤いポツポツとしたものができる場合があります。

この毛嚢炎はニキビができやすい体質の方に表れやすいと言われています。

他には、担当者の出力ミスや技術不足により軽い火傷症状が出ることがあります。今ではこのようなケースはほとんどありませんが、絶対安全という保証がありません。

解決策:気になる症状があれば、遠慮なく担当者に相談をしよう!

肌トラブルが起きた時のために、脱毛サロンだと専用の皮膚科と提携したり、医療脱毛の場合は炎症止めの軟膏を処方したりしてくれます。

診療代やお薬代は無料としているところが多いので、こういったアフターケアがしっかりしているところを選んでおくと安心です。

デメリット⑦硬毛化のリスク

硬毛化とは、脱毛した毛が以前より太くて硬い毛となって生えてきてしまうことを指します。

硬毛化が起こりやすい部位は、肩や背中、二の腕などの産毛のような細い毛が生える部位です。

ですが硬毛化が起こるリスクはかなり稀なケースなので誰しもがなるというわけではないようですが、硬毛化の根本的な原因が未だ分かっていないので、防ぐ方法がないのが現状です。

解決策:硬毛化に対するアフターケアがあるところを選ぼう!

硬毛化は防ぐ方法がないので、起こってからでないと対処ができません。

ですが万が一硬毛化になった場合でも、硬毛化している部分に追加料金なしで照射し、硬毛化した毛の脱毛までしっかり行ってくれる良心的なところもあります。

カウンセリング時に硬毛化の対応についても聞いておくと良いでしょう。

 

全身脱毛のメリットは?


全身脱毛のデメリットをいくつか上げてきましたが、ここで脱毛のメリットも一緒に押さえておきましょう!

メリット①自己処理からの解放

毛が濃い方だと最低でも2日に1回は毛を剃らないとムダ毛が目立ってきますよね。

ですが全身脱毛を初めると、どんどん毛量が減るので自己処理が本当に楽になってきます。

ほぼ毎日毛を剃るストレスからの解放はかなり大きいですよ!

メリット②無料のオプションで美肌効果

近年、脱毛サロンやクリニックの増加により、他社と差をつけるために様々なサービスを打ち出しています。

美容成分を含んだオイルやジェルでの保湿サービスや、水素水を提供してくれるところもあるそうです。

自分で保湿する手間がなくなるのはありがたいですね。

メリット③自己処理の肌トラブルがなくなる

自己処理をずっと続けると、肌表面を削るだけでなく、埋没毛になるリスクがあります。

埋没毛とは、自己処理で誤って肌を傷つけてしまった時の炎症部分が毛穴を塞ぎ、毛が表に出てこれなくなることで、毛が皮膚の中で成長してしまう現象です。

脱毛をすれば、こういった自己処理のリスクはなくなります。

メリット④男性ウケがよくなる

日本の男性は思っているより女性のムダ毛に気付きやすいようです。

剃り残しのある肌よりは、ツルツルでムダ毛のない肌の方が好感度が高いでしょう。

メリット⑤顔の脱毛は化粧ノリが良くなる

顔に産毛がある場合、産毛がファンデーションの付きを邪魔してしまい、化粧崩れの原因になります。

また、顔の産毛は黒いので、毛がなくなると肌のトーンが上がるというメリットもあります。

メリット⑥早く始めるほどコスパが良い

全身脱毛は早く始めれば始めるほど自己処理の費用がなくなるので、体毛が濃いと悩む方は早めに全身脱毛を始めると自己処理を続けるよりコスパが良くなります。

 

デリケートゾーン脱毛【顔・ヒゲ・脇】のメリットとデメリット

ヒゲや脇、VIOの毛は太くて毛量も多く、剃ってもすぐ生えてくるので煩わしいですよね。

まずはこのデリケートゾーンから脱毛したいという方も多いのではないでしょうか。

そこで、ここではデリケートゾーンへの脱毛のメリットとデメリットを解説していきます。

顔脱毛のメリットとデメリット

顔脱毛のメリット

  • 化粧ノリが良くなる
  • 肌のトーンが上がる

顔脱毛のデメリット

  • 施術当日は肌に赤みが出る可能性がある
    →化粧で隠せる程度の赤みです。
  • ニキビが広範囲に出来ていると照射を断られることが多い
    →一つ二つ程度のニキビならニキビを避けて照射してもらえますが、広範囲に広がっている場合は断られる可能性もあるので、まず皮膚科でニキビを治療してから顔脱毛に入ることを推奨します。

