ステロイド軟膏・内服薬の使用と脱毛の副作用・リスクは?
  1. TOP
  2. ステロイド軟膏・内服薬の使用と脱毛の副作用・リスクは?

ステロイド軟膏・内服薬の使用と脱毛の副作用・リスクは?

 2016/11/11 失敗やリスク
この記事は約 4 分で読めます。 6,489 Views
    ステロイド使用中の脱毛の副作用は?

    みなさんの中には、アトピー性皮膚炎で普段からステロイド軟膏を塗っている人や、リウマチでステロイドを日常的に内服している人もいると思います。

    ですが、ステロイド軟膏や内服薬を使っていると脱毛サロンの光(フラッシュ)脱毛やクリニックの医療レーザー脱毛が受けられないって知っていましたか?

    リスクや副作用を知らずに、ステロイド使用中に脱毛の施術を受けてしまったら・・・と考えると怖いですよね。

    でも、ステロイドを使っていても脱毛してキレイな肌を手に入れたいと思っていますよね。

    特にアトピー肌の人は、カミソリによる自己処理は肌を傷つけてしまうので、脱毛サロンで肌に優しい脱毛したいと考える人もたくさんいると思います。

    そこで今回は、そんなステロイド使用中の脱毛が良くない理由(リスクや副作用)と、今ステロイドを塗ったり内服したりしている人が脱毛するにはどうしたら良いかを解説します。

    どうぞ、最後までお読みになっていってくださいね。

    そもそもステロイドってどんな薬?

    ステロイド使用期間の脱毛リスクや副作用は?

    ステロイドとは、体内に2箇所ある副腎から作られる副腎皮質ホルモンの1種のことです。

    ステロイドには抗炎症作用と免疫抑制作用があり、アトピー性皮膚炎には軟膏、リウマチでは内服薬、喘息の治療では吸引薬として治療に使われることが多いです。

    ステロイドを使用期間中に脱毛することの副作用・リスク

    ほとんどの脱毛サロンや脱毛クリニックでは、ステロイド使用期間の脱毛の施術をお断りしています。

    その理由は主に2つあります。

    肌に炎症を起こしやすい

    ステロイドには免疫抑制作用があります。

    免疫機能が抑制されると細菌や真菌に対する肌の免疫力が低くなります。

    光脱毛にせよ、医療レーザー脱毛にせよ、脱毛は肌には刺激です。

    免疫力の低下した肌で脱毛すると感染症にかかりやすく、ニキビや毛嚢炎の炎症が起きやすくなります。

    多毛化の可能性があり、脱毛の効果が薄い

    ステロイドには男性ホルモンに近い作用があるので、ステロイドの軟膏を塗っていると、その部分の毛が濃くなることがあります。

    また、内服している場合だと全身の体毛や産毛が太くなったり濃くなったりする場合があります。

    このように、ホルモンバランスが乱れている時に脱毛をしても思うように効果が出なかったり、抜けた毛がまた生えてきてしまうこともあるのです。

    ステロイドを使っている人はどうすれば施術できる?

    普段、ステロイドを使用していても、脱毛前の一定期間だけ使用しなければ脱毛を受けることができます

    ステロイドの使用を控える期間は、サロンやクリニックにより違いますのでカウンセリングの時に確認しましょう。

    例えばミュゼは、塗り薬なら脱毛の2週間前、飲み薬なら脱毛の1ヶ月前から使用を控えていれば施術できることが決められています。

    必ずかかりつけのお医者さんや脱毛サロン・クリニックで相談を!

    ステロイド使用期間の脱毛の副作用とリスクは?

    脱毛したいからといって、自分の判断で勝手にステロイドの使用を中止すると持病や疾患症状が悪化する恐れがあります。

    かならずかかりつけのお医者さんに相談して、指示を仰ぐようにしましょう。

    また、ステロイド軟膏や内服薬を使用していることを隠して施術を受けるのも絶対ダメです!

