毛抜きを使ったムダ毛処理があなたの肌をむしばむ3つの理由
  1. TOP
  2. 毛抜きを使ったムダ毛処理があなたの肌をむしばむ3つの理由

毛抜きを使ったムダ毛処理があなたの肌をむしばむ3つの理由

 2016/09/14 失敗やリスク
この記事は約 8 分で読めます。 1,933 Views

気になる部分をササッと処理でき、何かと便利な毛抜き。きっと皆さんも持っているのではないでしょうか。

ただ、毛抜きを使ったムダ毛処理って実はかなり危険だってみなさん知っていましたか?

今回は、毛抜きを使ったムダ毛処理のデメリットについて詳しく解説していきたいと思います。

是非、皆さん最後までご覧になってくださいね。

 

毛抜きを使ったムダ毛処理をしてしまう理由

結論からいうと、毛抜きによるムダ毛の処理はお肌にかなりのダメージを与える危険性があります。

とはいうものの、毛抜きを使って自己処理している人も結構いますよね?

まずは、みなさんはどんな理由で毛抜きを使っているのか見ていきましょう。

kenuki-photo-5

時短・節約派

まず考えられるのが、「クリニックに通いたいけど、時間とお金がないし…」とか「エステサロンはなかなか予約取れないし…」という時短派・節約派の人たちです。

毛抜きは手頃なものだと1000円前後で購入できますし、そもそも女性にとって必須アイテムです。

また、カミソリで処理した場合と違って、新しく毛が生えてくるまで少し時間がかかるので、頻繁に処理する必要はありません。

「手頃に気になる部分だけパパッと処理できて便利♪」、と考えている人は案外多いのではないでしょうか。

カミソリが怖い

次に考えられるのが、「カミソリはちょっと怖くて、少しくらい痛くても毛抜きの方が安心…」という人たちです。

今は、スムーサーつきなど品質の良いT字カミソリが出回っています。多くの人たちが自分で脚や腕のムダ毛処理をしていると思います。

ただ中には、「スムーサーなどが肌に合わなくて使えない…」とか「旅行先のホテルのアメニティのカミソリを使ったら血だらけになって、それ以来カミソリは怖くて…」という人もいるかと思います。

また、デリケートゾーンなど場所によってはカミソリの刃を当てるのに躊躇してしまうことってありますよね。

そういう人たちにとっては、毛抜きはかなり便利なムダ毛処理グッズに思えるのではないでしょうか?

デリケートゾーンの自己処理方法を知りたい方はこちらへ↓

脱毛前後の自己処理方法を大公開<VIOライン~体>

癖になってしまっている

次に考えられるのが、「悪いと思っていても止められない」という人たちです。

ビックリされるかもしれませんが、意外とこの“毛抜き中毒者”は多いのです。

“中毒”とまではいかなくても、「テスト勉強の合間に息抜きしようとしたら、ついつい眉毛や指の毛が気になって、始めたら一時間たっていた…」というような経験をしたことある人は多いのはないでしょうか?

この“毛抜き中毒”の恐ろしいのは、一度癖になってしまうとなかなかやめることができない点です。毛を抜くことが快感になってしまうのです。無意識に毛抜きをしている人もいます。

