1. TOP
  2. 脱毛・医療脱毛
  3. 脱毛部位別に見る
  4. ハイジニーナ・VIO脱毛
  5. Iライン脱毛のメリットは?範囲はどこまで?粘膜まで脱毛可能?

Iライン脱毛のメリットは?範囲はどこまで?粘膜まで脱毛可能?

 2016/10/27 ハイジニーナ・VIO脱毛 脱毛部位別に見る
この記事は約 11 分で読めます。 103 Views
datsumou-iline-hanni-1

さいきん 、通勤電車の車内広告でも、雑誌やさまざまのメディアのビューティー特集でも、とにかく特集も人気も高いのが「VIO脱毛」!

でも、Vライン脱毛やOライン脱毛はなんとなく想像がつくけれど、Iライン脱毛なんて、世の多くの女子には未開の領域。

「おむつ替えてくれたおとうさんおかあさんと彼氏以外では、もう出産の時までだれの目にもふれさせたことがないのに」・・・くらいの方がもう圧倒的。

当然に、

・どういった方法で脱毛をして、どこまでの範囲で行ってもらえるのか

・ワイドショーなどで脱毛トラブルなんてよく見かけるけどリスクはないの?

・誰かに割れ目の粘膜を、足を開いて見せるなんてはずかしい

・以前水着の前に自己処理して失敗してるんだけど、そこもできるのかな?

・粘膜周辺だけでなく、私の場合粘膜そのものに生えているけれど、脱毛してもらったら痛そう

Iライン脱毛の特徴から、また個人のお悩みによって、Iライン脱毛には不安がつきものですよね。

そこで今回は、お願いするにはちょっと恥ずかしいと感じる人も多い、Iライン脱毛にスポットを当てて、そのメリットデメリットをはじめ、さまざまな「人にキケナイお悩み・情報」を中心に、ご紹介します。

そもそもIライン脱毛のメリットって何?

そもそもIライン脱毛のメリットって何?

実はIライン脱毛、VIO脱毛の中でも「やってみたら一番よかったのがIライン」などと評判が高い範囲でもあります。

人によっては毛が太くて長く、密集していて、いつも下着からはみ出がちで、カワイイものが選べないといったお悩みや、毛の量が多すぎてどれだけカットしてもすぐに伸びてきて追いつかないといった方も。

また濃すぎる毛の為に、いくら洗ってもいつも臭いや汚れが残っている気がして、ついつい気になってしまうといった方なども多くある ゾーンだけに、脱毛による無毛化・減毛化・短毛化での清潔感のメリットはかなり多く知られています。

通常こうした脱毛を行われる方は、毛の量が多くてシルエットや不潔感、においが気になっているから「こそ」施術を受けられる方が多くあります。

当然、みなさん同じ悩みの持ち主です。

だから、その点は心配しなくても大丈夫。

加えて、女性ではこうした下半身のニオイが気になるから、使い捨ての臭いをおさえるタイプのパッドや、消臭効果の高い専用コロンなどが販売されているというのも事実です。

不快感がなくなる

毛がはえていると実は結構気になるのが、かたくてごわごわで、いうことを 聞かない毛がはえてくる ので崩れるシルエットや感触。

お手洗いに行ってきた後に席に戻って座ったら、なんだか変な感じに挟まっていてちくちくしたりかゆかったり、あるいはお手洗いできちんとキレイにしたはずなのにいつまでもにおいが残っているようで気になったり。

気になり始めると、幾度もトイレに立つことになって、仕事やデートどころではない・・・なんていう人も、生理日でも、そうではない日でも多いですよね。

脱毛と言っても、全くない状態から、短毛、細い毛に、まばらになど、さまざまなスタイルが選べます。

「完全に毛をゼロにして、いつも温水便座ですぐにきれいにできるように」

「やっぱり完全に毛がなくなってしまうと皮膚の保護機能などが心配。ちょっとだけ毛を少なくして」といったスタイルに合わせて、それぞれの感じている不快感がぐっと少なくできます。

とくに 薄着の季節の生理中など 、いまからさらに人生の30-40年間続く毎月のイベントの時も、周囲へのニオイエチケットを気にせずに、思い切り動ける点などは、メリットがかなり大きいですよね。

セクシーな下着選びや、エッチを思いっきり楽しめるようになる

前述のように全く毛がない状態から、短毛、細い毛に脱毛など、さまざまなスタイルが選べます。

とくに スキニーなどを履いて、美しいレッグラインをせっかく作ったのに、毛の密集でヒップや股下位置に「いかにも」な不自然な凹凸をといったことがなくなる点や、「白パンツがどんなに透けてもいやらしさのない美しさ」が楽しめる点。そしてもっと皮膚密着スタイルの、水着やカワイイ下着だって、自信を持っていろいろ選べる点も魅力的です。

もちろんエッチの時だって、においや汚れがいつも気にならないから、パートナーにとっても衛生的で、気兼ねなく楽しめそうですよね。

Iライン脱毛の範囲はどこまで?粘膜まで脱毛してくれるの?

