医療脱毛は保険適用されるの?保険証はいる・いらない? - MOTETY[モテティー]女性の美を追求し悩みを解決する脱毛専門サイト
  1. TOP
  2. 脱毛の基礎知識
  3. 医療脱毛は保険適用されるの?保険証はいる・いらない?

    医療脱毛は保険適用されるの?保険証はいる・いらない?

     2018/11/29 脱毛の基礎知識
    この記事は約 8 分で読めます。 429 Views

    医療脱毛は費用が高いので、医療保険が適用されたら良いなと思っている人、結構いると思います。

    • 医療脱毛って保険適用できるの?
    • レーザー脱毛では保険証が必要なの?
    • どうやったら安く脱毛できるの

    色々知りたい人がいるのではないでしょうか。

    結論から言うと、医療レーザー脱毛に保険は適用されません!

    …でも、ガッカリする必要も無いのです。

    保険は適用されませんが、医療脱毛を安く受ける方法はあるからです。

    医療脱毛が保険適用外な理由から、脱毛を安く受ける方法まで書いていきますので、参考にしてみてください。

    医療脱毛は保険適用されない!適用条件と例外について解説


    まず最初に結論から言うと、医療脱毛は医療保険の対象外になります。

    普通の皮膚科、美容外科に関係なく、クリニックでの脱毛でも保険は適用されません。

    医療保険には2種類ある?健康保険と何が違うの?

    私たちが風邪などで病院に行った時、基本的には少ない費用負担で済んでいるのは、『保険』という制度の対象だからです。

    医療保険は、病気やケガをした場合に、国や企業がその一部を負担するものです。

    ですが、そもそも保険というのは、誰でも、何の治療でも使えるわけではありません。

    あなたは、医療保険にも2種類あるのを知っていますか?

    一つ目は、公的な医療保険である、健康保険。

    二つ目は、民間の保険会社と契約して適用される民間医療保険。この2つです。

    私たちが通常病院に行った時に使用しているのは『健康保険』で、医療保険のひとつなのだと覚えておいてくださいね。

    医療保険が使えないケース

    先ほど、医療脱毛には保険が使えないと書きましたが、その理由は、脱毛が美容目的の施術に当てはまるからです。

    いわゆる『自由診療』と呼ばれるもので、利用者が費用の10割を負担します。

    下記に適用外になるものを書きだしてみました。

    医療保険が適用外になるもの
    ・美容を目的とする整形手術
    ・近視の手術など
    ・研究中の先進医療
    ・予防注射
    ・健康診断、人間ドック
    ・正常な妊娠・出産
    ・経済的理由による人工妊娠中絶

    引用:全国健康保険協会

    レーザー脱毛は整形手術ではないのですけど、病気やケガと違って、やってもやらなくても良いもの。

    つまり、美容目的で綺麗になりたい人がやるもの(美容行為)に当てはまるのです。

    医療保険が使用できないということは、自費(10割負担)で治療を受けなければいけないという事になります。

    多毛症の場合は特例で保険適用になる!ただしレーザー治療は対象外

    毛関連の治療で、多毛症に関しては健康保険の対象とされています。

    ただし、多毛症で保険が適用される治療は、【ホルモン療法】や【臓器の疾患】に対する治療のみとされています。

    多毛症の治療であっても、レーザー脱毛による治療は保険適用外になるのです。

    保険証は持参する・しない?|必須ではないけど身分証になる

    医療脱毛は医療保険の対象外なので、保険証の提示は必須ではありません。

    ただ、身分証としては使えます。

    カウンセリングと同じ日に契約したい場合は、身分証として使用できるので持参する方が良いと思います。

    保険診療と自由(自費)診療の違いとは

    そもそも、自由診療と保険診療は何が違うのでしょうか。

    詳しく解説していきますね。

    保険診療とは?

    保険診療というのは、健康保険の対象(範囲内)となる治療のことを指します。

    年齢と所得によって負担額が変わるのですが、このページを見てくださっている方は、基本的に3割負担、残りの7割を国が負担しています。

    保険診療のメリット

    保険診療のメリットは、費用のほとんどを国が負担してくれるところですよね。

    例えば10,000円の治療費が掛かったとしても、自分で払う金額は3,000円のみで、国が残りの7,000円を負担してくれるという事なのです。

    保険診療のデメリット

    お金の面ではありがたいのですが、デメリットもあります。

    治療費が決まっていて一律なので、サービスではないんですよね。

    病院の健診が分かりやすいと思うのですが、わりと淡々としていて、流れ作業のような対応だなと思いませんか?

    綺麗になりたくて脱毛に通っていると、流れ作業だと味気ないしちょっと損したような気持ちになることがあります。

    自由診療とは?