後で説明するように、毛抜きを使ったムダ毛処理は肌にかなりのダメージを与えます。一時の快感と引き換えに、お肌を傷つけ続けてしまうのです。

最近では、“毛抜き中毒”はADHDの一種とも言われています。心配な方は一度、お医者さんに相談した方がよいかもしれません。

実は危ない毛抜きを使ったムダ毛処理

毛抜きを使ったムダ毛処理はお肌にかなりのダメージを与える危険性があると、最初にお伝えしました。

どんな危険があるのか具体的に見ていきましょう。

毛包炎

毛包炎とは、毛穴の中で皮膚と毛を繋ぎ止める役割をしている部分に炎症が起きてしまうことです。

毛抜きでムリヤリ毛を抜くことで毛包が傷つき、そこに菌が入り込むことで炎症が起こってしまうのです。

放っておけば数日で完治する場合がほとんどですが、酷い場合は病院に行かなければならないこともあります。

埋没毛

埋没毛は、埋もれ毛ともいい、毛が毛穴から出てこないで皮膚の下に埋もれてしまう状態を指します。

毛抜きなどを繰り返すことでダメージを受けた肌は、より強い肌として再生します。

普段から毛抜きを続けていると肌が強くなりすぎて毛穴が塞がってしまうため、毛が毛穴から出て来られなくなってしまうのです。

特に痛みなどはありませんが、埋没した毛が黒い点々のように見えるので、見た目的がよくありません。

綺麗に処理するには、お医者さんに相談する必要があります。

色素沈着

色素沈着と聞くと、紫外線を思い浮かべる人が多いかと思います。確かに、紫外線は色素沈着の原因です。

ただ、どうして紫外線を浴びると色素沈着してしまうのでしょうか。その答えは“刺激”にあります。

紫外線を浴びると肌は刺激を受け、傷つきます。この刺激から身を守るために、メラニンが働きます。このメラニンの働きによって色素沈着が起きるのです。

メラニンは紫外線の刺激以外にも働きます。つまり、毛抜きによる肌への刺激に対してもメラニンは働くのです。

せっかく日焼け止めで肌を紫外線から守っても、自分で傷つけて肌を黒くしてしまってはしょうがないですよね。

ソレデモシタイ~毛抜きを使ったムダ毛処理~

これまで毛抜きを使ってしまう理由や毛抜きを使ったムダ毛処理の危険性についてお伝えしてきました。

とはいうものの、出来るだけ肌にダメージを与えない方法があれば知りたいですよね?

あまりオススメはできませんが、以下のステップで行なえば比較的ダメージを与えずに、毛抜きでムダ毛処理をすることができます。(あくまでもご自身の判断でお願いします。)

患部を温める

患部を温めることで、肌が柔らかくなり毛穴が開きます。そうすることで、ダメージを抑えて毛を抜くことができます。痛みを軽減されます。蒸しタオルを使うのがオススメです。

患部を清潔に保つ

毛包炎の原因は、毛穴に菌が入ってしまうことです。患部を清潔に保っておくことで、処理をするときの菌の侵入を防ぐことができます。

毛並みに沿って抜く

毛並みに沿って抜くことで、毛穴が傷つくことを防ぐことができます。それによって痛みをある程度経験できます。

毛抜き後の肌の手入れを入念に行う

繰り返しになりますが、毛包炎の原因は毛穴への菌の侵入です。処理後に患部を冷やすなどして毛穴を防ぐことをオススメします。

保冷剤と濡らしたタオルを使うと簡単にできます。

他にもまだある毛抜きを使ったムダ毛処理のデメリット

上で紹介した方法で処理すれば、比較的肌のトラブルを抑えてムダ毛を処理することができます。

ただ、毛抜きを使ったムダ毛処理には肌トラブル以外にもデメリットがあるって知っていましたか?

毛抜きを使ったムダ毛処理はデメリットが多い?

意外と時間を浪費している

毛抜きを使ってムダ毛を1本1本処理するのですから、当然相当な時間がかかってしまいます。

例えば、脇を毛抜きで自己処理するとします。片方の脇の処理で1時間かかると言われていますから、両脇処理するとなると一回当たり2時間かかります。

毛抜きを使った場合、カミソリなどの処理と比べて毎日処理する必要はありません。

とはいうものの、4日後くらいには半袖を着にくくなるくらいには生えてきます。すると、また2時間かけて処理しないといけませんよね。

それを一年中続けるとすると…だいたい180時間くらいかかります。トータルで、一年の内うち7日も脇と向かい合わなければなりません。

さらに脇以外にも処理するとなるともっと時間がかかってしまいますよね。

「時間が無いから…」とクリニックに行くことを断念している方は、案外かなりの時間を無駄にしているかもしれませんよ。

処理し忘れの可能性

毛抜きを使ったムダ毛処理のもうひとつのデメリットは、処理し忘れの可能性があることです。

毛抜きを使ったムダ毛処理にはかなり時間がかかります。

そうなると、「明日は何の予定もないし、今日は処理しなくていいかな…」や「完璧じゃないけど今日はこのくらいでいいかな…」という気持ちになることもあります。

あるいは、そもそも処理し忘れに気が付かいこともしれません。

せっかく予定が入っても、処理が完璧じゃないために楽しめなかったり、指摘はされないかもしれませんが、好きな人に処理し忘れに気付かれたりしてしまったら嫌ですよね?

