自力で永久脱毛って可能なの?セルフで脱毛したいかた必見です
  1. TOP
  2. 自力で永久脱毛って可能なの?セルフで脱毛したいかた必見です

自力で永久脱毛って可能なの?セルフで脱毛したいかた必見です

 2017/07/26 脱毛の基礎知識 脱毛の口コミ・評判
この記事は約 9 分で読めます。 792 Views
自力で脱毛できるのか徹底検証

ムダ毛の悩みを解消したい、そろそろムダ毛処理に力を入れなくちゃ!

と思っていてもなかなか何をやったらいいのかわからない、医療クリニックにいったらいいのか、自力で処理をしたらいいのか、、。

そんな悩める方に判断材料となるポイントを伝授します。

永久脱毛ってどういうこと?

永久脱毛という言葉をよく耳にしますが、何をもっての永久脱毛なのかご存知ですか?

一生毛が生えてこなくなること?

でもよく脱毛サロンの口コミで、毛が生えてきてしまったなんていうのをみたことがある方も多いのではないでしょうか。

実際に永久脱毛について調べてみました。

永久脱毛だと本当に毛が生えてこなくなるのか?

永久脱毛とは

“高い減耗率を長期間にわたって維持できる脱毛法”

のことをさします。米国電気脱毛協会によると、

“最終脱毛から1カ月後の毛の再生率が20%以下である脱毛法”

としています。

 

美容電気針脱毛なら2度と毛が生えてこない

二度と毛が生えてこない脱毛法はニードル脱毛といって美容電気針脱毛とも言われます。

この施術は

・医療機関のみで行うことができる施術

・針を毛穴に刺し電気を流す、そして毛根を死滅させるというしくみのため痛みを伴う

・費用が高く目安としては1分あたり600円前後(5本~10本)

 

ということで永久的に毛が生えてこないというメリットの半面、痛みや費用面などのデメリットがついてくるというわけですね。

エステサロンやクリニックでの脱毛のメリット

医療レーザー脱毛で永久脱毛に近づける

レーザー脱毛の場合は医療クリニックでの施術が可能です。

レーザー光線またはその他の強力なエネルギーを有する光線を毛根部に照射して毛根部分を破壊する行為は、医療クリニックのみで認められており、医師のいない脱毛サロンではできません。

医療レーザー脱毛の施術の特徴は次のとおりです。

・2.3カ月に1度通い、合計で5.6回通うと自己処理が楽なレベルに、毛が目立たない程度にまでなる。

・前述したニードル脱毛よりも痛みは少ない。

・費用は脱毛サロンよりは高いがニードルよりも安い。

 

光・フラッシュ脱毛は減毛・抑毛

光、フラッシュ脱毛と呼ばれる一般的な施術は、脱毛サロンで受けることができます。

この施術は、

・医療レーザーよりも多く通う必要がある

・2・3カ月間隔で15回程度通うと自己処理が楽になるレベルまで脱毛できる

・痛みはほとんどないか、感じてもレーザー脱毛よりは軽い

 

といった特徴があります。

痛みに弱い方にはこの光脱毛をおすすめですね。

最大のメリットとしては痛みが少ないということです。

デメリットとしては、効果を感じるまでに少々時間がかかるということとですので、脱毛というよりも減耗や抑毛を目安に考えておくと間違いありません。

 

自力で永久脱毛に近づけることは可能?メリットとデメリット

エステサロンと同様の仕組みの、家庭用の光脱毛機で減毛、抑毛は可能な時代です。

どのようにして自己処理をやるのか、セルフの脱毛方法を御紹介します。

 

家庭用脱毛機のメリット

まず家庭用脱毛器の優れている点は次のようなことです。

・通う手間がなく好きな時にできる

・毛深くても、臭いが気になる箇所も恥ずかしくない

・サロンやクリニックに比べて安い

・施術を受けているときに会話をしなくてよい

・しつこい勧誘をされないから気持ち的にラク

 

自分でできるという気軽さが家庭できる脱毛の特徴です。

家庭用脱毛器のメリットデメリット

家庭用脱毛機のデメリット

メリットの反面、デメリットもあります。

・定期的に長く続けるには根気がいる

・背中や腰など自分では処理しにくい箇所がある

・ムダ毛が気にならなくまでにクリニックよりは長くかかる

・脱毛できる箇所とできない箇所、届かない場所などムラが出てしまうことがあり

・カートリッジの取り換えなど家庭用脱毛機のメンテナンスも必要

・意外とめんどうくさい

 

