知っておきたい!医療脱毛のメリット・デメリット
  1. TOP
  2. 知っておきたい!医療脱毛のメリット・デメリット

知っておきたい!医療脱毛のメリット・デメリット

 2017/11/02 医療レーザー脱毛 失敗やリスク
この記事は約 15 分で読めます。 698 Views

医療脱毛をしたいけれど、リスクは本当にないのか心配ではありませんか?

一生消えない跡が残る、耐えられないほどの痛みを我慢しなくてはいけない等、巷には医療脱毛のデメリットに関する噂が数多く出回っています。

実際のところ、不安があって医療脱毛に躊躇している人は多いのではないかと思います。

今回はそんな皆さんのお役に立てるよう、実際に医療脱毛を経験した私が医療脱毛の副作用とデメリットについてとことん解説をします!

脱毛をした後に感じたメリットも余すことなくご紹介♪

Contents

医療脱毛にはレーザー脱毛と蓄熱式脱毛の2タイプがある


レーザー脱毛は、メラニン色素に反応をするレーザーが毛穴の奥にある毛を作り出す毛乳頭を破壊します。毛乳頭が破壊させた毛は抜け落ち、毛が再生しなくなります。


蓄熱式脱毛は毛穴の手前のバルジ領域にある毛乳頭を育てる幹細胞を破壊し、毛乳頭の働きを止めることで毛が弱り抜け、再生しなくなります。
毛周期に関係なく脱毛ができるので、最短で3週間おきに脱毛施術が可能です。

レーザー脱毛と蓄熱式脱毛/それぞれの特徴とメリット・デメリット

脱毛の強さ、レーザーで脱毛をする点はレーザー脱毛も蓄熱式脱毛も同じですが、脱毛の仕組みに違いがあります。

脱毛の仕組みの違いにより効果を感じるまでに差はありますが、脱毛完了までに必要な回数に差はありません
レーザー脱毛も蓄熱式脱毛も脱毛完了までに必要な施術回数は5、6回とされています。

ですが脱毛の仕組みが違うことで、メリットとデメリットにも違いがみられます。

メリット デメリット
レーザー脱毛 ・1度の脱毛で効果を感じられる

・施術から10日~14日で抜ける

・シミ、ニキビ跡などの肌ケアも同時にできる

・痛い

・肌深部まで熱が届くので、肌負担がかかる

・2ヶ月に1度しか施術ができない

蓄熱式脱毛 ・痛みがほとんどない

・肌の浅いところを脱毛するので肌負担が少ない

・毛周期に関係なく脱毛できるので短期間で完了できる(3週間~1か月おき)

・日焼け肌、色黒でも脱毛ができる

・効果を感じるまでにレーザーより時間がかかる(3回必要とされている)

・施術から毛が抜けるまで2~3週間かかる

・最新機器のため実績が少ない

 

医療脱毛の副作用とデメリット

ここでは噂されるデメリットだけではなく、実際に医療脱毛を受けて私が体験したデメリットをご紹介します。

医療脱毛を考えている人は参考にしてくださいね!

発がん性の危険はあるのか、医療脱毛の健康被害

皮膚科・形成外科の医師が設立した日本医学脱毛協会では、脱毛による発がん性はないことを明言しています。

その理由は、皮膚がんの原因は紫外線であるのに対し、脱毛機器の光は赤外線だからです。紫外線と赤外線は異なります。

紫外線と赤外線の違い

紫外線・・・波長が短い。日焼けをする性質を持つ。この性質が発がん性を持つ。
赤外線・・・波長が長い。日焼けをする性質を持っていない

医療脱毛はどれくらい痛い?痛みをカバーする方法は?


医療レーザー脱毛の痛さはゴムをはじいた程度の痛さです。蓄熱式脱毛はこれほど痛くありません。ピリっと感じる程度です。

ワキ、頬、スネ、足首、VIOは通常よりも痛みを感じやすくなる傾向があります。痛みを感じやすい原因は皮膚の薄さと血管の多さと関係があります。

痛みの改善策として、別途費用はかかりますが麻酔を使用することで痛みを感じることなく脱毛ができます。麻酔は使用する量で料金も変わりますが、1回の脱毛で1,500円~3,000円ほどです。注射ではなくクリームを塗る麻酔なので、注射が苦手な人でも安心です。

