1. TOP
  2. 脱毛・医療脱毛
  3. 脱毛部位別に見る
  4. ハイジニーナ・VIO脱毛
  5. Oライン脱毛は恥ずかしい?体勢やメリット、自己処理のリスク

Oライン脱毛は恥ずかしい?体勢やメリット、自己処理のリスク

 2016/10/27 ハイジニーナ・VIO脱毛 脱毛部位別に見る
この記事は約 11 分で読めます。 103 Views
Oライン脱毛は恥ずかしい?体勢やメリット、自己処理のリスクをお伝えします。

最近電車に乗っても、雑誌でも、テレビのビューティー系特集でも、とにかくよく見かけるVIO脱毛。

「VゾーンやIゾーンは、流行の形じゃなくなったりしたら どうしよう と、ちょっと抵抗あるけど、一生イラナイ毛のOライン脱毛ならやってもいいかな?」

と思っても、やっぱり調べ始めると恥ずかしかったり不安が沢山出てきたり。ネットで調べても、詳しい情報が得られなかったりといったこともあります。

そこで今回は、肛門周りのOゾーン=Oライン脱毛について、いろいろ気になる点を調べてみました。

Oライン脱毛は恥ずかしい?Oライン脱毛のメリットって何?

Oライン脱毛は恥ずかしい?Oライン脱毛のメリットって何?

病院にかかった時、あるいはエッチの最中に、ちょっと気になるのがOラインの毛。

看護婦さんに剃毛の時「けっこう多いですね」なんていわれたり、あまりに多くて引かれたりといった思い出のある方もあるかもしれません。

粘膜の周りでもあり、人によっても、また美容外科やサロンによっても施術方法がさまざま。

それに、何より気になるのは・・・

「どんな人が、どうやって施術してくれるの?男性?女性?」

「会社帰りに受けたいのに、あたしのニオイ、自分でも気になっちゃう」

など、施術時の恥ずかしいことがまず一つ。

でも脱毛が完了すると、さまざまのメリットがあります。

Oライン脱毛のメリットその1 衛生的

温水によるお尻洗いやビデ洗いのついている便器がもうほとんど一般的ですが旅行先などでは、まだまだ紙だけのところも。

幾度排便後、何回拭 いても、毛が多すぎて全然キレイにならない・・・といった悩み事からまずは解放されます。

そして剛毛ゆえの悩み、糞便や生理中の残りが毛について、それがにおいのもとになるといった現象だって、毛がなくなれば防ぐことができます。

もちろん、全部の毛をつるつるになるまで処理せず、一部だけを処理して短くしたり薄くしたりするだけでもかなりの効果。

特にお年頃のお嬢さんや、モデル系のお仕事や、レオタードや水着などになる機会が多いお仕事や趣味の方は、ヒップ周りをキレイに処理しておくと、いつも安心して、自信を持って、思いっきり激しい体制で動けます。

けっこうはみ出てきた剃りのこし や処理のこし ・・・女性同士の目線だと、気になるんですよね。

Oライン脱毛のメリットその2 ムレやかゆみが少なくなる

毛がなくなると、当然にその部位に、前述のような、細菌の発生しがちな下半身からの排泄物、そして汗と、粘膜がしわになって多数密集していて湿っていることが多いVIOゾーンにとくに 多い、ムレやかゆみが少なくなります。

もちろん雑菌の繁殖もかなり抑えられるため、臭いだって少なくなります。

Oライン脱毛のメリットその3 セクシーな下着選びや、エッチを思いっきり楽しめるようになる

毛を少なくしたり失くしたり、処理を適度にだけ行うことで、毛を短く整えることで、タンガや、セクシー系の下着、それにセレブ風のドレスだってキレイに決まります。

とくに 最近は、割れ目の上くらいまでが見えるタイプのドレスも多く、下腹部も、前も後も、そしてサイドもぎりぎりまで見せるデザインなども、レッドカーペットやパーティーでは流行のデザイン。

ヒップからはみ出る毛がないなら、こうしたデザインもつるっと 美しく決まります。

女性の局部は、その機能や衛生環境を保つために酸性になっています。

こうした部分の雑菌を少なくすることで、かなりかゆみの改善にも役立ち、下着の傷みや変色だっておさえられるのです。

また、こうした毛の処理時に、サロンなどによっては、周辺の産毛 ケアも一緒に行えるプログラムを用意しているところもあります。

とくに 女性では自分でヒップ周りを日ごろから触ったりしている人は多くはありません。

でもこれが、ブライダル前の脱毛エステとなれば話は別。

キレイなヒップラインとOラインなら、大切な日も、自信を持てるかもしれません。

1コースの施術で、Oラインのみならずヒップライン全体が、「一生モノのキレイなたまご肌」に成れるなら、メリット大だと思いませんか?

