VIO脱毛完ペキな自己処理方法「形は?どこまで?道具は?」
  1. TOP
  2. VIO脱毛完ペキな自己処理方法「形は?どこまで?道具は?」

VIO脱毛完ペキな自己処理方法「形は?どこまで?道具は?」

 2018/01/04 ハイジニーナ・VIO脱毛 失敗やリスク 脱毛・医療脱毛 脱毛の基礎知識
この記事は約 14 分で読めます。 1,449 Views
    VIO脱毛完ペキな自己処理方法「形は?どこまで?道具は?」

    「お店に行くのは恥ずかしいからアンダーヘアを自分で処理したい」

    「VIO脱毛施術前にどうやって自己処理したらいいのか知りたい!」

    アンダーヘアって気になりますよね。

    綺麗にしなきゃ、処理しなきゃって分かってはいるものの友人に聞くわけにもいかないので、中々行動に移しづらい部位が陰毛です。

    私もアンダーヘアについて悩んでいた時、よくネットで「VIO脱毛」について調べていました。

    この記事では、人には聞けないようなVIO脱毛・アンダーヘア自己処理の方法ご紹介します。

    これからお店でのVIO脱毛を控えている人も、お店じゃなくて自宅でアンダーヘア処理を行う人も必見。

    アンダーヘア処理への気になる男性意見>>『アンダーヘア脱毛は常識?画像付き人気の形、男性の意見をご紹介』

    Contents

    VIO自己処理前に処理に必要な道具を準備

    デリケートゾーン』はその名の通り非常に敏感です。

    敏感な部分だからこそ、自己処理にはお肌をいたわる道具を使いましょう。

    特にIラインやOラインは手の届きにくい部分にあるので、自己処理にはお肌を傷つけてしまわないように細心の注意を払いましょう。

     毛抜きでのVIO脱毛自己処理はダメ

    毛抜きでの脱毛はNG

    VIO陰毛脱毛をする道具でNGなのは、

    ・カミソリ

    ・除毛クリーム

    ・毛抜き

    毛抜きで脱毛をすると、毛を無理に引っ張って抜いてしまうことで皮膚や毛穴が傷ついてしまいます。

    傷を修復するために薄い皮膚が傷ついた部分をカバーするので新しい毛が生えてこれなくなり『埋没毛』の原因となります。

    毛穴や皮膚が傷ついてしまうと、毛が太くなってしまうリスクがあるのでいくらお手軽だからと言っても「カミソリ・除毛クリーム・毛抜き」での脱毛は控えましょう。

    アンダーヘアの自己処理でおすすめなのは、

    ・ヒートカッター

    処理後のチクチク感がなくて快適

    ・電気シェーバー

    お肌へのダメージが少なくて安心

    カミソリでのムダ毛自己処理はお肌を傷つけてます

    特に一番お手軽でやりがちな自己処理方法って「カミソリ」ですよね。

    実際に某大手脱毛サロンのスタッフさんに聞いてみたんです。

    「カミソリでの自己処理って楽でお手軽ですよね。本当にカミソリってダメなんですか?」

    もうサロンのスタッフさんに即答されました(笑)

    「お肌に悪いので絶対にカミソリはやめてください!」

    カミソリってあれ、直接肌に刃を当ててムダ毛を処理するものですよね。

    なんと恐ろしいことに、ムダ毛を剃るのと同時に皮膚も剃ってしまってるらしいんです!