若しくは、蓄熱式脱毛を選ぶことも痛みの改善策になります。蓄熱式脱毛はレーザー脱毛より大幅に痛みを感じにくく、痛みに極端に弱い人でなければストレスをかかえることなく施術を完了できます。

脱毛後数日はシミが濃くなる、肌に赤みが出る副作用


脱毛はレーザー熱で細胞を破壊するので、肌に熱がこもります。
肌の内側から熱を帯びているので、熱が放出されるまでの脱毛後3日間は肌が赤くなり、シミも濃く見えてしまいます。

赤みの強さには個人差がありますが、メイクでカバーしにくい場合もあるので回復するまでにダウンタイムがあります。
肌から熱が放出されたら、赤み、シミの濃さは自然と元に戻ります

脱毛をしてもシミが永遠に濃くなることはありません。
シミを濃くするのは紫外線であり、脱毛器は赤外線でそもそも放出している光の性質が異なるからです。
ですが気になる人は、脱毛施術時はシミを避けてもらいましょう。

脱毛後は皮脂が出やすく、乾燥をして毛穴も目立つことも

脱毛をすると肌内部は熱をもちます。
熱をもつと皮脂が出るため毛穴が開き、体内の水分が足りなくなって肌の乾燥に繋がります。
肌表面がべたつくので皮脂ケアをしたいところですが、収れん化粧水などを使用した皮脂ケアは乾燥を悪化させてしまうので保湿には逆効果です。

良く泡立てたソープで雑菌をしっかり落としてローションパックと水を多く飲み、外側と内側から水分補給をしましょう。

ワキ汗が増えたような感覚がある


汗が増えたと感じるのは、毛がなくなって汗が肌をダイレクトにつたうようになるからです。

脱毛行為は汗腺を刺激することは一切なく、脇脱毛をすると汗をかきやすくなるリスクは存在しません。

汗腺という汗が出る原因がワキには集中しているため、普段からワキは汗をかきやすい部位となります。

脱毛をすると逆に通気性がよくなって、雑菌のケアを十分に行えるようなるので、気になる臭い対策もしっかりできます。

脱毛前後は代謝が上がる飲酒、お風呂の入浴、運動など禁止事項がある

脱毛後3日~1週間は血流が良くなる行為は禁止になります。
血流が良くなると体温があがり、皮膚の炎症、湿疹を引き起こすからです。

マッサージ、ヨガ、サウナ、性行為も禁止対象となるので、注意をしてください。

再開可能の目安は、体の火照りが完全になくなってからにしましょう。

低い確率だけど、硬毛化・多毛化の副作用がある

細い毛、産毛が脱毛の副作用で濃い毛になることを硬毛化といい、毛の量が増えることを多毛化といいます。

硬毛化と多毛化が起きる原因は未だに解明されていません。

したがって対策法はなく、硬毛化・多毛化を起こした場合は追加で脱毛照射を行い、対応をします。

硬毛化と多毛化が起きやすいパーツは産毛が多い背中・二の腕・顔と言われています。

産毛が多い人は硬毛化・多毛化の無料保証が完備されているクリニックで脱毛をすると追加コストがかかりません。

又はコースで脱毛回数が多く設定されているクリニックを選ぶと安心です。

毛嚢炎、ニキビができやすい


毛嚢炎とは白ニキビに似た小さな湿疹で、ニキビと間違えられることの多い皮膚疾患です。

毛穴の中にブドウ球菌が侵入をすることで発症します。
毛嚢炎ができる原因は肌が不衛生であること、肌が蒸れて雑菌が湧いたことが主です。肌を清潔に保つことで自然に完治をします。

毛嚢炎は医療脱毛よりも、カミソリの自己処理が原因で発症する確率の方が高いと言われています。

毛嚢炎・・・毛穴の中に芯がない乾燥した箇所にできる

ニキビ・・・毛穴の中に芯がある皮脂が比較的多い箇所にできる

脱毛施術中に焦げた匂いが不快なことも

医療脱毛は照射パワーが強いので毛が焼けて、施術中に焦げ臭い瞬間があります。

照射パワーが低めの光脱毛では臭いをほとんど感じないので、焦げ臭さは医療脱毛のデメリットになります。

大半の人が気にならないと回答をしますが、ワキ、Vラインのように毛が多い部位は他部位より匂いが出るのでより不快に感じることもあります。

医療脱毛はエステサロン脱毛よりも高額

即効性があって医療従事者が施術をしてくれる安全があるものの、医療脱毛は料金がサロン脱毛に比べて高くなります。

医療脱毛は光脱毛よりも約2倍のコストがかかります。

始めは料金が高いと感じても、脱毛効果の高さから脱毛後に高い料金を払って良かったと感じるのも医療脱毛です。

 

医療脱毛のデメリットの影響は必ず受けるわけではない!