Iライン脱毛の範囲はどこまで?粘膜まで脱毛してくれるの?

Iライン脱毛といっても、毛が生えている範囲は、Iラインの中で普通の皮膚部分の局部や、足にわたる普通の皮膚部分、そしてIラインの粘膜部分など、わたしたちが考えているよりも意外と広い範囲。

ちょっと気になったのですが、このとても皮膚の薄い部分、ちょっと触っただけで、おへそ周りよりも 、かなり腸や内臓の刺激にもなりやすいといわれる部分の全部が脱毛可能なのでしょうか?

Iラインの範囲は脱毛する脱毛サロン・クリニックによって異なる。

Iライン脱毛に限らず、脱毛に使用する機材にはさまざまな種類や方式があります。

その機材の種類などによっても、たとえば 、粘膜などにその機材を使用すれば、炎症などが発生しやすいものなどがあるために、脱毛できる部位には制限があります。

加えてそれ以外にも、お店の方針などで、粘膜や局部の奥の方には脱毛を行わないといったところもあります。

脱毛を行ってくれるサロンやクリニックによっては、「とくにデリケートなゾーンでもあるVIO脱毛は、チェーンの中でもよりベテランの施術者以外には行わせない!」という方針のところもあります。

通いやすさなどから選ぶ際には、こうした点にも注意して、サロンやクリニックを選ぶ必要があります。

全部脱毛してくれないからといってIラインを自己処理するのは危険!

とくに 身体の中で複雑な形をしていて、かつ自分ではうまく手も届きにくく、鏡でも直接見えない位置がIライン。

当然自分で剃毛や除毛、脱毛を行おうと思えば不自然な姿勢になりがちです。もちろん手もとだって危ないですよね。

加えて、前述のように、粘膜でとくに薄い皮膚、常に湿った状態の部位もあることから、薬剤などをつけた際の経費吸収による毒性だって心配です。

もともと座薬などは、口から投与して効きにくいタイプを改善すべく、吸収しやすい粘膜からの効果を狙っての投薬法でもあります。

当然に、毛を抜き取った時に雑菌に感染したりと いったことも多くある部分です。

自己処理は、どんな方法であっても、かなり危険が高いと言えるでしょう。

エステ脱毛とクリニック脱毛の違いは何?

エステ脱毛とクリニック脱毛の違いは何?

よく広告では「エステだから肌に優しい」「クリニックだから肌に優しく一生続く」などと目にします。

そんなエステ脱毛とクリニック脱毛、その違いは一体何なのでしょうか?

脱毛時の格好・服装の違い

エステ脱毛とクリニック脱毛、以前は「脱毛の時に着替えるのがエステ、着替えないのがクリニック」などと言われていました。

現在は施術を受けられる方の快適さや、汚れなどが気にならない安心感などもあり、専用着に着替えるところも増えてきています。

Iライン脱毛では、サロンや美容クリニックに到着したら、施術前に、まずはネグリジェやローブのようなガウンに着替え、下着には紐パンタイプの使い捨て施術専用ショーツに履き替えます。

この下着、ウエスト周りをぐるっと一周する紐と、ぎゅっと縮めることのできるクロッチ部分の布からできている特製品。

普段はビキニパンツのようなスタイルですが、施術時にはクロッチ部分をギュッと縮めることで、粘膜部分だけしっかり覆って、必要な施術部だけを露出させることができます。

最近はクリニックでもこうしたガウンやローブ、施術用の使い捨て 下着に着替えて行うところも圧倒的ですが、古いタイプのクリニックなどでは、着替えないところもあります。

専用の物でないと恥ずかしくて気になるという方は、こうした部分を事前にお電話などで確認されるのも良いですね。

脱毛するときは、通常は平らなベッドの上に横になり、片足ずつ持ち上げてもらいながら機械のヘッドを当てたり、あるいは施術者が両手を使う針による脱毛などでは、言われるとおりに足を自分で持ち上げたりといった方法です。

一部のレーザー機器や電熱などで、とくに 注意し なければいけない場合以外では、タオルの下で行ってくれるところも多くあります。

とくに 女性に特化した最近のクリニックなどではこうした配慮のあるところも多いので、どうしても恥ずかしいといったことがあれば、この点も問い合わせて見てはいかがでしょうか?