ヒゲ脱毛のメリットとデメリット


ヒゲ脱毛のメリット

  • ヒゲがなくなることで口周りのくすみがなくなる

ヒゲ脱毛のデメリット

  • 口周りの皮膚は敏感なので施術後当日は赤みが目立つことが多い
    →化粧で隠せる程度の赤みです。

脇脱毛のメリットとデメリット

脇脱毛のメリット

  • 自己処理の摩擦が原因で起こる黒ずみや、脇毛と脇汗の蒸れによる臭いを改善できる

脇脱毛のデメリット 

  • 脇汗を感じやすくなる
    脇汗を吸収してくれていた脇毛がなくなることで脇汗を直に感じやすくなり、脇汗が増えたと錯覚してしまう人が多いです

どうしても気になるという人は、制汗剤などを試してみると良いかもしれません。

VIO脱毛のメリットとデメリット

VIO脱毛のメリット 

  • 毛のムレによるかゆみや臭いを軽減できる
  • 生理中でも衛生的な環境を保つことができる

VIO脱毛のデメリット

  • 脱毛時の痛みが強い
    →表面麻酔や痛み止めを服用することで和らげられるので、痛みに弱い方は活用してください。
  • 一度ハイジーナ(無毛)にしたら元に戻せない
    →日本の女性はアイラインとOラインはツルツルにして、Vラインにはある程度毛を残しておく人が多いそうです。

 

自分で脱毛できる脱毛クリームと家庭用脱毛器

脱毛したいけど、お金がないから自分で安く脱毛したいな~って方も多いですよね。

自分で脱毛できる主な方法は、家庭用脱毛器で脱毛することと、脱毛クリームを使用する方法があります。

ここではそれぞれの脱毛方法のメリットとデメリットを紹介していきます。

脱毛クリームのメリットとデメリット

脱毛クリームは、クリームの成分が毛を溶かしてくれます。

脱毛クリームのメリット

  • 新しく生えてくる毛のチクチク感が気にならなくなる

脱毛クリームのデメリット

  • 薬剤が肌に合わない場合がある

肌が弱い方は事前にパッチテストをするか、敏感肌用の脱毛クリームを使用すると良いです。

家庭用脱毛器は効果ある?デメリットは?

家庭用脱毛器のメリット

  • エステ脱毛と同等の脱毛効果が得られる
  • サロンに通う手間が省ける

家庭用脱毛器のデメリット 

  • 正しく使用しないと肌トラブルが起きやすい
  • 手の届かない部位は他人にやってもらう必要がある
  • 思ったより面倒

家庭用脱毛器を使用する際は取扱説明書をよく読み、正しく使用すればしっかり脱毛効果が得られますよ!

 

医療脱毛vsエステ脱毛vsブラジリアンワックスのメリットとデメリット

脱毛を専門機関でやってもらう場合の候補に挙げられるのは、医療のレーザー脱毛・エステの光脱毛・ブラジリアンワックスが主流です。

それぞれのメリットデメリットを知って、ぜひ脱毛選びの参考にしてみてください。

医療脱毛のメリットは永久脱毛!デメリットは?

医療脱毛のメリッ

  • 少ない回数で永久脱毛が可能
  • 医師免許か看護師免許を持つ者だけが施術を行うため安心

医療脱毛のデメリット 

  • レーザーの種類によっては痛みがある
  • 肌への負担が大きい
  • 費用が高い

★医療脱毛がオススメな人★ 

  • 肌トラブルが少なく、とにかく「体毛が濃い」という人

エステの光脱毛のメリットとデメリットって?レーザーとの違いは?

エステ脱毛のメリット 

  • レーザーより肌に優しい
  • レーザーより費用が安い
  • 痛みはほとんどない(個人差あり)

エステ脱毛のデメリット

  • 効果を感じるまでかなりの時間と回数がかかる
  • 永久脱毛ではなく「減毛」「抑毛」を目的としている

★エステの光脱毛がオススメの人★

  • 少しでも自己処理を楽にしたい人
  • 肌が弱い、敏感肌の人

ブラジリアンワックスはVIOの毛に最適!デメリットは?

