介護脱毛のデメリット・メリット~不安や疑問は解決できる! - MOTETY[モテティー]女性の美を追求し悩みを解決する脱毛専門サイト
  1. TOP
  2. 脱毛の基礎知識
  3. 介護脱毛のデメリット・メリット~不安や疑問は解決できる!

介護脱毛のデメリット・メリット~不安や疑問は解決できる!

脱毛の基礎知識
この記事は約 9 分で読めます。 845 Views
介護脱毛メリット・デメリット

最近、雑誌で「介護脱毛をする30~50代の女性が増えている」という記事を目にするよになりました。

介護脱毛とは“備えてVIO脱毛や脇脱毛、顔脱毛をすること”なのですが、実は私も経験者の一人です。

介護脱毛をしたら良いことがたくさんありました!

できるだけ多くの女性に、できれば早く介護脱毛を始めて欲しいので、今回は「介護脱毛のデメリット・メリット」について解説していきます。

介護脱毛は早めに始めた方が良い理由もお伝えしたいと思います。

介護脱毛のデメリットとは

まず、介護に備えてVIO脱毛や脇脱毛・顔脱毛をすることのデメリットについて。

お金と時間がかかる

介護脱毛デメリット

脱毛は美容クリニックや脱毛サロンですることになるので、そこに通う時間と脱毛費用が必要です。

30代~50代の女性は仕事や家事で忙しいですし、教育費(塾代、学費、習い事の月謝)とか家のローンなどでお金が必要な年代ですよね。

それに、自分たちが20代の頃は「脱毛=高額」でした。なので、脱毛を始めるかどうか迷う気持ちはとても良くわかります。

でも、最近の脱毛料金はかなりリーズナブルなのです。

脱毛が完了すると元にもどせない

美容クリニックの医療脱毛は効果が永久脱毛なので、一度脱毛が完了すると元に戻せません

脱毛サロンの光脱毛は減毛効果なので、また毛が生えてくる場合もあります。でも毛量が少ない人などは、かなりムダ毛が目立たなくなりまるので、脱毛前と同じ状態には戻りません。

特にVIO脱毛でハイジニーナ(無毛)にする時は注意が必要です。

介護のことだけ考えるとアンダーヘアは無い方が良いです。

でも、温泉やジムのサウナで他人の前で裸になった時に“毛の無いアソコをジロジロ見られた”という経験をすることがあるかもしれません。

火傷や肌荒れのリスクがある

医療脱毛も光脱毛もレーザーや光の熱を利用します。なので、熱による肌荒れのリスクはあります。

赤み、かゆみなど軽い火傷状態になることもありますし、毛嚢炎、埋没毛、硬毛化がおきてしまう可能性はゼロではありません。

脱毛は痛みをともなう

脱毛は無痛ではありません。光脱毛はそれほど痛くありませんが、効果が高い医療脱毛はやっぱり痛いです。痛いから効果があるのですけれどね。

脱毛する前に「脱毛は痛い!」と口コミサイトに書き込みがあったので「どれくらい痛いのか」とても不安でした。

脱毛するのが心配・不安・恥ずかしい

デメリットというよりも、脱毛に対する否定的な気持ちという意味です。

私は、脱毛は若い子がするものだと思っていたので「待合室で若い子と顔を会わせるのは恥ずかしい」とか「若いスタッフに中年のあまりキレイでない肌を見せるのが恥ずかしい」と思っていました。

また、VIO脱毛は、V(ビキニライン)、I(性器の周辺)、O(肛門の周り)のアンダーヘアを脱毛すると聞いた時に、婦人科検診の時の大股を広げた姿勢を思い出し、恥ずかしかった記憶が蘇りました。

なので、施術中の服装や体勢がどうなのか、不安で心配でした。

でも、これらの介護脱毛のデメリットや不安や心配は全て解決できることだったのです!