最初はやる気満々で脱毛機を使い始めても、途中で飽きたり面倒になったりしてクローゼットにしまい込んだまま、というのもよく聞く話です。

セルフで永久脱毛に近づけたい!家庭用脱毛機の選び方

でもやっぱり自力での脱毛をやりたいというひとは、家電量販店やネットで購入できる家庭用脱毛機がおすすめです。

ではどういった脱毛機がいいのか御紹介していきたいと思います。

脱毛機を選ぶポイント

購入するとき、他の機器と比較するときにみるポイントをまとめてみました。

比較ポイント

・価格・1度に処理できる面積

・使用方法

・脱毛だけなのか、美肌効果もあるのか否か

・1つのカートリッジでできる照射回数

・使用可能な部位

・持ったときの重さ

・コードレスなのか否か

・お手入れは面倒ではないか

 

家庭用脱毛機の比較表

人気の家庭用脱毛機2種を比較してみました。

アフターメンテナンス費用や付属品の購入なども含めてジャッジしたいですね。

カートリッジの取り換え頻度なども費用に含めて購入の参考にしてください。

 

ケノン トリア
価格 69,800円 54,800円~
光・レーザーの照射パワー 10段階 5段階
照射口のサイズ 25ミリ×37ミリ 直径約8~10ミリ
照射可能回数 レベル1で160,000発

レベル10で10,000発

*ワキ、両ひじ下、両ヒザ下の3部位を脱毛する場合、約1年間もちます

1回の充電で600回程度照射可能

*600回照射は太もも片方の1回のお手入れ分程度です

内臓電池の充電可能回数は約500回

照射可能な部位 ほぼ全身

※IとOライン、眼球の周りなどのデリケート部分は不可または避けることをお勧め。

ホクロやシミ、傷跡、日焼けなど皮膚の色が濃い部分は使用不可。

ほぼ全身、Vライン可

※顔の鼻から上部分(目、眉毛、まぶた、まつ毛の目元、額、こめかみ、ほほ骨、鼻の穴)は不可。

またデリケートゾーンやホクロやシミがある部分、日焼けやピーリング後など肌が健康でない状態は使用不可。

重さ 1.6キロ(総重量)

ハンドピース(照射する部分)約120グラム

584グラム

 

●生産背景

ケノンは日本製、トリアはアメリカ製です。国産にこだわりを持っている方はケノンをおすすめします。

●メンテナンスコスト

また全身を脱毛したいという方で、なおかつコスパを考えるとケノンがオススメです。

ケノンはカードリッジ9,800円(エクストララージサイズ)の買い替え費用、トリアはバッテリーを買い替えると20,000円が必要となります。

消耗品の価格を比較するとコスパがいいのはケノンです。

●使用感

ケノンは照射する面積が広いので、広範囲を処理するのに向いてます。しかし、サングラスをつけなくてはいけなかったりという部分ではマイナスかもしれません。

トリアは照射部分が小さいからこそ指などの細かい部分まで照射がきっちりできるしコードレスなので照射しやすいというメリットがあります。

ケノンはチャージ時間が5秒あるのに対して、トリアはチャージ時間がないため次々と照射していくことができます。

機器の重さも使い勝手を左右します。

ケノンはハンドピースなので軽いですが、トリアは本体をもって照射することになります。

重さにストレスを感じる方はケノンがいいでしょう。

●充電方法

ケノンは本体を電源コードに接続したまま使用します。

一方で、トリアは充電式のため充電が切れることも可能性的にはあります。

トリアは使っていないときでも常にフル充電にしておく必要があります。その部分が気にならない方でコードレスがいいという方にはトリアがおすすめですね。

重さ、照射のしやすさ、接続の問題、照射可能な箇所など、何を最優先にしたいか、自分が重視することと照らし合わせてみましょう。

セルフ脱毛が大変そう、と思ったら医療レーザー脱毛がおすすめ

自分の性格を分析して、やっぱりセルフ脱毛はめんどうくさそう、続きそうもないなと思う方はやっぱり医療レーザー脱毛がおすすめです!

