脱毛が痛いのは部位、方法、回数によって違う!対策を一挙紹介!
  1. TOP
  2. 脱毛が痛いのは部位、方法、回数によって違う!対策を一挙紹介!

脱毛が痛いのは部位、方法、回数によって違う!対策を一挙紹介!

 2016/12/14 脱毛の基礎知識
この記事は約 14 分で読めます。 757 Views

これから脱毛しようと思うけど痛みについて気になる!

脱毛が痛すぎて二回目に行きたくない!!そんなあなた!

今回は部位別、脱毛方法別に脱毛時の痛みのレベルをご紹介し、痛みを最小限に抑える対策や、できるだけ痛みを感じずに脱毛できるサロンやクリニックをご紹介します。

脱毛を最後まで効率よく続けるためにも是非ご覧になってくださいね。

Contents

脱毛の痛みの理由は?痛いほうが効果があるの?

脱毛はなぜ痛みを伴うのでしょうか?それは脱毛の仕組みに理由があります。

脱毛方法にはレーザー脱毛や光脱毛がありますが、

その仕組みは、レーザーや光で毛根にある毛乳頭の働きを抑制するというもの。毛乳頭は毛根にある組織で、毛を成長させる働きをします。

”黒い部分に反応する”性質を利用し、レーザーや光の熱で毛乳頭を刺激するのですが、毛乳頭にダメージを与えているときに周辺の部位にも熱が加わります。その結果、痛みを感じてしまいます。

VIOやワキなど、毛深く、色素沈着のある部位は、それだけ反応しやすく、痛みも感じやすいのです

痛い医療脱毛の方が効果はある!

結論から言うと、痛い方が効果はあります

医療脱毛の方が光脱毛より痛みは大きいのですが、それは、医療脱毛で使うレーザーは、光脱毛で使う光よりも照射威力が大きいからです。

しかし、医療脱毛は、1回目から脱毛効果を感じますし、脱毛が完了するまでの回数も少なく済みます。

ただ、痛みの程度はかなり個人差があります。そこで、次に部位別の痛みについて解説していきます。

VIO(ハイジニーナ)脱毛は特に痛い!

VIO脱毛は痛い

脱毛で一番痛いのがVIO脱毛です。

VIOとは女性のデリケートゾーンのことで、ビキニライン(V)、陰部の両側(I)、肛門(O)の総称です。

アンダーヘアが完全になくなった状態をハイジニーナといいます。

VIO脱毛が痛い理由は、デリケートゾーンのムダ毛は他と比べて“濃く・太く・堅い”のと、肌に色素沈着があるので、レーザーや光が反応しやすく、照射も強くなってしまいます。

Iライン脱毛の痛みレベル☆☆☆☆☆

IラインがVIOの中では一番痛いです。

「痛さが我慢できず思わず声が出てしまった・・」という方もいます。

Iラインは皮膚が敏感な粘膜に限りなく近いので痛みを感じやすいです。

Vライン脱毛の痛みレベル☆☆☆☆☆

VラインはIラインの次に痛みを感じる部位です。

上部の痛みはそれほどきつくないですが、粘膜に近づく下のほうになると痛みは強くなります。

Oライン脱毛の痛みレベル☆☆☆☆

OラインはVライン、Iラインに比べれば痛みは感じにくいです。

VIO脱毛は痛い!でも人気の脱毛部位!

