1. TOP
  2. 脱毛・医療脱毛
  3. 脱毛の基礎知識
  4. 埋没毛は脱毛できる?原因からお家でのケア方法までを解説

埋没毛は脱毛できる?原因からお家でのケア方法までを解説

 2016/10/12 脱毛の基礎知識
この記事は約 8 分で読めます。 72 Views
埋没毛は脱毛できる?

カミソリ等で自己処理をしていると足等、皮膚の下に毛が埋まってしまうことありますよね。

そういう毛は埋もれ毛や埋没毛といって、そうなってしまうとなかなか毛が取り除けません。

ここでは埋没毛の原因から取り方、防ぎ方までをご紹介します。

 埋没毛ができる原因は自己処理って本当?

埋没毛ができる原因…それは自己処理です。カミソリでもワックスでも少なからず肌に負担をかけてしまいます。

肌に負担がかかると肌を守るために毛穴を角質で覆ってしまい、そうして埋没毛ができていきます。詳しくは下でご説明します。

自己処理が原因で埋没毛が出来る?

カミソリでの自己処理が埋没毛の原因

カミソリでの自己処理は、皮膚の角質を削ってしまいます。角質が削れた皮膚は肌を守ろうと角質を厚く修復します。

これはむだ毛が生えてくるより先に行われ、毛穴を覆ってしまいます。

こうして、出口をなくしたむだ毛が埋没毛になってしまうのです。

また、カミソリで毛を切ることで毛先が尖り、毛穴ではない皮膚の下に入ってしまうこともあります。

これも埋没毛の原因の一つです。

毛抜きでの自己処理が埋没毛の原因

じゃあ毛抜きの方が肌にいいのでは?と思うかもしれませんが、実は毛抜きの方がカミソリよりも皮膚や毛穴へのダメージが大きいのです。

というのも毛抜きの場合、毛と一緒に皮膚を引っ張り上げます。これは肌に強い負担がかかるだけでなく、たるみにもつながります。

こうしてカミソリの時と同様に、傷ついた皮膚を修復しようとして毛穴が覆われてしまい埋没毛になってしまうのです。

除毛クリームでの自己処理が埋没毛の原因

ここまでくると除毛クリームもなんだかお肌によくなさそうですよね。

はい、その通りで除毛クリームもお肌によくないんです。

除毛クリームは主にアルカリ性の成分によってムダ毛を溶かして処理します。

厳密に言うと毛の主成分であるタンパク質を溶かすのです。しかし、皮膚も同じくタンパク質でできているため、肌へのダメージも大きいのです。

そして皮膚を修復しようとして…やはり毛穴を塞ぎ埋没毛になってしまいます。

 エステでのブラジリアンワックスでも埋没毛ができる?!

毛の処理について調べるとブラジリアンワックスという言葉を見たことがありませんか?

ブラジリアンワックスは自分でも出来ますが、エステサロン等でも行われています。

比較的安価で、しかもすぐにつるつるになれます。しかしブラジリアンワックスも他の処理と同様に埋没毛のリスクが高いです。

根本的には毛抜きと変わらないからです。ブラジリアンワックスは液体を塗って毛を毛根からべりっと剥がすという方法で処理します。

そのため痛みが激しく、肌への負担も大きいのです。赤みや腫れ、毛穴から出血することもあります。

ブラジリアンワックスもまた埋没毛を引き起こす原因となってしまうのです。

サロンの場合処理後のケアをしっかりやってくれるところが多いですが、それでも敏感肌の方にはおすすめしません。

 埋没毛を放置するとどうなるの?

一度埋没毛になってしまうとなかなか治らないですよね。

ピンセットで掘るのもかえってまた埋没毛を引き起こす原因になってしまいそう。

では放置するとどうなってしまうのでしょうか?

datsumou-maibotsu3

埋没毛を放置すると色素沈着してしまう

埋没毛を放置すると色素沈着の恐れがあります。

埋没毛によって毛穴が塞がってしまうと正常にターンオーバーがされないことがあります。

それによってシミの原因であるメラニンが皮膚の中で溜まり、色素沈着してしまうのです。

また、埋没毛以前にカミソリや毛抜きでの処理が色素沈着の原因になる場合もあります。

カミソリの場合は摩擦によって、毛抜きの場合は毛穴へのダメージによって色素沈着が起きます。

これらはターンオーバーで改善されることもありますが、気をつけた方がいいでしょう。

埋没毛を放置すると毛嚢炎になってしまう

埋没毛は放置してもターンオーバーによって自然と表面に押し出されることもあります。

しかしターンオーバーによってうまく皮膚が剥がれないと、埋没毛が治らないばかりか、皮膚の下でのびていき、中を傷つけてしまうのです。

そして毛嚢炎という炎症が起きてしまうことがあります。

これはむだ毛処理などをやめ、抗炎症作用のある市販薬で治癒する場合もありますが、炎症が続いたり、膿みがでてきてしまった場合は皮膚科で診てもらうことをおすすめします。

埋没毛の取り方、ケア方法は?