ブラジリアンワックスは、はちみつを原料とした脱毛ワックスをVIOに塗り、一気に引き剥がすという脱毛方法です。

ブラジリアンワックスのメリット 

  • 即効性がある
  • 後から生やしたくなった場合でも修正が効く
  • 繰り返すことで毛質が細く柔らかくなる場合が多い

ブラジリアンワックスのデメリット 

  • 痛みが強い
  • 永久脱毛ではないため定期的に継続する必要がある

★ブラジリアンワックスがオススメな人★ 

  • 即効性を求める人
  • ある一定の期間だけ脱毛できれば良いという人

 

医療とエステどっちがいい?マシン別のメリットとデメリットを比較

脱毛をしたいけど、医療のレーザー脱毛とエステの光脱毛どっちが私に合ってるの?それぞれのメリットとデメリットが知りたい!という方に、レーザー脱毛と光脱毛の中にも使用するマシンによってさらに違いがあるので、マシン別のメリットとデメリットを詳しく解説していきます。

医療脱毛機①濃い毛に効果的!アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトレーザーのメリット

  • 濃い毛に高い脱毛効果
  • 美肌効果
  • レーザーの種類の中で費用が一番安い

このレーザーはメラニンに強く反応するので、美容レーザーとしても使われており、ニキビ跡やシミ、そばかすなどの色素沈着にも効果があるのが大きな特徴です。

アレキサンドライトレーザーのデメリット

  • メラニンの薄い産毛や細い毛への効果が低いため、回数がかかりやすい
  • 痛みが比較的強い

★医療脱毛のアレキサンドライトレーザーがオススメな人★

  • 安く永久脱毛したい人
  • 脱毛かつ美肌効果も欲しい人

医療脱毛機②痛みと肌への負担が少ないダイオードレーザー

ダイオードレーザーのメリット

  • 濃い毛から産毛までしっかり効果がある
  • 日焼けした肌や色黒さんもOK
  • 痛みが少ない
  • 照射時間が短い
  • 敏感肌でもOK
  • 照射口が四角いので撃ち漏れのリスクが少ない

ダイオードレーザーのデメリット

  • 価格が比較的高い
  • 脱毛に特化したレーザーなので美肌効果は期待できない

★医療脱毛のダイオードレーザーがオススメな人★

  • 全身脱毛したい人
  • 日焼けしている人、色黒の人
  • 痛みに弱い人
  • 美肌効果を特に求めない人

医療脱毛機③どんな人でも効果絶大!YAGレーザー

YAGレーザーのメリット

  • レーザーの中で一番確実な脱毛効果
  • 日焼けした肌、色黒でもしっかりとした脱毛効果がある
  • 色素沈着を改善する美肌効果

YAGレーザーのデメリット

  • レーザーの中で一番痛みがある
  • 取り扱っているクリニックが少ない

★医療脱毛のYAGレーザーがオススメな人★

  • レーザー脱毛で満足な効果を得られなかった人
  • 日焼けしている人、色黒の人

エステ脱毛機①最も一般的なIPL脱毛

IPL脱毛は、メラニン色素にレーザーよりも照射出力の低い”光”を当てて毛根にダメージを与えていきます。

レーザー脱毛よりも効果は緩やかですが、仕組みはレーザー脱毛と似ているので光脱毛の中ではもっとも効果が高いマシンです。

IPL脱毛のメリット

  • 光脱毛の中で一番効果がある
  • 取り扱っているサロンが多い

IPL脱毛のデメリット

  • 産毛への脱毛効果が低い
  • 日焼け・色黒肌はNG
  • 光脱毛の中では痛みを感じやすい

★エステ脱毛のIPL脱毛がオススメな人★

  • 光脱毛の中で効果をもっとも重視する人

エステ脱毛機②ジェルで美肌効果!SSC脱毛

SSC脱毛は抑毛効果のあるジェルを肌に塗ってメラニン色素に光を当てることで、抑毛ジェルの効果を発揮させていきます。

SSC脱毛のメリット

  • 痛みがほとんどない
  • 産毛や細い毛にも効果がある
  • ジェルの美容成分で美肌効果が得られる

SSC脱毛のデメリット

  • 脱毛してから毛が抜け始めるまで時間がかかる
  • 日焼けした肌、色黒肌はNG

★光脱毛のSSC脱毛がオススメな人★

  • 肌に極力負担をかけたくない人
  • 痛みに弱い人
  • 産毛も薄くしたい人

エステ脱毛機③光脱毛の常識を覆すSHR脱毛

SHR脱毛は、「蓄熱式」という緩やかな熱でムダ毛の元となるバルジと呼ばれる部分にダメージを与えていく仕組みです。

SHR脱毛のメリット

  • 今までできなかった日焼け肌・色黒・ほくろなどのメラニン色素にも照射ができる
  • 痛みはなく温かみを感じる程度
  • 毛周期関係なく通えるので、最短で半年~1年で脱毛完了できる