Oライン脱毛のときの体勢・格好は?恥ずかしくない?

Oライン脱毛のときの体勢・格好は?恥ずかしくない?

それにしても気になるのはOライン脱毛の時の姿勢。

どんな施術室で?どんな体制で?

人に見られるなんて、これまで一度も経験してないという人が圧倒的な部位です。

でも、通常は女性の脱毛は、女性の有資格者の施術担当者が行ってくれる上、皆さんこの業界のプロ。

私たちが毎日ご飯を見慣れている回数よりも、はるかに多くの人のOゾーンを見ています。

もちろん人によって全く異なるタイプのニオイだって、みなさん同じなので、ほぼ気になりません。

その上施術環境はカーテンで仕切られた上、タオルで隠されている状態のところがほとんど。

気にしているのは、施術してもらう本人だけ・・・かもしれません。

Oラインはどんな体勢・格好で脱毛するの?

通常は、エステティックサロンでもクリニックでも、施術前に着替えてタオルのガウンなどを着用し、その下に施術用の使い捨てショーツを着用した格好。

このクロッチ部分の布が広がったり紐のように縮んだりするタイプのため、施術時には、大切なゾーンの粘膜部分は、ほとんどぎりぎりまで、施術者にも見えません。

通常Oゾーンの毛は、女性では普通の皮膚に近い位置に多く生えているため、ほぼ見えない状態での施術です。

ベッドの上にうつぶせになり足を開いてタオルをかぶせてもらいます。

この状態から、光脱毛などの機材で行うケースでは、その施術したいハガキより小さ目のゾーンごとに、タオルをめくりながらそこに手と機材のヘッドを入れて処理していきます。

通常このタイプでは、施術者は1人なのでほぼマンツーマン。

サロンやクリニックによっては、脱毛施術のプログラムの間、ほぼ同じスタッフが行ってくれるところ等 もあり、あまり多数の人に施術してもらうのは不安という人にはおススメ です。

Oラインを見られるのって恥ずかしい。臭わないか不安。感じて濡れちゃったら?

Oライン自体は、施術者には周辺の毛のあるところだけが見られる体勢です。これはサロンや美容外科のいずれでも同じ。

お尻の延長だと思ってしまえばあまり気になることもないかもしれませんよ!

また、毛を抜いたり、光などの温熱刺激などによって、おりものやその他局部ゾーンからのいろいろな分泌物が出てきてしまう人もあります。

これも、粘膜など、とくに 皮膚の薄い部位だからこそで、実際にはとても良くあるお話です。

そのため、通い始めてしまえば、こうしたものもあまり気にすることなく、施術を受けている人がほとんどです。

恥ずかしくてもOラインの自己処理は危険!

恥ずかしくてもOラインの自己処理は危険!

でもやっぱりこれまでも、脱毛しちゃえば早いのにとおもいつつも、恥ずかしくて決めかねていた人、その間に自己処理していた人も多いかもしれません。

でもOライン、自分で見えにくいところだから、効果もわかりにくいし、手が滑ったりしやすくて不安なんていうこと、ありませんでしたか?

自己処理の方法

家庭用脱毛器

自己処理で一般的な家庭用脱毛器。

挟んで抜き取るタイプで激痛に耐えていた方も、光タイプでのんびり、1本ずつ見えにくいのに頑張ってきた方も、ご苦労が多かったと思います。

除毛クリーム

見えにくい位置だから、一気に毛をとかしちゃおうということで、割合よく使われているのが除毛クリーム。

ですがこれ、なかなか粘膜の刺激は強く、粘膜だからこそ吸収されやすくて厄介者。

かぶれや顔まで到達する皮膚炎やニキビの原因になった方も少なくありません。

良く利用してしまう方法ですが、クリームを塗って待っている間に、それが粘膜にも広がり、腸や局部などから経皮吸収されるリスクを考えると、実際にはとても危険性が高くNGです。