介護脱毛のデメリットや不安・疑問は解決できる

介護脱毛デメリットは解決できる

脱毛前の無料カウンセリングを受けたらその解決策がわかりました

毎月の出費を抑えるならローンや月額コースを利用する

脱毛料金は、いくつかの支払い方法が選べます。私が脱毛したクリニックの支払い方法は

  • 現金の一括払い
  • 月額払い
  • クレジットカード払い
  • 医療ローン

私は、一度にまとまった費用を支払いたくなかったので医療ローンを利用しました。

病気や怪我の治療費は分割払いができけれど、脱毛だと医療ローンが使えるのです。

医療ローンが使えるクリニックは多いですが、金利はクリニックごとに違うのでカウンセリングの時に確認すると良いと思います。

ローンや月額コースがあるのは、脱毛サロンも同じです。

痛みが不安なら最新式の脱毛機を使っているところを選ぶ

脱毛サロンの光脱毛はほとんど痛みを感じません。医療脱毛は脱毛効果が高いので光脱毛よりも痛いのは事実です。

でも、最新式の脱毛機はかなり痛みが軽減されています

また、クリニックなら麻酔で痛みを緩和することもできます

私はカウンセリングの時にテスト照射をしましたが、我慢できる痛みだと思いました。

痛くない脱毛機についてもっと知りたい方はこちらの記事も参考にしてください。

【最新】痛くない医療脱毛機はある?痛み、効果、特徴を比較

肌荒れが心配ならアフターケアが徹底しているところを選ぶ

脱毛で肌荒れしないためのケア方法や、肌荒れが起きた時のアフターケアが徹底しているサロンやクリニックを選ぶと万が一の時でも安心です。

施術中や施術後に徹底的に冷却すると肌荒れのリスクは減りますし、施術後の保湿も有効です。

私が脱毛したクリニックは、肌トラブルが起きた時の治療費や薬代が無料でした。

脱毛サロンは肌荒れした時に治療はできませんが、提携先のクリニックがあるサロンなら安心だと思います。

VIO脱毛、施術中の服装や体勢は恥ずかしくなかった

VIO脱毛をする時は下半身は下着まで脱いで用意されたタオルガウンに着替えます。紙ショーツをつけるところもありますが、無いところもあります。

施術をする部屋で着替えますが、施術室は完全個室なので、他人の目を気にする心配はありません

施術はイラストのような体勢で行います。VラインとIラインは仰向けで、Oラインはうつ伏せで行います。

VIO脱毛照射体勢

照射部分だけが見えるようにガウンをその都度めくるので、局部が丸見え状態になることはありません

それに、施術する時はレーザーが当たらないように目隠しするので何も見えません。自分がされていることも良く見えないので、それほど恥ずかしいという気持ちになりませんでした。