医療脱毛のデメリットは誰でも必ず影響を受けるのではなく、脱毛を受けるタイミングを見極めて、予防とアフターケアで回避することができます。

脱毛中はトラブルが起きていないか医師か看護師が慎重に見極めながら進めてくれるので、デメリットを受ける確率はさらに減ります。

簡単!医療脱毛のデメリットを予防する方法

デメリットが起きないための対策とアフターケアはどれも簡単で、面倒くさがりの人でも実行できるものばかりです。

・脱毛後は冷やす(赤みがある箇所、火照りがある箇所)
・ローションパックで保湿
・アルコール無配合の化粧水を使う
・お風呂、運動、お酒など代謝が良くなる行為はしない
・低刺激性の日焼け止めを使う
・生理前後、花粉症の時期は避ける
・タオルでゴシゴシ拭く、ボディブラシなど肌を摩擦する行為はしない
・泡のみで洗浄し、肌を清潔に保つ
・脱毛前は薬の服用を避ける

医療脱毛のリスクがもっとも高いのは顔?


顔は体の中でもっとも脱毛の影響が出やすくなる部位です。

顔は他の部位よりも毛細血管が多いうえに皮膚が薄くメイクによる負担もかかえているからです。
また、常に外気にさらされているため、外的要因のリスクも受けています。

こういった理由から、顔脱毛をする人は脱毛前後の対策とケアを怠ることなく、入念に行いましょう

正しいシェービング方法で脱毛の負担はもっと減ります!

脱毛前のシェービング/背中とVIOの剃り方~知っておきたいリスク

サロンの光脱毛、ワックス脱毛、自己処理のデメリット


医療脱毛以外にも脱毛方法はあります。他のムダ毛お手入れ方法がもつデメリットを紹介します。

エステサロン脱毛 ブラジリアンワックス シェービング
・施術する人が医療従事者ではない

・効果が出るまでに時間がかかる

・肌が軽いやけどになる

・脱毛完了までに時間がかかる(2~4年)

・永久脱毛の効果が低い

・毛といっしょに表皮も剥ぐ

肌が常に乾燥する

・ターンオーバーが乱れて慢性的な肌荒れになる

すぐに毛が生える

・痛い

・肌が化膿しやすい

毛穴が永遠に閉じなくなる危険がある

・毛といっしょに表皮も削れる

・毛穴が炎症しやすい

埋没毛などの毛穴トラブルになる

毛穴の黒ずみが慢性的になる

・肌の健康が安定しにくい

医療脱毛は一時的にリスクをかかえるものの、終わりがあります。

それに対して他のお手入れは永久脱毛効果がないので、永遠にムダ毛処理を繰り返さなくてはいけません

お手入れを永遠に繰り返すことは肌への負担を常に与えて、自己処理リスクを受け続けるデメリットを避けることができません。

デメリットを上回る!?医療脱毛のメリットとは


医療脱毛をした人は皆さん、口をそろえて「医療脱毛をしてよかった」と答えます。

筆者である私も医療脱毛経験者ですが、最もやって良かった美容が医療脱毛です!
ここでは医療脱毛のメリットをご紹介します。

短期間で毛穴レスのツルスベ肌になる

医療レーザー脱毛は最短で1年蓄熱式脱毛は最短で半年の期間で脱毛が完了します。
ムダ毛は徐々に減っていくので、脱毛を3回した頃には毛穴レスは既に実感することができると思います。

≪脱毛をすると毛穴レスになれる理由≫

①毛穴を開かせているムダ毛がなくなるから

②化粧水の浸透を邪魔するムダ毛がなくなり、スキンケアの効果が高まるから

色黒肌、日焼け肌でも医療脱毛ならリスクがない

地黒肌、日焼け肌の人は医療脱毛以外の光脱毛、シェービングによる自己処理、ワックス脱毛は色素沈着をとシミの原因になるので脱毛ができません

医療脱毛はそういった悩みを持つ人にも対応した高度な脱毛器です。

ですが日焼けをしたばかりの炎症した肌では医療脱毛でもリスクが伴うので脱毛ができません。あくまでも、日焼けをして肌の色が濃い人でも脱毛ができるということです。

今まで諦めていた人も脱毛を検討してみてくださいね!

