脱毛ラボ家庭用脱毛器ホームエディションの効果は?顔・VIO脱毛できる? - MOTETY[モテティー]女性の美を追求し悩みを解決する脱毛専門サイト
  1. TOP
  2. 家庭用脱毛器
  3. 脱毛ラボ家庭用脱毛器ホームエディションの効果は?顔・VIO脱毛できる?

    脱毛ラボ家庭用脱毛器ホームエディションの効果は?顔・VIO脱毛できる?

     2019/03/08 家庭用脱毛器
    この記事は約 9 分で読めます。 891 Views

    脱毛サロンの脱毛ラボが、家庭用脱毛器「脱毛ラボ・ホームエディション」を新発売しました。

    最新式の家庭用脱毛器「脱毛ラボ・ホームエディション」の効果や機能を徹底解説します

    ケノンなど他社の家庭用脱毛と比較もしたので、家庭用脱毛器の購入を検討しているなら、ぜひ最後まで読んでください。

    脱毛ラボ・ホームエディションはどんな商品か

    脱毛ラボホームエディションは業務用レベル

    脱毛ラボ・ホームエディションの商品仕様です。

    脱毛方法フラッシュ式
    照射面積4.16c㎡
    照射数300,000発
    照射レベル1~5まで調整できる
    サイズ幅7.6cm✕長さ17.1cm✕高さ4.9cm
    重さ277g(本体のみ)
    コードの長さ1.8m
    ランニングコスト0.3円(1日15分使用した場合)
    保証期間1年間
    付属品ACアダプター、ゴーグル 各1

    照射数の30万発を具体的にイメージできないかと思いますが、全身脱毛が300回できる回数と思ってください。

    家庭用脱毛器で冷却機能付は脱毛ラボ・ホームエディションだけ

    脱毛ラボホームエディションは冷却機能付き

    脱毛サロンと同じように、家庭用脱毛器を使う場合も患部を冷やしながら照射します。

    他メーカーの家庭用脱毛器は、照射する度に保冷剤を患部に当てるか、冷却用ヘッドに付け替えて冷やすかです。

    この作業、意外と手間がかかります。

    でも、脱毛ラボ・ホームエディションは、ヘッドに冷却機能が付いているから照射の度に患部を冷やす手間がありません

    施術が全て終わってから照射した患部を冷やせばOKです。

    脱毛ラボ・ホームエディションのおすすめポイント

    • 業務用と同レベルの照射パワー
    • 痛みが少ない
    • 冷却機能搭載 体温比マイナス31度、照射のたびに冷やす手間なし
    • 1秒間隔で連射、全身脱毛が最短15分で終了
    • レベルを5段階に変更できる
    • 残りの照射数がディスプレイで見える
    • 軽量だから持ちやすい、使いやすい 277g

    脱毛ラボ・ホームエディションはコンセントにコードを差し込めばすぐに使えます。充電式のように途中で充電が切れるストレスはありません

    本体が277gと軽量なので操作しやすいです。

    脱毛ラボ・ホームエディションは本当に効果がある?

    脱毛ラボ・ホームエディションは全身の部位を脱毛することができます。

    脱毛ラボホームエディションは顔もVIOも

    目、耳、乳首、乳輪、へそ内部、外陰部、膣部、肛門、男性器以外は脱毛することができます。

    脱毛ラボと同等レベルの出力でアプローチ

    脱毛ラボ・ホームエディションは最大3ジュールと業務用脱毛器と同等の出力パワーがあります。

    1回ずつの照射の他、連射モードも搭載されているので施術時間が短縮できるので、最速15分で全身脱毛も可能です。

    ちなみに、脱毛ラボ・ホームエディションはフラッシュ式だから永久脱毛ではありません。あくまでも減耗と抑毛効果です。

    家庭用脱毛器は効率の良い脱毛方法だった!

    脱毛サロンで脱毛する場合、毛周期に合わせて約2ヶ月に1回のペースで通います。

    毛周期の解説図

    毛周期は毛が生え変わるサイクルですが、約2ヶ月ペースで成長期~後退機~休止期~成長初期~成長期を繰り返します。

    しかし、脱毛器の光が反応するのは成長期のムダ毛だけ。だから2ヶ月に1回の施術が効率の良い通い方なのです。

    ところで、毛は1本1本の毛周期が同じペースではないですよね。

    例えば、成長期のムダ毛の近くにその1ヶ月後に成長期を迎えるムダ毛もあるわけです。

    ということは、2ヶ月に1回より短い間隔で照射しても、常に光に反応する成長期の毛はあるわけです。

    でも、脱毛サロンの回数制だと通える回数が決まっているし、通い放題や月額制でも、頻繁に通うのは大変です。

    あくまでも、「2ヶ月に1回の施術」は効率が良い間隔という意味で脱毛サロンが推奨しているのです。

    その点、家庭用脱毛器なら毛周期を気にせず、2ヶ月に1回よりも短いサイクルで施術できるので、脱毛サロンよりも効率的な脱毛方法なのです。

    脱毛ラボ・ホームエディションは顔脱毛に効果あり!

    脱毛ラボ・ホームエディションは顔脱毛におすすめだと思います。

    理由その① 顔のムダ毛は産毛だからです!

    脱毛器の光は毛のメラニン色素に反応するので、顔の産毛のように色素が薄い毛だと効果がでるのに時間がかかるのです。

    でも、ホームエディションなら何回やっても追加料金がかかりません。

    理由その② 気になるヶ所を重点的に照射できる!

    私は鼻下を含む口周りの産毛が濃いのですが、脱毛サロンで顔脱毛をすると全体的に照射されるので効果の出方が部分により違うのです。

    脱毛ラボホームエディションは軽量・コンパクトで使いやすいから、シェーバーを使う感覚で手軽に使っています。

    理由その③ 硬毛化、毛のう炎になりにくい!