でも、「まだVIO脱毛は恥ずかしいんじゃないか?」と思っている方はこちらの記事も参考にしてください。

参考記事>>VIO脱毛が恥ずかしい!気持ちを軽くできた方法【私の体験談】

アンダーヘアの形で後悔しないようカウンセリングで相談する

脱毛が完了してしまうと元にはもどせないので、契約前のカウンセリングで脱毛する範囲やアンダーヘアの形を決めてから脱毛すると後悔しません。

参考までにVラインの脱毛パターンをイラストにしました。

Vラインデザイン画

介護脱毛におすすめのアンダーヘアの形をもっと詳しく知りたい方はこちらも参考にしてください。

介護脱毛はどこまで脱毛するの?VIO脱毛の範囲やアンダーヘアの形とは

介護脱毛することのメリット

デメリットだと思っていたことが解決できることがおわかりいただけたと思いますので、次に介護脱毛することのメリットもお伝えします。

介護する人の手間や負担が軽くなる

介護脱毛は介護する人の負担を軽くする

私の母が祖母を介護していましたが「排泄介助が大変だ」と良く言っていました。

オムツ交換の時にアンダーヘアに排泄物が付いてしまい、キレイに拭き取るのが大変なのだそうです。

母は「介護が大変だとついイライラしておばあちゃんに冷たい態度をとってします」とよくこぼしていました。

脱毛介護でアンダーヘアを無くしてしまえば、尿や排泄物が簡単に拭き取れるので、介護する人の手間や負担が軽くなります。

介護する人の手間や負担が軽くなれば、優しい気持ちで介護ができると思うのです。

また、臭いや蒸れも防げるので、介護されている人も快適に過ごせるので、介護脱毛は必要だとおもます。

それに、VIO脱毛は、介護に関係ない年代の女性にとってもメリットがあります。

生理の時も経血やオリモノをキレイに拭き取れるので、臭いや蒸れを防げるので生理の時も快適です。

私はもっと早く脱毛すれば良かったと思いました。

介護脱毛の必要性、介護脱毛経験者の体験談をもっと知りたい方はこちらも参考にしてください。

介護脱毛とは?老後に備えて脱毛する女性が急増!本当に必要か

介護される人の「ムダ毛を見られる恥ずかしさ」が解消される

介護士の友達から聞いたことがあるのですが、自分のアンダーヘアを見られるのがイヤで排泄介助されるのを嫌がる方がいるそうです。

入浴介助の時に脇毛を見られるのを恥ずかしいと思う方もいるそうです。

若い時はアンダーヘアや脇毛を自分で剃っていた人も介護されるようになると自己処理はできなくなりますものね。

でも、さすがにムダ毛を剃って欲しいと介護してくれる人には頼めません。

女性はいくつになっても美しく見られたいからですよね。

顔脱毛してると若々しく見られる

顔脱毛すると若々しく見える

顔脱毛で産毛が無くなると肌のトーンが明るくなり毛穴も引き締まるので若々しく見えるようになります。

介護されるようになると化粧はしないと思いますが、素肌でも若々しく見えると気持ちが明るくなりますよね。

お手入れしていない鼻下のムダ毛を他人に見られたくないという理由で介護に備えて顔脱毛する人も多いです。

ジムやスイミングに行く時の自己処理が楽になる

子育てが一段落したので、健康維持のためにスイミングやジムに通っているのですが、VIO脱毛と脇脱毛をしているので水着を着る時の自己処理が楽になりました。

温泉やジムのサウナでアンダーヘアのないVラインをジロジロ見られることはありますが「介護脱毛の必要性とメリット」を説明してあげいます。

白髪にならないうちに介護脱毛は始めるべき

白髪は脱毛できない

医療脱毛や光脱毛では白髪は脱毛できません。

医療脱毛や光脱毛のレーザーや光は黒いものに反応します。照射すると光やレーザーが毛のメラニン色素に反応し、熱で毛根が刺激されて毛が抜けます。

白髪にはメラニン色素がないのでレーザーや光が反応しないのです。

ただ、白髪でも脱毛する方法あります。それはニードル脱毛です。

ニードル脱毛は毛穴に針を指し電流を通して脱毛しますが、激痛だし手間もかかります。

痛みや脱毛にかける手間を考えると、アンダーヘアやカラダのムダ毛に白髪ができないうちに医療脱毛か光脱毛で介護脱毛を始めた方が良いと思います。

まとめ:介護脱毛にデメリットはない~今すぐ脱毛を始めよう!

介護脱毛は今すぐ!

介護脱毛のデメリットとメリットを解説してきました。

デメリットと思っていたことは解決できることがおわかりいただけたと思います。

VIO脱毛や脇脱毛をすると自己処理が楽になるし、顔脱毛をすると若々しく見えるなど、今すぐメリットもあるので、どうせやるなら早く始めた方がお得だと思います。

最後にカウンセリングが無料でしつこい勧誘がないおすすめのクリニックとサロンをご紹介しました。参考にしてください。

公式サイトから簡単にカウンセリングは申し込めます!

おすすめ!医療脱毛ランキング3選

痛くないにこだわる脱毛が人気

予約が取りやすくて施術時間も短縮!

全身脱毛 4回(顔・VIOなし)

月額 3,400円 (税抜)

女性専門クリニック 安心の完全無料保証

キャンセル料無料・シェービング料無料

全身 5回 → 248,000円(税込)

VIO 5回  →   92,800円(税込)

全国96院展開

20代女性から人気 業界最安値!!

全身 4回 → 174,240円(税込)

※岡山院、高松院以外の料金です

NEW VIO 3回 → 28,500円(税込)

    おすすめ!脱毛サロンランキング3選

    全国190店舗 顧客満足度N0.1

    女性専用 “美容” 脱毛サロン

    《6月限定》5年間通い放題

    Vライン+ 両ワキ 100円(税抜)

    全身専門脱毛サロン

    スリムアップ脱毛で美ボディも一緒に目指せる

    全身脱毛ホーダイ(顔・VIO含む)

     月額 6,900円(税抜)

    20年以上続く脱毛の老舗サロン

    のりかえ割・ペア割・学割などお得がたくさん

    全身脱毛(顔・VIO含む)6回

    月額 3,000円(税抜)

      関連記事

      • タトゥーしてたら脱毛できない?刺青部分のムダ毛処理方法を伝授

      • 【ビギナー必見】どこで?どの部位?みんながしてる脱毛の人気部位TOP3

      • 【最新】痛くない医療脱毛機器はある?痛み、効果、特徴を比較

      • 脱毛すると硬毛化して毛が濃くなる?原因と対策・治し方まとめ

      • 効果が早くて安い脱毛を求めているなら医療脱毛!サロンと比較

      • 初めて脱毛に行く人が押さえておくべき準備事項と基礎知識