VIO脱毛は痛さが伴いますが、施術時間はそれほど長くありません。施術する時は、右のVライン、左のVライン、右のIライン、左のIライン、Oラインと6分割で脱毛して行きますが、1ヶ所が5~6分で終わります。

VIO脱毛は、メリットがたくさんあります

・生理中の不快感から解放された

・水着や下着を着た時にはみ出し毛を気にしなくて良くなった

・彼氏に喜ばれた

などなど、「脱毛して良かった!」という声を良く聞きます。

ですから、「痛いけれど人気の脱毛部位」なのです。

その他の部位の部位別痛みのレベル

 

脇脱毛痛いの嫌

その他にも脱毛時の痛みをまとめてみました。

ワキ脱毛の痛みレベル☆☆☆☆☆

ワキもVIOと同様に毛が、濃く・太く・堅いのと、肌に色素沈着がある方が多く痛みを強く感じやすい部位です。

指・ひざ下・足の甲の脱毛の痛みレベル☆☆☆☆

指・ひざ下・足の甲は皮膚が薄く骨に近く、皮下脂肪も少ないため、痛みを感じやすいです。

顔脱毛の痛みレベル☆☆

顔の痛みは意外とないです。ただ、鼻下の脱毛は痛みを感じる人も多いようです。毛が濃い人は痛みも強く感じます。

腕脱毛・脚脱毛の痛みレベル☆☆

腕・脚全般もそれほど痛みはありません。

おなか・背中脱毛の痛みレベル☆

おなか・背中は皮膚も厚く、他の部位に比べて皮下脂肪もあるため痛みをほとんど感じません。

 

痛い部位、痛くない部位の共通点とは

痛みが激しい部位に共通することは、

・毛が太く堅い

・肌色が濃い、色素沈着がある

・毛の密集度が高い

・皮下脂肪が少なく、骨に近い部位

乾燥肌や敏感肌、色黒の人、肌に色素沈着がある人はそうでない人よりも痛みを強く感じてしまいます。

痛みが低い部位に共通することは、

・毛が薄く、細く、柔らかい

・肌色が薄い

・毛の密集度が低い

・皮下脂肪が多く、骨に遠い部位

以上が挙げられます。

痛いみ敏感な方、痛いのが苦手な方は、痛みを感じにくい部位から脱毛をスタートしてはいかがでしょう

脱毛方法別痛みレベル

脱毛は方法によっても痛みの度合いは変わります。

クリニックで行う医療脱毛、サロンで行う光脱毛とニードル脱毛について痛みのレベルをご説明します!

それぞれの脱毛効果も合わせてご紹介しますので、自分に合う脱毛方法を決める時の参考にしてください。

クリニック・皮膚科の医療脱毛 痛みレベル☆☆☆

クリニックの脱毛は痛みはあります。

しかし、その分、1回目から脱毛効果を実感でき、脱毛完了まではエステの光脱毛よりも少ない回数・短期間で済みます。

回数は部位によりますがエステサロンの3分の2程度で済みます。

痛みが少ない脱毛機を使っているクリニック

リゼクリニック3種類脱毛機

医療脱毛で使う最新式の脱毛機だと、かなり痛みが軽減されます。以下が痛みがあまりない脱毛機です。

ライトシェアデュエット
ライトシェアデュエット

・日本人の肌質・毛質に合い低刺激痛みが少ないダイオードレーザーを使用。

吸引式冷却ジェルで肌を保護しながら脱毛するから痛くない

・脱毛時間が短時間

★ライトシェアデュエットを使っているクリニック

メディオスターNeXT

 

メディオスターNeXT

・毛根ではなく、毛の成長を命令しているバジル領域を刺激する方法。

低温レーザー除々に熱を貯めから痛くない。

冷却ジェルで肌を保護しながら脱毛する。

ライトシェアデュエットよりも痛くない

★メディオスターNeXTで脱毛できるクリニック

KM新宿クリニック

アリシアクリニック(店舗による)

リゼクリニック(店舗による)

ジェントルレーズプロ
ジェントルレーズプロ
・冷却ジェルの変わりに冷却ガスを使用

・ジェントルレーズの2倍のスピード。短時間

★ジェントルレーズプロで脱毛できるクリニック

 

痛くない医療レーザー脱毛機を使っているクリニック情報

痛くない医療脱毛がしたい人必見!痛いレーザー脱毛は古い?!