毛抜きを使ったムダ毛処理には必ず限界があるのです。

まとめ

脱毛でムダ毛処理からの解放

以上、毛抜きを使ったムダ毛処理の危険性やデメリットについてお伝えしました。

毛抜きを使ったムダ毛処理は一見手軽に思えるかもしれませんが、気付かないところでかなりの時間を費やしていたり、お肌へのダメージの原因になったりします。

「時間がないから、お金がないから…」といった理由で脱毛クリニックやエステサロンに通うことを断念している人も、「カミソリが怖くて…」と毛抜きで自己処理している人も、「癖になってしまって…」という人も、みなさん「ムダ毛を処理してキレイになりたい」と考えているのだと思います。

今は時間的にも金銭的にも、手軽に脱毛ができるクリニックやエステサロンがたくさんあります。

気になる部分から脱毛を始めてみませんか?そうすることで、お肌のトラブルや無駄な時間の浪費や処理し忘れから解放されるかもしれませんよ。

 

おすすめ!医療脱毛ランキング3選

効果が高く、レーザーなのに

痛くない脱毛機で人気!

 

●全身脱毛(VIO含む):8回

→ 月額 9,100円

●VIO脱毛:8回

→ 月額 3,000円

アリシアクリニック
 

都内では珍しい、女性専門クリニック

医師、看護師、受付スタッフ、全て女性です。

 

●全身脱毛:5回 → 298,000円

●VIO脱毛:5回 → 99,800円

医療脱毛リゼクリニック
 

20代の女性から人気!

2種類のレーザーを選べます(※店舗による)。

 

●全身脱毛(顔・VIO含):6回

 →348,000円!

●VIO脱毛:3回

 → 29,800円!

湘南美容クリニックバナー
 

おすすめ!脱毛サロンランキング3選

予約が取りやすい!

ジェルを使わない脱毛が特徴です!

 

●全身脱毛(33ヵ所):8回

 → 月額 9,500円  初月分0円!

 

安いのに、きちんと効果があると評判のサロン!

 

●全身脱毛(顔除く):6回 → 126,000円

※4回以上のコースを契約、公式アプリダウンロードで50%OFF

 

20年以上続く、脱毛の老舗サロン!

3ヶ月間全額返金保証☆

嬉しいキャンペーンが多く用意されています。

 

●全身脱毛(首から下22ヵ所):脱毛し放題

月額6,500円

\ SNSでシェアしよう! /

MOTETY[モテティー]女性の美の追求し悩みを解決の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MOTETY[モテティー]女性の美の追求し悩みを解決の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

【緊急告知】医療レーザー、光脱毛おすすめランキング9選!
どの脱毛方法を選べば良いのか、クリニック・サロンに行くならどこが良いのか、まだ迷っている貴方へ。

高くても効果がある脱毛方法を選びたい!
●長く通っても良いから、安く脱毛したい!
●出来るだけ安くて、効果の高い方法は無いのかな?
●色々見て比較するの面倒くさいんだけど


そんな貴方のために、医療レーザー脱毛と光脱毛で、おすすめランキングを簡単にまとめてみました!

 
更に詳しく見たい人はこちら

関連記事

  • 医療脱毛中だとインフルエンザ予防接種は受けられない?

  • じんましんでも脱毛できる?施術後赤みやかゆみ、湿疹が出たら?

  • 脱毛後のお風呂がNGって本当?入るとどうなるの?

  • 脇脱毛って何歳から出来る?未成年でも脱毛して大丈夫?

  • 脱毛前後の頭痛薬の服用はNG!その理由と対応策を教えます

  • 毛嚢炎が気になるレーザー脱毛も心配なし!毛包炎の原因と対策を解説