    カミソリを一回肌に当てるのって、サランラップ1枚分の皮膚を同時に削ってしまっていて超お肌に悪いんです。

    【自己処理のミカタ①】ヒートカッター

    ヒートカッター』はその名の通り、熱によってムダ毛を焼きとるものです。

    ヒートカッターは熱で毛を処理するので、毛の切り口が丸くなります。

    そのため、自己処理後の「チクチク感」がなくなり、優しい肌触りのアンダーヘアになります。

    一般的に3000円程度で購入できるので、気軽にデリケートゾーンのケアができます。

    しかし、ヒートカッターはアンダーヘアの形を整えるのには不向きで、「長さを整える」ことを得意としています。

    【自己処理のミカタ②】電気シェーバー

    電気シェーバーでの脱毛は肌を痛める

    アンダーヘア形を整えつつ肌への負担を抑えるなら『電気シェーバー』がオススメ。

    電気シェーバーは刃が肌に直接当たらないので、ムダ毛の処理によるお肌への負担を軽減することができます。

    お家で気軽にムダ毛処理をする方には『電気シェーバー』がオススメです。

    陰毛(アンダーヘア)の自己処理のタイミングは2日前がおすすめ

    デリケートゾーンは粘膜に近い部分のためとってもお肌が敏感です。

    そのため、出来るだけお肌を休ませる必要があります。

    アンダーヘアの自己処理・陰毛の事前処理のタイミングは脱毛サロンや医療脱毛クリニックで脱毛する2日前のタイミングがおすすめ。

    ヒートカッターなどで自己処理をした後、しっかりとお肌を休ませて万全のお肌の状態で脱毛にのぞみましょう。

    デリケートゾーンの自己処理後はしっかりアフターケア!

    ただでさえ敏感なデリケートゾーンですが、自己処理をした後のデリケートゾーンは普段より敏感。

    VIOラインのお肌が乾燥してカサカサしたり、新しく生えてくる毛によってチクチクしたり。

    肌が弱い体質の人は下着とVIOライン・ビキニラインの摩擦によってかゆみが出たりも。

    かゆみを防ぐためにもしっかりと自己処理後は保湿しましょう。

    保湿する時はワセリンや保湿クリームなどでしっかりとお肌をいたわりましょう。

    これで完璧!VIOラインの自己処理手順

    ・毛抜きはNG

    ・自己処理するならヒートカッターor電気シェーバー

    ・自己処理後はしっかり保湿

    3つのVIOライン自己処理の基本をしっかりとおさえた上で、デリケートゾーンの自己処理の手順を解説していきます。

    デリケートゾーンは腕、足などの体の部位の中でももっとも自己処理が難しい部分。

    お肌を傷つけてしまわないように細心の注意を払いながら自己処理をするようにしましょう。

    VIOラインの自己処理の方法は以下の3ステップ

    ①蒸しタオルでお肌を温める

    ②VIOラインそれぞれにあった処理(後ほど解説)

    ③しっかりと保湿

    自己処理をした後はしっかりとアフターケアをしよう

    【VIOラインの自己処理手順①】蒸しタオルで数分お肌を温めてから自己処理する

    「よし!自己処理するぞ!」

    と思っていきなりデリケートゾーンにヒートカッターを当てるのはダメ。

    普段何もしない状態のムダ毛は毛が硬くなっていて、そのままいきなり陰毛自己処理を始めるとお肌へのダメージが大きくなってしまいます。

    お肌へのダメージを最小限に抑えるためにも、まずは蒸しタオルを数分自己処理したい部分に当ててムダ毛を柔らかくしましょう。

    蒸しタオルを当て終わって、毛が柔らかくなったらいよいよヒートカッターで自己処理開始です。

    VIOラインの部位別の自己処理方法については後ほど詳しく解説します!

    【VIOラインの自己処置手順②】保湿をしっかりする

    いくらカミソリや毛抜きで自己処理していないと言っても、やはりお肌へのダメージはあります。

    お肌へのダメージが蓄積してしまうと肌荒れの原因となってしまいます。

    自己処置後も気を抜かず、しっかりと保湿しましょう。

    【VIOライン別解説①】Iラインの自己処理方法

    IラインとOラインはなかなか腕が届きにくい部分です。鏡で確認しながらIラインの自己処理をすることで、うっかりミスがないようにしましょう。

    Iライン自己処理は全部剃る派?少し残す派?