    顔の皮膚はとてもデリケートなので、脱毛サロンや医療脱毛だと威力が強すぎて硬毛化や毛のう炎が起こりやすいのです。

    脱毛ラボ・ホームエディションでレベル1から脱毛を初めて、肌状態をみながらレベルと上げていけば硬毛化や毛のう炎を防げます。

    脱毛ラボ・ホームエディションはVIO脱毛もおすすめ

    脱毛ラボホームエディションVIO

    家庭用脱毛器だとVIOの脱毛はあまり推奨していません。

    でも、脱毛ラボ・ホームエディションは冷却機能が付いているからVIO脱毛もできます

    IラインやOラインは自分で見えにくいから正直いうとセルフ脱毛は大変ですが、鏡を使うとなんとかできます。

    Vラインのアンダーヘアの形を整えたりをパイパンにするのはちょっと難しいですが、全体的に毛量をへらすにはおすすめだと思います。

    顔脱毛と同様に気軽に使えるから便利ですよ。

    脱毛ラボ・ホームエディションを実際に使った感想

    実際に脱毛ラボ・ホームエディションを使ってみた私の感想を書きますね。

    • 充電しなくて良いから思い立ったらすぐ脱毛できる
    • 形が握りやすいし軽いから持ちやすい
    • 照射口が四角で大きいから自分でやっても照射漏れしなさそう
    • 照射レベルは5段階くらいがちょうど良い(10段階あっても使いこなせないかも?)
    • 照射のたびに保冷剤などで冷やす必要がないのは良い
    • コンパクトなので置き場所に困らない

    脱毛ラボ・ホームエディションはカートリッジの交換ができません。だから30万発を使いきったら脱毛できないから使い捨てということになります。

    でも、私は、カートリッジは購入するのも交換するのも面倒くさいなと思うのです。

    それに、使っているうちに本体がボロクなるだろうし、もしかして何年もする間に機能も進化するだろうし…。

    それを考えるとカートリッジは交換式じゃなくても良いと思いました。

    脱毛ラボ・ホームエディションは安全面に保証あり

    脱毛ラボは、脱毛専門サロンですが、皮膚の専門メーカーのドクターシーラボの関連会社でもあります。

    皮膚と脱毛の専門メーカーがタッグを組んでが開発した家庭用脱毛器なので安全性は間違いありません

    おなじ箇所に重ねうちをしてヤケドなどの肌トラブルが起きないように、照射面を肌に接触した状態が8秒間続くと自動の安全機能が作動して照射できなくなります。

    ヘッド部分に冷却機能が付いているから照射しながら痛みや赤みを鎮静ケアできますし。

    自分で脱毛するのは肌トラブルが少し心配でしたが、これだけ安全機能が付いているなら安心して使えると思いました。

    万が一、故障や不良があっても1年間は無償交換してくれます。

    他の家庭用脱毛器(ケノン、ブラウン、トリア)と比較

    家庭用脱毛器の種類は3つ

    家庭用脱毛器として市販されているものには3種類があります。

    仕組み痛み商品名
    レーザー式レーザー痛いトリア
    フラッシュ式痛くないホームエディション
    ケノン
    レイボーテ(YA-MAN)
    シルクエキスパート(BRAUN)
    TableTableTableノーノーヘア(YA-MAN)

    サーミンコ式は熱線でムダ毛を焼き切る仕組みなので脱毛でなくて除毛です。

    脱毛効果があるという意味で、レーザー式のトリア、フラッシュ式のケノンと脱毛ラボホームエディションを比較します。

    ケノン、ブラウン、トリアと比較

    家庭用脱毛器の人気商品であるケノン、ブラウン、トリアと脱毛ラボホームエディションを比較してみました。

    レベル調整美肌効果照射面積重さ
    ホームエディション5段階4.16c㎡277g
    ケノン10段階7c㎡120g
    シルクエキスパート5~10段階3.0c㎡325g
    レイボーテ5段階3.0c㎡325g
    トリア5段階0.78c㎡584g

    レーザー式のトリアだけが充電式です。

    美肌効果をうたっているのはケノンとレイボーテだけです。

    でも、ムダ毛がなくなると毛穴が引き締まるので、ホームエディションで脱毛しても肌はツルツルになります

    一番軽量なのはケノンですが、脱毛ラボホームエディションの重さでも使いやすさに問題はありません。

    まとめ:脱毛ラボ・ホームエディションは公式サイトから購入するのがお得

    家庭用脱毛器 脱毛ラボ・ホームエディションは、市販されている家庭用脱毛器の中で機能的、効果的、使い方的にもおすすめの脱毛器です。

    ないより、皮膚の専門家のドクターシーラボが開発しているから安心です。

    脱毛サロンに通う時間がない!

    VIO脱毛を人にやってもらうのが恥ずかしい!

    脱毛サロンに通うより安く脱毛したい!

    こんな方に、家庭用脱毛器「脱毛ラボホームエディション」はおすすめです

    脱毛ラボホームエディションは、脱毛ラボの店舗か脱毛ラボが運営している公式サイトから購入することができます。

    今ならシェーバーとセットのお得なキャンペーンを実施中です!

    詳しくはこちらをクリックしてください!↓ ↓ ↓

     

    脱毛ラボのことも知りたい方はこちら↓ ↓ ↓

    \ SNSでシェアしよう! /

    MOTETY[モテティー]女性の美を追求し悩みを解決する脱毛専門サイトの注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    MOTETY[モテティー]女性の美を追求し悩みを解決する脱毛専門サイトの人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

    関連記事

    • ケノン脱毛は何回で効果が出る?脇とVIO は脱毛完了までに何回必要?