SHR脱毛のデメリット

  • 最新のマシンのため、5年後、10年後と脱毛効果が持続するのかが明らかでない

★光脱毛のSHR脱毛がオススメな人★

  • 光脱毛の中でもっとも早く脱毛完了することを重視する人
  • 日焼けをしている人、色黒の人

エステ脱毛機④最新!メリットいっぱいTHR脱毛

THR脱毛はSHR脱毛と同じく蓄熱式で、SHR脱毛の効果にさらに美容効果がプラスされた最新マシンです。

THR脱毛のメリット

  • 日焼け肌、色黒、ほくろへの照射可能
  • 痛みを感じない
  • 毛周期関係なく通えるので、最短で半年~1年で脱毛完了できる
  • 脱毛効果を高めつつ、肌の角質層へのダメージを最小限に抑えている

THR脱毛のデメリット

  • 最新のマシンのため、5年後、10年後と脱毛効果が持続するのかが明らかでない
  • 取り扱いサロンが限られている

★光脱毛のTHR脱毛がオススメな人★

  • 最新マシンで脱毛したい人
  • 光脱毛の中で、肌の負担を最小限に抑えることを重視する人

 

まとめ:脱毛のデメリットを知った上で自分に合った脱毛方法を選ぼう!

いかがでしたか?

今回は脱毛をする際に知っておくべきデメリットを中心に、脱毛方法の種類や脱毛マシンの紹介もさせていただきました。

近年では、従来の脱毛のデメリットをカバーした脱毛マシンもたくさん出てきていますね。

この記事を参考に、今後の脱毛に役立てていただければ幸いです!

おすすめ!医療脱毛ランキング3選

効果が高く、レーザーなのに

痛くない脱毛機で人気!

 

●全身脱毛(VIO含む):8回

→ 月額 9,100円

●VIO脱毛:8回

→ 月額 3,000円

アリシアクリニック
 

都内では珍しい、女性専門クリニック

医師、看護師、受付スタッフ、全て女性です。

 

●全身脱毛:5回 → 298,000円

●VIO脱毛:5回 → 99,800円

医療脱毛リゼクリニック
 

20代の女性から人気!

2種類のレーザーを選べます(※店舗による)。

 

●全身脱毛(顔・VIO含):6回

 →348,000円!

●VIO脱毛:3回

 → 29,800円!

湘南美容クリニックバナー
 

おすすめ!脱毛サロンランキング3選

予約が取りやすい!

ジェルを使わない脱毛が特徴です!

 

●全身脱毛(33ヵ所):8回

 → 月額 9,500円  初月分0円!

 

安いのに、きちんと効果があると評判のサロン!

 

●全身脱毛(顔除く):6回 → 126,000円

※4回以上のコースを契約、公式アプリダウンロードで50%OFF

 

20年以上続く、脱毛の老舗サロン!

3ヶ月間全額返金保証☆

嬉しいキャンペーンが多く用意されています。

 

●全身脱毛(首から下22ヵ所):脱毛し放題

月額6,500円

\ SNSでシェアしよう! /

MOTETY[モテティー]女性の美の追求し悩みを解決の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MOTETY[モテティー]女性の美の追求し悩みを解決の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

関連記事

  • VIO脱毛で失敗したくない人が読む3つの心得

  • 医療脱毛は掛け持ちすれば安く早くできる?そんな疑問に答えます

  • 脱毛前に最適の人気シェーバーは?選び方からケアまで徹底紹介!

  • ミュゼは生理時にも脱毛できる?当日来た場合や終わりかけは?

  • 脱毛のカウンセリングや施術にかかる時間を部位ごとに徹底解説

  • ピル服用は脱毛に悪影響ってウソ?脱毛とピルの関係性に迫る!!