カミソリ

この見えにくいゾーンにカミソリ1本で挑んでいる方は、もうそのポーズが職人技です。

とくに瞼や首筋よりもはるかに傷つきやすい粘膜だけに、手元が滑ったりしない時でも、肌を削り過ぎたりといった心配はいつもつきものです。

剃りのこしも発生しがちで、処理時間だってかかりがち。

得られる見た目の効果や、皮膚の長い年月を通した美しさからいえば、デメリットの方が多いかと思われます。

Oラインの自己処理の危険性

前述のような方法で自己処理を続けていて、よく目にするトラブルをご紹介します。

黒ずみ

よくあるのが、ただでさえ薄い皮膚部分に脱毛やクリーム、カミソリで強い刺激を与え続けてしまったがために発生する黒ずみ。

一度できてしまうと、皮膚の擦れやけがに配慮しながら、しっかりと皮膚サイクルを管理しながら丁寧に時間をかけて、もとの素肌を取り戻さなければならなくなります。

一度できてしまった黒ずみが、もう何年も採れない方なども沢山。

毛嚢炎や埋没毛

とくに カミソリや毛抜き系では多いのが、毛の途中で切れてしまったり、あるいは斜めにカットされた毛とあわせて、皮膚などの表面や毛穴自体がふさがってしまったりすることで、その中にカエルの卵のように透けた状態で毛が埋もれてしまう状態。これが沢山ある人もなかにはあります。

手や足でも、こうした毛穴は発生しがちですが、産毛では目立たないところも、デリケートゾーンの毛など太い毛では、かなり目立ってしまいます。

髭の青い剃り跡以上に、毛が中で丸まっていて存在感があるので、できるだけ発生しないよう気をつけたい存在です。

肌を切ってしまう

本当に見えないエリアで、手も届きにくいエリアなだけに、カミソリを持った手が滑ったりすることも多くあります。

またOライン自体がしわや起伏の多いところなので、刃が引っかかってしまい削れたり流血になったりすることも。

こうなってしまうと、とくに雑菌の繁殖しやすいエリアでもあることから、治るまでの管理も面倒です。

その他にもOラインの自己処理にはこんな危険性が

この他にも、自己処理によってさらに刺激されて毛が長く大量に生えてきたり、あるいは毛穴部分が削られすぎて表皮に露出したりで、とても見苦しい状態になど。

自宅でセルフ処理すれば、確かに不安も無く、恥ずかしい感じもしない・・・といったメリットもありますが、なんといってもこうしたリスクが多い部位。

皮膚の薄い部分だからこそ、とくに 気を付けていただきたいのがOラインです。

脱毛するならエステとクリニックのどっちがいいの?

脱毛するならエステとクリニックのどっちがいいの?

エステ脱毛と美容クリニック系脱毛。

使える機材とその帯域に、エステ脱毛ではとくに 制約が多くあります。

が、さまざまの方式のものがあり、エステだから、美容クリニックだからと一口では言えない双方のメリットがあります。

エステ脱毛

元々クリニックでも使っている帯域よりも弱い帯域中心の光照射などによる脱毛を行っているのがエステティック。

最近では、そのほかさらに弱い熱量を皮下にだけ与えるもの等もあり、より刺激がなく、痛みすら全く感じず温かい程度といった機材も登場しています。

脱毛ブームで予約がとりにくい店舗が多いのですが、それでも、ゾーン全体の脱毛が完了するまで・・・や、一年間フリーパスで何カ所でも何度でも・・・といった料金的なメリットも多くあります。

クリニック脱毛

クリニックでは、エステ脱毛に比較して、強いエネルギーによる機材を使用します。

よく、短期間で施術が終わるのはクリニックのレーザー脱毛という声もありますが、このレーザー脱毛も機材によっては、黒い毛の部分にだけエネルギーを集中させて処理します。

そのため、毛穴の中に黒く色づいた毛がある場合に、特に効果を発揮します。

人によってはあまり濃い毛ではなかったり、逆に太すぎて、レーザーでは火傷のような症状が出てしまったりといった人には、その毛質や肌の質に合わせた脱毛方法を案内してくれるため、無駄のない少ない回数で施術が完了する点も、メリット大です。

またデリケートゾーンだけに、施術中問題があったら、すぐに投薬などを相談できるところも安心感がありますよね。

まとめ

Oライン脱毛は恥ずかしい?体勢やメリット、自己処理のリスクをお伝えします

いかがでしたか?

もし思いついても、契約を検討していても、なかなか周りに相談しづらいゾーンのOライン脱毛のあれこれ・・・

サロンでも美容クリニックでも、意外と見えない配慮もされていて、ちょっと安心して脱毛に通えそうです。

何より脱毛の専門資格者が施術してくれるから、当然に見慣れている人たちばかり。

とくにOゾーンは、毛の質や肌質が人によって全く異なり、適した処理かどうかの判断がとても大切な部分もあります。

だからこそ、適した出力で、狙った通りに機材の強弱を調節しながら施術してくれる美容クリニックは、限られた期間で、しっかり大切な日に間に合わせてといった施術にもピッタリです。

くわえて、 予約も取りやすいといった点でも、クリニックは短期間でのスケジュール通りの施術向きと言えるでしょう。

何より、人に見られて恥ずかしい派には、とくに少ない回数=人目に触れる回数も少ない美容クリニックはオススメです。

エステティックで豊富な、肌に優しく刺激の少ないやわらかくおだやかな 施術方法は、回数こそたくさん必要ですが、肌トラブルが少ない機材なども多く、こちらもとくに 、デリケートゾーンには魅力的。

ちょうど流行のVIO脱毛ということもあり、雑誌などにも多数の比較特集があります。

一度、脱毛方法や口コミなど、じっくりと調べて見てはいかがでしょうか?