脱毛はプロに任せるほうがおすすめです。

医療レーザー脱毛のメリット

家庭用脱毛機を比べるとメリットはやはりめんどうくささがない、届かない場所まできちんと脱毛できる、ということですね。

レーザー脱毛もトライアルできる

レーザー脱毛の痛みやクリニックの雰囲気も気になるところだと思います。

1回や3回など少ない回数から施術を受けられる料金設定のあるクリニックを選んで、試しにやってみると安心です。

人気の美容クリニックでデリケートゾーンを脱毛する場合の例を挙げます。

 

●湘南美容外科

店舗数が多くコスパの高い美容クリニックです。

Vライン、Oライン、Iライン、へそ下などSパーツ1ヵ所の脱毛は 1回税込6,070円です。

VIOをまるっと脱毛体験したいかたは、

ハイジニーナ(VIO) 1回税込14,580円 がおすすめです。

メディカルエステわき無制限

●渋谷美容外科クリニック

夜遅くまで開いているので忙しい女性におすすめの通いやすいクリニックです。

こちらは3回コースとなりますが、医療レーザー脱毛は3回施術を受けるとある程度効果を実感します。

エチケットVIO(全処理ではなく周囲)3回税別36,000円 *1回あたり12,000円

Vラインのみ 3回税別4,800円 *1回あたり1600円

といったようにかなりお手軽に体験できますね。

医療レーザー脱毛 渋谷美容外科クリニック

医療脱毛のお試しにさらに興味のあるかたはこちらの記事をどうぞ!

医療脱毛もお試しトライアル出来る?全身・VIOのキャンペーン

 

自力で永久脱毛したい場合|まとめ

あなたのムダ毛をどの程度なくしたいかというご要望に応じていろいろな脱毛の方法をご紹介しました。

家庭用脱毛機はクリニックやサロンに比べて安価で自由が効くというメリットがある一方で、継続に根気がいるというデメリットも存在します。

永久脱毛に近づきたい、自己処理をもっと楽にしたいという方には、レーザーで毛根部の細胞を破壊する医療レーザー脱毛の効果が高いのでおすすめです。

3日坊主になりがちなめんどくさがり屋さんには、ぜひともクリニックでの医療レーザー脱毛を試すことをおすすめしますよ!

最後までお読みいただきありがとうございました。

おすすめ!医療脱毛ランキング3選

クリニック 回数、料金と詳細 公式サイト

効果が高く、レーザーなのに痛くない脱毛機で人気!

●全身脱毛(VIO含):8回 → 月額 9,100円

●VIO脱毛:8回 → 月額 3,000円

アリシアの脱毛はコチラ

20代の女性から人気!2種類のレーザーを選べます(※店舗による)

●全身脱毛(顔・VIO含):3回 → 179,800円

●VIO脱毛:3回 → 29,800円

湘南美容外科の脱毛はコチラ

都内では珍しい、女性専門クリニック 医師、看護師、受付スタッフ、全て女性です。

●全身脱毛:5回 → 298,000円

●VIO脱毛:5回 → 99,800円

リゼの脱毛はコチラ

\ SNSでシェアしよう! /

MOTETY[モテティー]女性の美の追求し悩みを解決の注目記事を受け取ろう

自力で脱毛できるのか徹底検証

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MOTETY[モテティー]女性の美の追求し悩みを解決の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

香澄

香澄

この人が書いた記事  記事一覧

  • 毛嚢炎が気になるレーザー脱毛も心配なし!毛包炎の原因と対策を解説

  • 脱毛タオルで背中の産毛をラクに処理できる?効果とおススメ大公開

  • 脱毛前に最適の人気シェーバーは?選び方からケアまで徹底紹介!

  • 脱毛と赤みの関係|かゆみや炎症、脱毛前後のトラブル解消方法

関連記事

  • え?!光脱毛は効果ない?!【脱毛1回目~完了までの期間回数】

  • 敏感肌で悩んでいる人必見!デリケート肌におすすめの脱毛方法!

  • 脱毛前後は運動NG!いつからなら平気?なぜダメなの?

  • 脱毛に行くときの服装は?押さえておくべき4つのポイント

  • VIO脱毛が恥ずかしい!気持ちを軽くできた方法【私の体験談】

  • 未成年は脱毛できる?効果はある?親にないしょはダメ?