    Iラインは処理し始める前に、しっかりと自分が理想とする完成のイメージをしっかり作りましょう。

    気になるIラインの形ですが、『全部なくす』派が多いです!しかし、Iラインのアンダーヘアを全部なくしてしまうことに抵抗がある人はとりあえず、少しだけ残して処理しましょう。

    Iライン脱毛のメリットとは?▶︎▶︎『Iライン脱毛のメリットは?範囲はどこまで?粘膜まで脱毛可能?』

    iラインの自己処理は鏡を使う

    Iラインは目視しにくいから鏡を使いながら陰毛自己処理

    Iライン直接自分の目で見ることは難しいので、鏡を有効活用しましょう。

    鏡にIラインを確認しながら水性ペンで自分の希望の形を描いて、描いた形に沿ってアンダーヘアを処理していきます。

    ムダ毛の処理が終わった後は、しっかりと保湿をして黒ずみを予防しましょう。

    【VIOライン別解説②】Oラインの自己処理方法

    Oラインは肛門の周辺の毛のことを指します。

    Oラインの毛は全て無くしてしまう人がほとんど。

    しかし、お尻の周りは見にくいためなかなか自己処理がしにくいという欠点があります。

    【注意】Oラインのムダ毛自己処理にはリスクがあります▶︎▶︎『Oライン脱毛は恥ずかしい?体勢やメリット、自己処理のリスク』

    Oライン自己処理の方法

    Oラインの自己処理はなるべくお店にお任せ

    Oラインの自己処理は見えない、体勢がつらいという理由から自己処理がうまくいかず、剃り残しが生じやすい部分です。

    無理な体勢で自己処理をしようとすると、手が滑って粘膜を傷つけてしまうなんて事態にも。

    お店の中には、剃り残しがあっても追加料金なしで対応してくれるお店もあります。

    Oラインの事前処理は自分でしなくてもいいというお店もあるので、カウンセリングの時にお店のスタッフに事前処理について聞いてみましょう。

    ミュゼのVIO脱毛はOラインの事前処理必要なし

    脱毛サロン・ミュゼでは自分ではなかなか処理しにくい「背中」「襟足」「Oライン」を無料でシェービングしてくれます。

    ハイジニーナVIO脱毛4回セット 36,000円

    脱毛サロンでVIO脱毛するならおすすめはミュゼ。

    おすすめ記事>>『ミュゼの口コミ体験レポート|無料カウンセリングで勧誘あり?の真相とは』

    【VIOライン別解説③】Vラインの自己処理方法

    VラインはVIOの中でも一番目立つ部分なので、失敗は絶対に避けたいですよね。

    Vラインのアンダーヘアの自己処理方法をわかりやすく解説していきます。

    Vラインのデザインによって自己処理の形も変わる

    Vラインの自己処理方法は自分がどんなVラインの形を理想とするかで自己処理方法も変わります

    まずは自分のVラインの理想の形を決めましょう。

    Vラインのデザインの種類は以下の3つがあります。

    ①全剃りして綺麗ツルツルなVラインが理想

    ②Vラインのムダ毛の量を少なくして柔らかい印象にしたい

    ③Vラインのシルエット(形)を綺麗にしたい

    アンダーヘアの形について詳しく知りたい方におすすめ▶︎▶︎『アンダーヘア脱毛は常識?画像付き人気の形、男性の意見をご紹介
    Vラインの脱毛方法

    シルエットを整えたい人は希望の形以外の部分の毛を処理

    「ボーボーで無秩序に生えたアンダーヘアは嫌だ!」

    そんなお悩みを持つ人は、Vラインの形を整える自己処理方法がおすすめ。

    基本的にサロンやクリニックはデリケートゾーンの脱毛をする時は、前もって自己処理(事前処理)がなされている部分にだけレーザーの照射を行います。

    「シルエットを整えたい派」の人は自分の理想とする形に沿ってVラインのムダ毛を処理していきましょう。

    理想のVラインの形に沿ってペンで印をつける

    いきなり「Vラインの形を自分で整えましょう!」と言われても、

    「うっかり手がすべってアンダーヘアがいびつな形に、、、」

    なんて事態は避けたいですよね。

    Vラインを自分の思い通りの綺麗な形にするための必勝アイテムは「ペン」

    あらかじめペンで自分の理想のVラインの形をデリケートゾーンに書いておいて、ペンに沿って自己処理をするとVラインの自己処理で失敗するリスクを軽減できます。

     

    Vラインの毛量を抑えたい人は全剃り

    「Vラインの毛の量を軽減したい!」

    と言う人は来店前はがっつり全剃りしちゃいましょう。

    最初は抵抗があるかもしれませんが、Vラインの全剃りはやってみると新鮮でスッキリします。

    それでもVラインの全処理(つまりパイパン)って抵抗感のあるもの・・・・。

    そんなあなたに朗報です!お店でのVIO脱毛なのに、全剃りしなくていいとこってあるんです。

    【衝撃】Vラインの事前処理って全剃りしなきゃいけないの?