埋没毛の原因からわかるように埋没毛をピンセット等でほじくり返して抜くのはNGです。

結局また皮膚が傷つき埋没毛を発生させてしまうだけだからです。

埋没毛のケアには角質除去をして肌の生まれ変わり、ターンオーバーを正常に戻すことが重要です。

そうすることで埋没毛を覆っている皮膚を自然に取り除くことができます。ではそのためにはどういったケアをしたらいいのでしょうか?

埋没毛のケア方法

スクラブでの角質除去で埋没毛のケアをする

スクラブを用いた角質除去は細かな粒子と肌を摩擦させて汚れや古い角質を取り除くという方法です。

これは週1~2程度で行うようにしましょう。角質除去はやりすぎてしまうと古い角質だけでなく新しい角質も取り除いてしまい、かえって肌を弱めてしまいます。

また、行った後はクリーム等でしっかり保湿しましょう。

 ピーリングでの角質除去で埋没毛のケアをする

スクラブと同様にピーリングもまた角質除去の一つの方法の一つです。

ピーリングの場合、酸で古い角質を溶かすことでターンオーバーを正常にしていきます。

ここで気をつけたいのがピーリングに使われる酸が科学的なものか、自然由来のものかということです。

ピーリング剤には「BHA」と「AHA」の二種類があります。

「BHA」は化学物質で、ピーリング作用が強く、毛穴の奥の皮脂まで取り除いてくれます。

「AHA」は自然由来のもので「BHA」よりもピーリング効果は低いものの、表面の角質を落とすには十分ですし、なにより肌に優しいです。

埋没毛の除去を目的としたピーリングの場合は肌への負担も考えて「AHA」の方をおすすめします。

市販のピーリング剤は「AHA」が多いですが、念のためどちらか確認するといいでしょう。

ピーリングもスクラブと同様週1~2回程度にし、終わった後はしっかり保湿しましょう。

埋没毛の防ぎ方は?

では埋没毛はどうやって防げばいいのでしょうか?

角質除去で埋没毛を防ぐ

埋没毛のケア方法と重複してしまいますが、角質除去をすることによって新たな埋没毛の発生を防ぐこともできます。

お風呂に入った後、肌が柔らかくなっているときに行うのがお肌にも優しく効果的です。

一見万能に見える角質除去ですが、やりすぎは肌を弱くし、かえって新たな肌トラブルを引き起こしてしまいます。

ピーリング等で古い角質がぽろぽろ落ちてお肌がつるつるになるのは気持ちいいですが、必ず週に1~2回に抑えましょう。

その後の自己処理は、どうしてもカミソリやピンセットを使用したい場合は消毒したり、新しく清潔なものを使いましょう。

カミソリの場合は肌を傷つけないためにも逆剃りは禁物です。むだ毛を処理した後は肌を守るためにもしっかり保湿をしましょう。

埋没毛を防ぐために自己処理をしない…

むだ毛で悩んでる方にはなかなか難しいかもしれませんが、一度カミソリや毛抜きでの自己処理をストップするのも手段の一つとしてあります。

角質除去をしながらお肌のターンオーバーを正常にし、埋没毛が表に出てくるのを待つことで埋没毛をなくし、防ぐことが出来ます。

埋没毛が増えすぎてしまった方は一度リセットするためにも自己処理をお休みした方がいいかもしれません。

埋没毛は怖いけどむだ毛の処理もしたい!

でも自己処理しないでむだ毛がのびっぱなしというのはいやですよね。

それに毎回毎回気を使いながら自己処理をするのも面倒。そんな方のために埋没毛を気にせずむだ毛の処理が出来る方法をご紹介します。

お家で出来る埋没毛のリスクを抑えた自己処理

埋没毛の最大の原因は肌への負担が大きい自己処理ということはこれまでご紹介してきました。

実はカミソリでもなく毛抜きでもなく除毛クリームでもない、肌への負担を最小限にした自己処理方法があります。

それは電気シェーバーでの自己処理です。電気シェーバーは刃が肌にあたらないようになっており、肌への負担が小さいです。

そのため摩擦による色素沈着の心配もありません。ただ、肌にあたらない分カミソリほど深く剃ることが出来ません。

そのため毛が太い箇所だと剃った後ちくちくすることがあります。

 クリニックやエステで埋没毛ごと脱毛しちゃう!