ジェントルレーズプロを使っている医療脱毛の体験談

レジーナクリニックの体験口コミ!痛みや脱毛効果はどう?

エステサロンの光(フラッシュ)脱毛 痛みレベル☆☆

光脱毛はレーザー脱毛、ニードル脱毛に比べると痛みは一番低いです。

負担を感じることなく脱毛ができますがその分レーザー脱毛よりも回数を重ねないと脱毛が完了しません。

光脱毛の回数と効果

部位や個人の毛質によって効果は違いますが、光脱毛と医療脱毛の回数ごとの効果の目安は以下のようになります。

回数 光脱毛 医療脱毛
1回目 あまり変化を感じられない ムダ毛が生えてくるのが遅く感じる
3~4回 ムダ毛が生えてくるのが遅くなる 自己処理が楽になる
6~10回 自己処理が楽になる 5~6回で気にならなくなる
12回 ムダ毛が産毛くらいになる 濃い毛の部位も気にならなくなる
15回 ムダ毛が気にならなくなる

医療脱毛は1回目から効果を感じる方が多く、平均して5回脱毛するとムダ毛が気にならなくなります。

光脱毛は医療脱毛より期間が長くかかるので、根気よく続けられることが大事になりますね。

SSC方式とIPL方式はどっちが痛くない?

光脱毛には、SSC方式とIPL方式の2つの脱毛方法があります。

SSC方式
・ジッルと光の相乗効果で抑毛する

・ジェルで肌が保護され痛みが少ない

・脇、デリケートゾーンにおすすめ

★SSC方式の脱毛をしているサロン

IPL方式
・メラニンに反応するIPLという光を使う

・毛根にダメージを与え毛が抜けるのを促進させる

・ジェルは使わず、脱毛機のヘッドで冷却

・効果はSSC方式と変わらない

・出力が弱く低刺激で痛くない

・美白効果がある

★IPL方式の脱毛しているサロン

どちらの方法もほとんど痛みを感じません。カウンセリングの時に試すことができるサロンもありますので問合せてみましょう。

光脱毛(銀座カラー)の体験談

銀座カラーのVIO脱毛って痛い?特徴やおすすめプラン等を徹底解説

ニードル(針)脱毛 痛みレベル☆☆☆☆☆

ニードル脱毛は部位に関係なく痛みは大きいです。

毛穴一つ一つに直接針を入れ電気を流し込む手法を取っているのでかなり痛いです。

ただ、威力は大きく、脱毛効果はかなり高いです。ニードル脱毛は施術で毛根を焼き切ってしまうので施術したその日から毛はなくなり、脱毛効果を感じるのが一番早いです。

(レーザー脱毛や光脱毛などは施術から約10日~2週間で効果が表れます。)

また、ニードル脱毛は毛の黒い部分に反応するわけではないため、日焼けしていても施術を受けることができます。

ニードル脱毛のメリットデメリット

ニードル脱毛は効果あるけど痛い!?メリットとデメリットを全解剖

回数を重ねれば痛みは減る!

脱毛の痛みは一番大きいのが初回で、2回、3回と経ていくと次第に痛みは軽くなっていきます。

回数 ムダ毛の状況 痛みの程度
1回目 一番痛い
3~4回 生えてくるのが遅くなる 1回目ほど痛くない
6~10回 ムダ毛が細くなり本数も減る ほとんど痛くない
12回 産毛程度 痛くない

脱毛が進むとムダ毛も薄く柔らかく細くなるので、脱毛時の照射も弱くて済むので、痛みも和らぎます。

終盤のほうはほとんど痛みを感じない人が多いです。

ただ、ニードル脱毛に関しては毛根に直接電流を流すため、回数を重ねても痛みのレベルは変わりません。

脱毛回数ごとの効果をもっと知りたい方はこちら

脱毛は何回で完了するの?全身VIOなど部位ごとの回数・効果は?