    VIO脱毛の事前処理でも全剃りしなくていいお店がある
    基本的にサロンやクリニックでVラインの脱毛をしたい場合の事前処理は【全剃り】

    いくらVラインを綺麗に脱毛したい、、、、、とは言っても。

    自己処理してから施術日まで全剃りしたチクチクのデリケートゾーンと生活するのは抵抗感がありますよね。

    私も「VIO脱毛したい!」とは言ってもさすがに自分で全剃りするのには抵抗感があります。

    (というか全剃りは嫌です)

    【朗報】『アリシア』なら事前処理で全剃りしなくていい!

    「VIO脱毛したいけど、パイパンにしなくてもいいお店ないかな〜」

    事前処理でパイパんにしなくていいお店、あるんです。

    それは【アリシアクリニック】

    アリシアのVライン脱毛には【ビューティーコース】と【スムースコース】があります。

    「スムースコース」はパイパンなどしっかりとVラインのアンダーヘアの脱毛がしたい人向けなのですが、「ビューティーコース」ならVラインの形を整えるだけなので事前処理でも全剃りにしなくてもオッケー。

    アリシア脱毛体験談はコチラ>>『【体験談】医療レーザー脱毛でVIO脱毛して人生変わった!口コミ』

    アリシアのVIO脱毛料金まとめ

    5回8回脱毛し放題
    VIO脱毛セット(ビューティ)61,900円92,880円118,800円
    VIO脱毛セット(スムース)85,900円123,760円165,000円

    アリシアクリニック

     

    【注意】ミュゼではVラインとトライアングルを区別します

    一般的にVラインはデリケートゾーンの三角の部分一体のムダ毛をさす言葉ですが、脱毛サロン「ミュゼ」ではちょっとVラインの範囲が違います。

    ミュゼのVライン脱毛範囲

    ミュゼでいうVラインは上の画像の部分です。

    下着やビキニからはみ出すムダ毛のことです。そうです「あれ」です。

    一般的なVラインのことをミュゼでは「トライアングル」と言います。

    ミュゼトライアングル上下脱毛範囲

    まだ自己処理派?VIO脱毛をお店でやらないのは絶対損!

    デリケートゾーンって、腕や足と比べると露出する機会はないし、ムダ毛処理の優先順位でいうとついつい後回しになりがちですよね。

    「露出頻度少ないからお店に行かずに自分で処理しよう、、、」

    でも、デリケートゾーンは露出頻度は少ないとは言っても重要な部分です。重要な部分だからこそしっかりと正しいケアをして、恥ずかしくないデリケートゾーンをゲットしましょう。