施術時には、エステで主流の光(フラッシュ)脱毛やパルス脱毛、美容クリニックで主流のレーザー脱毛や針を使う脱毛などのいずれでも、これにより必要な部分だけが見えるようにして、その部位に照射など施術を行います。

しかもその時、機材によって必要な部分を除いてはガウンの下に手を入れる形で行ってくれます。

・・・ということは、毎日大量の女性のVIOゾーンを見ている施術者からも、不要なところは見えないということ。

あまり気にしなくて良いんですね !人の目線って。

脱毛範囲の違い

エステ脱毛とクリニック脱毛。

実は、脱毛できる範囲が異なっています。

前述のように、特にデリケートな粘膜ゾーンでもあるIライン。少しの刺激でさまざまな予期せぬ内臓のトラブルなどが発生する恐れもあります。

そのため特にデリケートな割れ目の内側の粘膜(小陰唇)部分に近いそのまわりに毛が沢山生えていても、専門の医療従事者が常勤して居ないエステティックでは、粘膜範囲には施術が行えません。

女性でもこの部分に毛がある人とない人があり、気になる毛が粘膜部分に集中している人には、エステ脱毛はちょっと不利。

医師がいるためクリニックでは粘膜部分の施術も可能。

また施術時に、皮膚トラブルなどがあっても、すぐに専門的な立場から診てもらえる体勢が整っています。

加えてIラインのうち粘膜部分に生えている毛は、日本人では、黒くて太い毛がほとんど。

光脱毛よりはレーザー処理や、針を差し込んでの処理が 効果が高い方も多く見られます。

下着のクロッチ部分と擦れるエリアでは、細い毛の人も少なくなく、レーザーや光(フラッシュ)脱毛などをそれぞれ併用することで、これまで以上の美肌と清潔さを維持しながら、美しいIラインをつくることもできます。

エステ脱毛にはメリットも多く、クリニックに比較して、とくに脱毛に特化しているということもあり最新のエステ機材も多く、皮膚にダメージを与えないどころか、皮膚の生まれ持った補修効果を高めてくれるとされる最新機器も数多くあります。

また、通い放題で均一料金といったところが多いのもエステ脱毛。

でも粘膜部分にはこうした機材が使えないといったこともあり、たとえば粘膜部分だけクリニックでお願いし、それ以外をエステのコース内でなどと、範囲に応じてクリニックと使い分けるのもオススメです。

どちらにだけメリットやデメリットがといったことはなく、両者ともに苦手なところ、利点が存在しています。

契約してから失敗した・・・とならないよう、とくに 大切なIゾーンだけに、しっかりと話し合い、担当者にお話を聞いてから判断しましょう。

Iライン脱毛の後に気をつけるべきこと

Iライン脱毛の後に気をつけるべきこと

血行を促す行為

Iライン脱毛では、やはり粘膜に近い皮膚が薄い部分が多いということもあり、抜いた後痛みをかなり感じます。

また粘膜だけに、毛細血管が皮膚よりも直接、外部環境と触れがちでもあります。

また排尿などの後の女性は、排せつ器周りの皮膚や粘膜が、男性よりも汚れとして残りやすいもの。

こうした部分が炎症などを起こしやすくなるような行為は、数日控える必要があります。

例えば血流を良くしてしまう、入浴やサウナ、飲酒、セックス自体や激しい運動などもNG。

また、浴槽などは、あまり知られていませんが、どれだけきれいに洗っていても、かなりの雑菌数があります。

脱毛直後は、クリニックやエステサロンの指示に従って、こうした行為を避けながら、いつもよりも清潔さを保てるように気をつけましょう。

けがなどをした際に、よく熱を出したり酷く腫れがちという方は、お医者さんに相談しながら、排尿や朝晩など、しばらくの間、アルコール殺菌などをこまめに行うといった方法もあります。

下着・生理用品選びに気をつける

毛がなくなった直後は、これまでIラインで毛が守っていてくれた皮膚が急にバリアを1つ失った状態になります。

毛がなくなってから少し経つと、皮膚も美しく丈夫にそろってきますが、脱毛の直後はとても弱いもの。

そのため、いつも以上に下着の清潔さにまず配慮が必要です。

また生理用品でも、もちろん、脱毛直後は清潔さが必要。これまで以上のこまめな交換を心がけましょう。

パンティーライナーや尿漏れパッドのなかでも、施術部全体が覆える特大サイズのものを選び、日に幾度か交換することで、しばらくの間清潔さを保つといった方法もオススメです。

脱毛処理をおこなっている期間中 は、施術日と生理日の間がしっかりと空くように、スケジュールを自分で管理しましょう。

施術日から日が経過して、ある程度皮膚が丈夫になってからも注意が必要です。

これまでタンポンなどを使っていて、長時間交換しなくても漏れがなかった方でも、毛がない分ストレートに漏れが伝わることもあります。

ナプキン派でも同じ。

生理中は、脱毛レベルが高いほど=毛がなければなくなるほどに、 こまめな交換必須といった点も良く覚えておきましょう。

生理用ショーツを、漏れが伝わりにくいタイプに変えていくのも良いでしょう。

まとめ

Iライン脱毛のメリットは?範囲はどこまで?粘膜まで脱毛可能?賢い判断できれいなIラインをゲットしよう!