痛みを最小限に抑える方法

痛みは部位と方法によって違うことがお分かりになられたでしょうか?続いては痛みを最小限に抑える対処策をご紹介します。

保湿

肌が乾燥していると痛みを感じやすくなってしまいます。

理由は光やレーザーなどによって受けた熱ダメージを皮膚中の水分によって和らげるのですが、水分が足りていないと患部を冷やすことができないからです。

熱が皮膚にこもったままで、熱を外に逃がしてあげることができなくなってしまいます。

肌が乾燥しているとそれに付随してあかみやかゆみなどの肌トラブルになってしまうこともあるので十分に注意しましょう。

脱毛前後は、ローションやクリームで肌の保湿ケアを十分に行いましょう。ローションや保湿クリームは低刺激のものが良いです。

生理を避ける

生理中でも基本的にVIO以外の部位なら脱毛を受けることができます。

ただ、それはおすすめできません。

生理中はホルモンバランスの乱れなどにより、体の調子がいつもと違って痛みを感じやすいことと、肌荒れが起きやすいからです。

日焼けは厳禁

日焼けしているとレーザーや光がうまく反応しないことがあります。

レーザーと光は黒い部分に反応するので日焼けによって肌が黒くなると毛が生えていない部分にも反応してしまい、無駄に肌を傷つけることになってしまいます。

日焼けしすぎると脱毛が受けられないことがあるので、脱毛を効率よく終わらせるためには日焼けは厳禁です。

ただし、ニードル(針)脱毛の場合は日焼けしていても関係なく受けることができます。

施術部位を冷やす

脱毛後に肌のあかみ、痛み、かゆみなどが残っている場合は患部を冷たいきれいなタオルで巻いて冷やしてあげましょう。

脱毛後の肌は軽いやけどのような状態にあるので、冷やしてあげると症状が和らぎます。

麻酔

痛みがトラウマになってしまった。

次受けるのがこわすぎる!という方はクリニックでは施術前に痛みを和らげる麻酔を受けられます

麻酔には麻酔テープ、麻酔クリーム、笑気ガスが存在します。

追加料金はかかりますが、痛みが和らぎ、ストレスを感じずに脱毛することができます。カウンセリングで相談してみましょう。

どちらも約3000円で購入できます。

麻酔テープ

テープタイプの薬剤を施術部位に貼り、痛みを感じにくくする麻酔です。

ただ、麻酔が効く部位が浅いため、効き目は弱いです。

麻酔テープは皮膚のすぐ下までにしか効きませんが、実際に脱毛でダメージを与える部位は深いところによっては皮膚下3ミリとかなり深いので麻酔の効果がない場合もあります。