    自由診療というのは、保険が適用されない治療・診療のことを指します。

    厚生労働省が認可していない治療や薬を使う場合は、自由診療になります。

    レーシックも自由診療の分野ですね。

    自由診療のデメリット

    自由診療に保険はきかないのですから、当然負担が増えます。

    というか、10割負担ですよね。

    10,000円掛かった治療費は、自分で10,000円支払います。

    また、自由診療の場合は、クリニック側で自由に価格を決められるので、同じ治療だったとしても差が出ることがあります。

    価格差があっても、自分で納得のいくところを探すしかないんですよね。

    自由診療のメリット

    自由診療の良いところは、治療以外のところで『サービス』という考え方が徹底されているところです。

    美容外科クリニックや医療脱毛専門クリニックなどは、病院とは思えないような綺麗な院内で、高級エステやサロンに来たのではないかと思うような豪華さがあります。

    自由診療は、各クリニックが自分たちで好きな値段を決めても良いということなので、それぞれ料金が異なるんですよね。

    そうすると競争が起きてどんどん価格の相場が下がりますし、サービスの質も良くなってきます。

    『患者さん』ではなく『お客様』として扱ってもらえるのです。

    保険は適用されないけど医療脱毛は安く受けられる

    湘南美容クリニックアレキサンドライトレーザー

    医療脱毛は高い!もしあなたがそんな風に思っているなら、勿体ないなぁと思います。

    なぜなら、医療脱毛は年々料金の相場が安くなってきているからです。

    10年前現在
    全身脱毛の料金100万円以上30~40万前後

    私が初めて医療脱毛のカウンセリングに行ったのは約10年前なのですが、当時と比べると今の値段は3割ほどです。

    今では、医療とサロンにも価格的な差が殆どないのです。

    医療脱毛を安く受ける方法:追加料金がないクリニックを選択する

    保険が適用されなくても安い脱毛を実現するために必要なのは2つだけです。

    • 基本となる脱毛料金が安いクリニックを選ぶ
    • 脱毛料金以外の追加料金がかからないクリニックを選ぶ

    脱毛の価格自体が安いかどうかも大事なのですが、意外と盲点なのがそれ以外での出費なんですよ!

    ありがちな追加料金について詳しく見ていきましょう。

    出来るだけ追加料金がかからないクリニックを選んでくださいね。

    追加料金の種類①シェービング代

    まず一番最初に気になるのは、シェービング代が無料かどうかです。

    気を付けていても剃り残しがあることは多いので、シェービング代が必要なクリニックでは、通院の度に支払いが発生する可能性が出てきます。

    料金も、部位ごとに500円かかるところや、1回の施術で3,000円なんてところもありますから、注意が必要です。

    追加料金の種類➁予約のキャンセル料

    急に予定が入ってやむなくキャンセルが必要になることもありますよね。

    でも、急なキャンセルにはペナルティが付き物です。

    前日、または『前々日の●時までに連絡が必要』と決まっていることが多く、過ぎると問答無用でキャンセル料が発生したり、お金が掛からなくても1回分照射扱いされたりします。

    そのため、キャンセルに関するペナルティはしっかり確認して、ペナルティがないところを選びましょう。

    追加料金の種類➂初診料・再診料

    最近では初診料や再診料が無料というクリニックも増えてきました。

    ですが、まだまだ再診料のみ費用がかかるところも多いです。

    脱毛する場合は、必ず初回の診察(初診)がありますし、何度か通っていても肌の状態などによって再診してから脱毛する場合もあります。

    追加料金の種類④脱毛後の肌トラブルの診察代・薬代

    脱毛後に、何かしらの肌トラブルが起こる可能性もあります。

    そんな時、診療・治療代、薬代を無料保証してくれるところは心強いですよね。

    無料保証がついているクリニックを選びましょう。

    医療脱毛は保険適用される?まとめ

    まとめですが、医療脱毛に保険は適用されません。

    ですが、今のレーザー脱毛はとてもリーズナブルです。

    脱毛を受けられる医療機関が増えたことで、サービスの質があがり、料金も安くなってきているので、安心して欲しい。そう思います。

    これから1つ1つクリニックの事を調べるのは面倒ですよね?

    なので、大手で安く、おすすめのクリニックを下記に掲載しますね。

    興味があれば、参考程度に見てみてください♪

    おすすめ!医療脱毛ランキング3選

    効果が高く、レーザーなのに

    痛くない脱毛機で人気!

    予約が取りやすくなりました!

    ●全身脱毛:5回

    → 月額 4,200円

    ●全身脱毛:5年し放題

    → 月額 8,500円

    ●VIO脱毛:5回

    → 月額 5,000円

    ※税抜価格

    >>>アリシアクリニックの11月キャンペーン詳細はこちら

       

    都内では珍しい、女性専門クリニック

    看護師、受付スタッフ、全て女性です。

     

    ●全身脱毛:5回 → 276,000円

    ●VIO脱毛:5回 → 92,800円

    ※税抜価格

    >>>リゼクリニックの予約はコチラがお得!

     

    20代の女性から人気!

    2種類のレーザーを選べます(※店舗による)。

     

    ●全身脱毛(顔・VIO含):6回

     →354,440円!

    ●VIO脱毛:3回

     → 30,350円!

    ※税込価格

    >>>湘南美容クリニックの11月キャンペーンをチェック!

     

      \ SNSでシェアしよう! /

      MOTETY[モテティー]女性の美を追求し悩みを解決する脱毛専門サイトの注目記事を受け取ろう

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      MOTETY[モテティー]女性の美を追求し悩みを解決する脱毛専門サイトの人気記事をお届けします。

      • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
      • フォローしよう!

      関連記事

      • 剃り残しのせいで脱毛断られる?失敗しない為の対策方法!

      • 埋没毛は医療レーザー脱毛が効果的!埋もれ毛で悩んでいる人へ

      • 医療脱毛vs光脱毛~痛いのはどっち?痛い部位・痛み対策を解説

      • 医療脱毛と脱毛サロンの違いってなに?効果や料金を比較します

      • 脱毛リスク、知らなかったでは済まされない!? 脱毛前に確認を!

      • 予約が取れる・取れない脱毛サロンを調査!損せず乗り換えもアリ?