    もし免疫力が落ち、脱毛でダメージを受けた皮膚に細菌が入り込んで感染症を起こし、毛嚢炎やニキビができたとしても、サロンは責任を負うことができません。

    アトピー性皮膚炎の人は特に、現在のアトピーが悪化してしまう恐れがあるので、判断は慎重に行いましょう。

    まとめ

    いかがでしたか?

    ステロイドは身近な疾患に使用される薬です。

    正しく服用・塗布すれば治療に役立ちますが、同時に、脱毛する際にはリスクがあることを知っておいていただきたいと思います。

    おすすめ!医療脱毛ランキング3選

    効果が高く、レーザーなのに

    痛くない脱毛機で人気!

     

    ●全身脱毛(VIO含む):8回

    → 月額 9,100円

    ●VIO脱毛:8回

    → 月額 3,000円

    >>>アリシアクリニックの1月キャンペーン詳細はこちら

       

    都内では珍しい、女性専門クリニック

    医師、看護師、受付スタッフ、全て女性です。

     

    ●全身脱毛:5回 → 298,000円

    ●VIO脱毛:5回 → 99,800円

    >>>リゼクリニックの予約はコチラがお得!

     

    20代の女性から人気!

    2種類のレーザーを選べます(※店舗による)。

     

    ●全身脱毛(顔・VIO含):6回

     →348,000円!

    ●VIO脱毛:3回

     → 29,800円!

    >>>湘南美容クリニックの2月キャンペーンはこちら

     

      おすすめ!脱毛サロンランキング3選

      予約が取りやすい!

      ジェルを使わない脱毛が特徴です!

       

      ●全身脱毛(33ヵ所):8回

       → 月額 9,500円  初月分0円!

      >>>キレイモの予約はコチラ

       

      安いのに、きちんと効果があると評判のサロン!

       

      ●全身脱毛(顔除く):6回 → 189,000

      ※4回以上のコースを契約、公式アプリダウンロードで50%OFF

      >>>ミュゼの予約はコチラ

       

      20年以上続く、脱毛の老舗サロン!

      3ヶ月間全額返金保証☆

      嬉しいキャンペーンが多く用意されています。

       

      ●全身脱毛(首から下22ヵ所):脱毛し放題

      月額6,500円

      >>>銀座カラーの予約はコチラ

         

        \ SNSでシェアしよう! /

        MOTETY[モテティー]女性の美の追求し悩みを解決の注目記事を受け取ろう

        ステロイド使用中の脱毛の副作用は?

        この記事が気に入ったら
        いいね!しよう

        MOTETY[モテティー]女性の美の追求し悩みを解決の人気記事をお届けします。

        • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
        • フォローしよう!

          この記事をSNSでシェア

        【緊急告知】医療レーザー、光脱毛おすすめランキング9選!
        どの脱毛方法を選べば良いのか、クリニック・サロンに行くならどこが良いのか、まだ迷っている貴方へ。

        高くても効果がある脱毛方法を選びたい!
        ●長く通っても良いから、安く脱毛したい!
        ●出来るだけ安くて、効果の高い方法は無いのかな?
        ●色々見て比較するの面倒くさいんだけど


        そんな貴方のために、医療レーザー脱毛と光脱毛で、おすすめランキングを簡単にまとめてみました!

         
        更に詳しく見たい人はこちら

        関連記事

        • 医療脱毛vs光脱毛~痛いのはどっち?痛い部位・痛み対策を解説

        • 知らなければ後悔する!脱毛前日と当日に注意したいリスクと剃毛

        • 痔でもOライン脱毛ってできるの?痔の原因や治療法もご紹介!

        • 医療脱毛中だとインフルエンザ予防接種は受けられない?

        • 脇脱毛って何歳から出来る?未成年でも脱毛して大丈夫?

        • 毛嚢炎が気になるレーザー脱毛も心配なし!毛包炎の原因と対策を解説