埋没毛の処理に最もおすすめの方法はずばり脱毛です。

エステでの光脱毛やクリニックでの医療レーザー脱毛ではダメージを与えてむだ毛が生えてこないようにするので、脱毛してしまえば埋没毛どころか自己処理も必要なくなります。

ただ埋没毛に施術してもらえるのか?という問題があります。

エステの光脱毛もクリニックの医療レーザー脱毛も黒に反応して熱を与えることで毛根にダメージを与えるので、埋没毛に照射することによる火傷の可能性がゼロではないようです。

エステの場合はそのリスクを考えて施術が禁止されている、クリニックの医療レーザーの場合でも埋没毛は施術できないといった話を聞く一方で、エステでもクリニックでも埋没毛ごと脱毛することができるという話も聞きます。

実際私が通ってるエステの光脱毛では埋没毛があっても他のむだ毛がきちんと処理してあれば施術してもらえます。

いずれにしても角質除去や保湿をしっかりして埋没毛やお肌のケアをしながら脱毛するのが一番いいと思います。

埋没毛には脱毛がおすすめ

まとめ

結論として、埋没毛は脱毛をして他のむだ毛ごとなくしてしまうのが一番おすすめです。

すぐに脱毛できなくても、埋没毛をなくすために一度自己処理の仕方を見直してみてはいかがでしょうか?

おすすめ!医療脱毛ランキング3選

クリニック 回数、料金と詳細 公式サイト
アリシアクリニック

効果が高く、レーザーなのに痛くない脱毛機で人気!

●全身脱毛(VIO除く):8回 → 月額 9,500円

●VIO脱毛:8回 → 月額 3,000円

アリシアの脱毛詳細はコチラ
湘南美容外科クリニック

20代の女性から人気! 2種類のレーザーを選べます(※店舗による)。

●全身脱毛(VIO含む):6回435,370円月々13,300円

●VIO脱毛:6回  → 60,750円月々3,200円

湘南美容外科の脱毛はコチラ
リゼクリニック

都内では珍しい、女性専門クリニック医師、看護師、受付スタッフ、全て女性です。

●全身脱毛:5回  → 299,000円月々13,000円

リゼの脱毛はコチラ

おすすめ!脱毛サロンランキング3選

クリニック 回数、料金と詳細 公式サイト
キレイモ

予約が取りやすい!ジェルを使わない脱毛が特徴です!

●全身脱毛(33ヵ所):8回  → 月額 9,500円  初月0円!

キレイモ脱毛はコチラ
ミュゼ

安いのに、きちんと効果があると評判のサロン!

●全身脱毛(顔除く):6回126,000円  ※キャンペーン価格

ミュゼ脱毛はコチラ
銀座カラー

20年以上続く、脱毛の老舗サロン嬉しいキャンペーンが多く用意されています。

●全身脱毛(首から下22ヵ所):脱毛し放題  → 197,650円月額6,800円

銀座カラー脱毛はコチラ

\ SNSでシェアしよう! /

MOTETY[モテティー]女性の美の追求し悩みを解決の注目記事を受け取ろう

埋没毛は脱毛できる?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MOTETY[モテティー]女性の美の追求し悩みを解決の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
【緊急告知】医療レーザー、光脱毛おすすめランキング9選!
どの脱毛方法を選べば良いのか、クリニック・サロンに行くならどこが良いのか、まだ迷っている貴方へ。

高くても効果がある脱毛方法を選びたい!
●長く通っても良いから、安く脱毛したい!
●出来るだけ安くて、効果の高い方法は無いのかな?
●色々見て比較するの面倒くさいんだけど


そんな貴方のために、医療レーザー脱毛と光脱毛で、おすすめランキングを簡単にまとめてみました!

 
更に詳しく見たい人はこちら

ライター紹介 ライター一覧

momo

この人が書いた記事  記事一覧

  • 顔脱毛は痛い?

    顔脱毛って痛い?お店選びや脱毛後の赤みはどうすればいいの?

  • 光脱毛後に自然と毛が抜けるのはいつ頃?

    光脱毛後に自然と毛が抜ける時期は?自分で抜いてもいいの?

  • 脱毛前は薬飲んじゃダメなの?

    脱毛する前はなぜ薬の服用がだめなの?禁止期間はいつから?

  • 脱毛後のケアや注意事項は?

    脱毛後のケアや自己処理の方法って?注意事項を徹底解説

関連記事

  • 脱毛すると脇汗が増える?原因と対策を公開

    脱毛すると脇汗が増える?減る?原因と対策を公開

  • 脱毛途中であきらめない

    脱毛を途中でやめてしまう人が多い原因は?最後まで続けるために大事なこと!

  • 生理中でも脱毛できるの?

    生理中に全身・VIO脱毛はできるの?キャンセルしなきゃダメ?

  • 脇脱毛が恥ずかしい原因と解決方は?

    ワキ脱毛に行くのが恥ずかしい人へ〜原因と解決方法は?

  • 敏感肌でも脱毛できるの?

    敏感肌で悩んでいる人必見!デリケート肌におすすめの脱毛方法!

  • 光脱毛でシミはできる?

    光脱毛でしみができる?知っておきたい意外な効果