 

おすすめ!医療脱毛ランキング3選

クリニック 回数、料金と詳細 公式サイト
アリシアクリニック

効果が高く、レーザーなのに痛くない脱毛機で人気!

●全身脱毛(VIO除く):8回 → 月額 9,500円

●VIO脱毛:8回 → 月額 3,000円

アリシアの脱毛詳細はコチラ
湘南美容外科クリニック

20代の女性から人気! 2種類のレーザーを選べます(※店舗による)。

●全身脱毛(VIO含む):6回435,370円月々13,300円

●VIO脱毛:6回  → 60,750円月々3,200円

湘南美容外科の脱毛はコチラ
リゼクリニック

都内では珍しい、女性専門クリニック医師、看護師、受付スタッフ、全て女性です。

●全身脱毛:5回  → 299,000円月々13,000円

リゼの脱毛はコチラ

おすすめ!脱毛サロンランキング3選

クリニック 回数、料金と詳細 公式サイト
キレイモ

予約が取りやすい!ジェルを使わない脱毛が特徴です!

●全身脱毛(33ヵ所):8回  → 月額 9,500円  初月0円!

キレイモ脱毛はコチラ
ミュゼ

安いのに、きちんと効果があると評判のサロン!

●全身脱毛(顔除く):6回126,000円  ※キャンペーン価格

ミュゼ脱毛はコチラ
銀座カラー

20年以上続く、脱毛の老舗サロン嬉しいキャンペーンが多く用意されています。

●全身脱毛(首から下22ヵ所):脱毛し放題  → 197,650円月額6,800円

銀座カラー脱毛はコチラ

\ SNSでシェアしよう! /

MOTETY[モテティー]女性の美の追求し悩みを解決の注目記事を受け取ろう

Oライン脱毛は恥ずかしい?体勢やメリット、自己処理のリスクをお伝えします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MOTETY[モテティー]女性の美の追求し悩みを解決の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
【緊急告知】医療レーザー、光脱毛おすすめランキング9選!
どの脱毛方法を選べば良いのか、クリニック・サロンに行くならどこが良いのか、まだ迷っている貴方へ。

高くても効果がある脱毛方法を選びたい!
●長く通っても良いから、安く脱毛したい!
●出来るだけ安くて、効果の高い方法は無いのかな?
●色々見て比較するの面倒くさいんだけど


そんな貴方のために、医療レーザー脱毛と光脱毛で、おすすめランキングを簡単にまとめてみました!

 
更に詳しく見たい人はこちら

ライター紹介 ライター一覧

おむすびやま

この人が書いた記事  記事一覧

  • ブラジリアンワックスと光脱毛は併用可能?VIOデザインに効果的?注意点は?

    ブラジリアンワックスと光脱毛は併用可能?VIOデザインに効果的?

  • 脱毛ってくすぐったいの?口コミと実際に行ってみた体験談も!

    脱毛ってくすぐったいの?口コミと実際に行ってみた体験談も!

  • 肌荒れでも脱毛できる?顔脱毛の効果やリスクと対処法をご紹介

    肌荒れでも脱毛できる?顔脱毛の効果やリスクと対処法をご紹介

  • レーザー脱毛したのに毛が抜けない?その原因と対処法

    レーザー脱毛したのに毛が抜けない?その原因と対処法

関連記事

  • VIO脱毛したら黒ずみが気になり始めた人へ|解消方法教えます!

    VIO脱毛したら黒ずみが目立つように…キレイにする方法は?

  • VIO脱毛でおならが出そうで心配、どうする?

    VIO脱毛でおならが出そう?濡れそうな時はどうしたらいい?

  • 脱毛 指

    指毛の処理どうしてる?自己処理と脱毛どっちの方がいい?

  • VIO脱毛の5つのメリット・デメリット

    VIO脱毛の必要性とは?5つのメリット・デメリット

  • VIO脱毛時のニオイが気になる?脱毛後ニオイが悪化する?

    VIO脱毛時の気になるニオイ、どうする?脱毛後においが強くなるって本当?

  • VIO脱毛で後悔?失敗しないためのポイント

    VIO脱毛で後悔する?!脱毛前に知っておくべき落とし穴!