脱毛と同時にニキビ跡やシミ治療ができる脱毛器もある


医療脱毛の脱毛器にはいくつか種類があり、脱毛をしながら肌細胞の活性化を促す効果がある、女性には嬉しい脱毛器もあります。

肌細胞が活性化するとシミやニキビ跡の改善だけでなく、肌のコラーゲンが生成されてハリのあるお肌を目指すことができます。

≪美肌効果がある脱毛器について知りたい人はコチラ ↓

医療脱毛7院の料金とサービスを比較/全身脱毛をお得にしよう!

医師か看護師が施術をするので肌トラブルになる確率が低い

医療従事者であれば、脱毛前、脱毛中の肌がトラブルになる前の微妙な変化を逃さないので安全に脱毛を進めることができます。

脱毛前に医師が必ず診察をしてくれることもメリットです。

後になって肌トラブルが起き、後悔しないためにも脱毛選びは重要です。

自己処理による肌荒れと面倒がなくなる

自己処理は埋もれ毛、肌を健やかにするターンオーバーを乱す等のリスクがあります。

肌が荒れるだけでなく、シェービングの手間も面倒です。

脱毛をすると自己処理による肌荒れのリスクを回避し、シェービングの手間もなくなります。

彼からの急なお誘い、海水浴でも慌てない

恋人と会う前はほとんどの人が必ず自己処理をすると思います。

けれども急に会うことになったとき、ムダ毛はそのまま・・・。脱毛はそんなときに慌てずに済むメリットがあります。

夏に海水浴やプールに出掛けて剃り残しに慌てる心配もありません

また、自己処理後の海水浴は潮が肌の炎症を引き起こすこともあります。脱毛はこういった多くのリスクから解放をされます。

いろいろなファッションを楽しめる


スカートはもちろん、背中とうなじを出したオフショルダーのトップスも定番ファッションとして定着しつつありますがムダ毛を残したままでは残念ファッションに

脱毛をした後は肌を露出したファッションを自由に楽しむことができます。

医療脱毛をすると10年後の肌に差がつく!

毛穴レスのツルスベ肌を目指して高価なスキンケアを使用したり、毛穴をカバーするコスメでメイクをしたり、女性の皆さんは様々な努力をしているかと思います。

脱毛をすると毛穴の開きを助長している毛がなくなり、スキンケアの効果が格段にアップします。

スキンケアの効果があがることで毛穴が閉じて、メイクによる肌負担もなくなります。

今回は医療脱毛のデメリットを中心にご紹介しましたが、デメリットがあっても医療脱毛をするメリットはこのように大変大きいです!

医療脱毛で10年後、20年後の肌に差をつけましょう♪

脱毛をすると毛穴は消える?目立つ?脱毛が与える毛穴への効果

おすすめ!医療脱毛ランキング3選

効果が高く、レーザーなのに

痛くない脱毛機で人気!

 

●全身脱毛(VIO含む):8回

→ 月額 9,100円

●VIO脱毛:8回

→ 月額 3,000円

アリシアクリニック
 

都内では珍しい、女性専門クリニック

医師、看護師、受付スタッフ、全て女性です。

 

●全身脱毛:5回 → 298,000円

●VIO脱毛:5回 → 99,800円

医療脱毛リゼクリニック
 

20代の女性から人気!

2種類のレーザーを選べます(※店舗による)。

 

●全身脱毛(顔・VIO含):6回

 →348,000円!

●VIO脱毛:3回

 → 29,800円!

湘南美容クリニックバナー
 

\ SNSでシェアしよう! /

MOTETY[モテティー]女性の美の追求し悩みを解決の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MOTETY[モテティー]女性の美の追求し悩みを解決の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 最新医療脱毛機器、値段や効果は?違いを徹底比較!

  • 脱毛前後の頭痛薬の服用はNG!その理由と対応策を教えます

  • 【2018最新】おすすめ医療レーザー脱毛ランキング決定版!

  • VIO脱毛で毛がまだらに…原因と解決法は?

  • クリニックで医療レーザー脱毛をしたら健康保険は使えるの?

  • 全身脱毛で後悔する人が多い?対策・改善方法を教えて!