いかがでしたか?

エステ脱毛とクリニック脱毛。

施術方法や部位、範囲にもよって最適なものも異なりますし、お値段や通えるタイミングなどもかなり違うのですね。

Iライン脱毛についてちょっと賢くなったところで、どこで施術してもらうかについては、自分で「自分に最適な賢い判断」をお忘れなく。

 

おすすめ!医療脱毛ランキング3選

クリニック 回数、料金と詳細 公式サイト
アリシアクリニック

効果が高く、レーザーなのに痛くない脱毛機で人気!

●全身脱毛(VIO除く):8回 → 月額 9,500円

●VIO脱毛:8回 → 月額 3,000円

アリシアの脱毛詳細はコチラ
湘南美容外科クリニック

20代の女性から人気! 2種類のレーザーを選べます(※店舗による)。

●全身脱毛(VIO含む):6回435,370円月々13,300円

●VIO脱毛:6回  → 60,750円月々3,200円

湘南美容外科の脱毛はコチラ
リゼクリニック

都内では珍しい、女性専門クリニック医師、看護師、受付スタッフ、全て女性です。

●全身脱毛:5回  → 299,000円月々13,000円

リゼの脱毛はコチラ

おすすめ!脱毛サロンランキング3選

クリニック 回数、料金と詳細 公式サイト
キレイモ

予約が取りやすい!ジェルを使わない脱毛が特徴です!

●全身脱毛(33ヵ所):8回  → 月額 9,500円  初月0円!

キレイモ脱毛はコチラ
ミュゼ

安いのに、きちんと効果があると評判のサロン!

●全身脱毛(顔除く):6回126,000円  ※キャンペーン価格

ミュゼ脱毛はコチラ
銀座カラー

20年以上続く、脱毛の老舗サロン嬉しいキャンペーンが多く用意されています。

●全身脱毛(首から下22ヵ所):脱毛し放題  → 197,650円月額6,800円

銀座カラー脱毛はコチラ

\ SNSでシェアしよう! /

MOTETY[モテティー]女性の美の追求し悩みを解決の注目記事を受け取ろう

datsumou-iline-hanni-1

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MOTETY[モテティー]女性の美の追求し悩みを解決の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
【緊急告知】医療レーザー、光脱毛おすすめランキング9選!
どの脱毛方法を選べば良いのか、クリニック・サロンに行くならどこが良いのか、まだ迷っている貴方へ。

高くても効果がある脱毛方法を選びたい!
●長く通っても良いから、安く脱毛したい!
●出来るだけ安くて、効果の高い方法は無いのかな?
●色々見て比較するの面倒くさいんだけど


そんな貴方のために、医療レーザー脱毛と光脱毛で、おすすめランキングを簡単にまとめてみました!

 
更に詳しく見たい人はこちら

ライター紹介 ライター一覧

おむすびやま

この人が書いた記事  記事一覧

  • ブラジリアンワックスと光脱毛は併用可能?VIOデザインに効果的?注意点は?

    ブラジリアンワックスと光脱毛は併用可能?VIOデザインに効果的?

  • 脱毛ってくすぐったいの?口コミと実際に行ってみた体験談も!

    脱毛ってくすぐったいの?口コミと実際に行ってみた体験談も!

  • 肌荒れでも脱毛できる?顔脱毛の効果やリスクと対処法をご紹介

    肌荒れでも脱毛できる?顔脱毛の効果やリスクと対処法をご紹介

  • レーザー脱毛したのに毛が抜けない?その原因と対処法

    レーザー脱毛したのに毛が抜けない?その原因と対処法

関連記事

  • Iライン脱毛で毛が減らない!原因と対処法は?

    Iライン脱毛で毛が減らない3つの原因と解決方法を紹介

  • VIO脱毛時のニオイが気になる?脱毛後ニオイが悪化する?

    VIO脱毛時の気になるニオイ、どうする?脱毛後においが強くなるって本当?

  • 40代からの脱毛

    40代からの脱毛ってどうなの?(アラフォー世代のムダ毛事情)

  • VIO脱毛の失敗例って?失敗しないための心得3つ

    VIO脱毛で失敗したくない人が読む3つの心得

  • Vライン脱毛のサロンごとの範囲まとめ

    Vライン脱毛の範囲はどこまで?人気サロンの施術範囲を一挙紹介!

  • VIO脱毛したら黒ずみが気になり始めた人へ|解消方法教えます!

    VIO脱毛したら黒ずみが目立つように…キレイにする方法は?