麻酔クリーム

クリーム状の麻酔を施術部位に塗り患部の感覚を鈍くする作用があります。

麻酔テープよりは効果が見込めますが、VIO,ワキ脱毛などの毛根が深いところにある場合は麻酔効果は弱まってしまいます。

笑気ガス

ガス状の麻酔を機会で吸い込み酔っぱらったような状態になることで痛みに対する不安を取り除き痛み自体も和らげることができます。

カミソリや毛抜きで自己処理しない

クリニックやサロンで脱毛する時に、脱毛前にムダ毛の自己処理をする必要があります。また、次の施術までの間にムダ毛が生えてきたら自分で処理する場合もあると思います。

その時に、カミソリや毛抜きで自己処理をすると表皮や毛穴に傷がつき、肌荒れ、色素沈着、毛嚢炎などの肌トラブルが起きるリスクが高くなります。

肌トラブルのある肌は痛みを感じやすいので要注意です。

自己処理はシェーバーがおすすめです。

脱毛前日の正しい自己処理方法

脱毛前日の自己処理マニュアル/背中やVIOのシェービング方法も解説

脱毛後の正しいケア方法

脱毛後のケアや自己処理の方法って?注意事項を徹底解説

それでも痛かったら出力を下げてもらう

脱毛の1,2回目はもっとも痛みを感じる時です。

麻酔もできますが、それでも堪えられないようなら照射の出力を下げてもらいましょう。

照射の出力を下げるとその分脱毛の効果は下がってしまいますが、肌トラブルが起きないこと、無理せず続けられることを考えれば下げたほうが良いこともありますね。

まとめ

いかがでしたか?脱毛は、部位、回数、方法によって痛みの度合いは大きく変わります。

レーザー、光、ニードル脱毛はどれが一番良いというのはなく、それぞれの部位や特性に合ったものを選ぶのが一番です。

早く脱毛を終わらせたい人クリニックに行くことをおすすめします。

医療脱毛は、光脱毛よりも痛みはありますが、痛みが少ない脱毛機を使っているクリニックを選ぶ、麻酔を使うなどで痛みを軽減する方法があるからです。

痛いのはニガテで時間がかかってもいいからストレスを感じずに脱毛をしたい人エステに行くのがいいでしょう。

痛みの度合いが気になる人はテスト照射が受けられるところもあるので痛みの度合いを事前に知ることもできます。

痛みについて十分に知ることができれば痛みの対策ができますし、心構えもできますね。

脱毛を無理なく続け最後まで完了させるためにも、自分に合った脱毛法を見つけていきましょう!

おすすめ!医療脱毛ランキング3選

クリニック 回数、料金と詳細 公式サイト

効果が高く、レーザーなのに痛くない脱毛機で人気!

●全身脱毛(VIO含):8回 → 月額 9,100円

●VIO脱毛:8回 → 月額 3,000円

アリシアの脱毛はコチラ

20代の女性から人気!2種類のレーザーを選べます(※店舗による)

●全身脱毛(顔・VIO含):6回 → 348,000円

●VIO脱毛:3回 → 29,800円

湘南美容の脱毛はコチラ

都内では珍しい、女性専門クリニック 医師、看護師、受付スタッフ、全て女性です。

●全身脱毛:5回 → 298,000円

●VIO脱毛:5回 → 99,800円

リゼの脱毛はコチラ

おすすめ!脱毛サロンランキング3選

サロン 回数、料金と詳細 公式サイト

予約が取りやすい!ジェルを使わない脱毛が特徴です!

●全身脱毛(33ヵ所):8回 → 月額 9,500円 初月分0円!

キレイモ脱毛はコチラ

安いのに、きちんと効果があると評判のサロン!

●全身脱毛(顔除く):4回 → 126,000円  (4回以上で50%OFF

ミュゼ脱毛はコチラ

20年以上続く、脱毛の老舗サロン嬉しいキャンペーンが多く用意されています。

●全身脱毛(22ヵ所):脱毛し放題 → 月額 6,500円 

銀座カラー脱毛はコチラ

\ SNSでシェアしよう! /

MOTETY[モテティー]女性の美の追求し悩みを解決の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MOTETY[モテティー]女性の美の追求し悩みを解決の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

にゅーよーく

にゅーよーく

この人が書いた記事  記事一覧

  • 上野の人気脱毛サロン5選【評判・価格・効果を徹底比較!】

  • 品川で脱毛を受けるのならどのクリニックとサロン?価格と評判は?

  • 名古屋で医療脱毛!おすすめのクリニックは?料金・効果・口コミから選ぶ

  • ミュゼの脇脱毛を解約した女の子から3つの忠告・体験談

関連記事

  • 埋没毛は脱毛できる?原因からお家でのケア方法までを解説

  • クリスマス前に脱毛したい人必見!クリスマスまでに間に合う?

  • 回数かかりすぎ?ひじ下・ひざ下脱毛の間隔と周期について

  • 【最新】全身脱毛こそ医療脱毛が安い|おすすめクリニックはココ!

  • 光脱毛でしみができる?知っておきたい意外な効果

  • 効果抜群!脱毛後の自宅で出来る正しいケア方法