    VIO脱毛って恥ずかしいって方におすすめ記事▶︎▶︎『VIO脱毛が恥ずかしい!気持ちを軽くできた方法【私の体験談】』

    【VIO自己処理のデメリット①】毛抜きでの自己処理は埋没毛の原因に

    VIO脱毛はお店でやろう

    毛抜きでのムダ毛の処理では、肌がとても傷つきます

    傷ついた肌や毛穴を修復しようとして新しい皮膚ができますが、そのせいで新しい毛が皮膚の中に埋もれてしまって、『埋没毛』となってしまいます。

    肌にボツボツと黒いデコボコがあるのってみっともないですよね。

    【VIO自己処理のデメリット②】カミソリは毛と一緒に肌も傷つける

    カミソリは安いし場所もとらないしとってもお手軽ですよね。でもカミソリでのムダ毛の処理は肌にダメージを与えてしまいます。

    カミソリによるダメージを受け続けていると、肌は固く厚くなって黒ずみが目立ってしまいます。

    デリケートゾーンを綺麗に保ちたいならカミソリでの処理は控えましょう。

    【VIO自己処理のデメリット③】自己処理を繰り返すと黒ずみの原因に

    VIO脱毛の自己処理ではどうしても剃り残しが発生してしまいます。

    また、繰り返しの自己処理によって肌や毛穴がダメージを受けて色素沈着や埋没毛が、、、。

    この「埋没毛」「色素沈着」「剃り残し」は全て黒ずみの原因になってしまうんです。

    しかし、黒ずみというのはあくまで「間違った」デリケートゾーンの自己処理方法によって生じます。正しく自己処理をしていればデリケートゾーンの黒ずみは防げるんです。

    デリケートゾーンのムダ毛ケアなら断然お店でのケアがオススメ

    VIO脱毛をお店でするメリット

    デリケートゾーンの自己処理ってなんだか気をつけることがいっぱいあって面倒ですね。しかも、「間違った」自己処理方法を続けていると【黒ずみ】の原因になってしまうっていうし、、、、。

    私はかつては「節約!」と思いVIOは自己処理派でした。

    しかし、忙しい毎日の中でデリケートゾーンにまでなかなか気がまわらなくて、「面倒だからお店に全部任せちゃおう!」と思い切ってサロンでのVIO脱毛を始めてみました。

    今では綺麗なデリケートゾーンをゲットし大満足です。

    正直、温泉や銭湯などで処理されていないデリケートゾーンを目にすると口には出しませんが、心の中では「え、、、、、、、(マジか!)」と思っています(笑)

    (ここだけのハナシです)

    【VIO脱毛のメリット】綺麗なデリケートゾーンがゲットできる

    サロンやクリニックでのVIO脱毛のメリットは何と言っても、脱毛のプロに綺麗に処理してもらえることです。

    実際私もお店でVIO脱毛をしてみて、

    「今まで何であんなに自分での処理に苦労してたんだろう、、、」

    と今までデリケートゾーンの自己処理に四苦八苦していた過去の自分を呪いました(笑)

    そもそも何でVIO脱毛前に事前処理しなきゃいけないの?

    そもそも何でお店にお金を払って脱毛しに行っているのに、何で自分で施術前に自宅で事前処理をしなくちゃいけないのでしょうか?

    VIO脱毛前に事前処理をしなくてはいけない理由はズバリ、【安全にVIO脱毛するため】なんです。

    【事前処理が必要なワケ①】肌が焼けてしまうのを防ぐため

    レーザーを使った脱毛は、毛に含まれる黒い色素に反応してムダ毛を処理していく仕組みになっています。

    もし自己処理をせずにムダ毛が生えきった状態でレーザーを照射してしまうと、光の当たる範囲が広くなってしまいます。そのため、光が毛以外の部分にも当たってしまい、【痛み】【やけど】の原因となってしまいます。

    【事前処理が必要なワケ②】VIO脱毛にかかる時間を短くするため

    VIO脱毛をするにあたって事前処理をする理由には、「痛み」や「やけど」を防ぎ安全なVIO脱毛を行う目的と「アンダーヘアの脱毛にかかる施術時間を短くしてお店の回転率を上げる」という目的があります。

    VIOの自己処理はアフターケアをしっかりと

    VIO脱毛はサロンでやろう

    【VIO脱毛の自己処理】いかがでしたか?

    普段露出しない部分を自分でわざわざ処理するのって面倒ですよね。

    そんな時には「お店に任せちゃう!」というのも一つの手です。

    VIO脱毛をしっかりと処理して、チクチクしない綺麗なデリケートゾーンをゲットしましょう。

    おすすめ!医療脱毛ランキング3選

    効果が高く、レーザーなのに

    痛くない脱毛機で人気!

     

    ●全身脱毛(VIO含む):8回

    → 月額 9,100円

    ●VIO脱毛:8回

    → 月額 3,000円

    >>>アリシアクリニックの1月キャンペーン詳細はこちら

       

    都内では珍しい、女性専門クリニック

    医師、看護師、受付スタッフ、全て女性です。

     

    ●全身脱毛:5回 → 298,000円

    ●VIO脱毛:5回 → 99,800円

    >>>リゼクリニックの予約はコチラがお得!

     

    20代の女性から人気!

    2種類のレーザーを選べます(※店舗による)。

     

    ●全身脱毛(顔・VIO含):6回

     →348,000円!

    ●VIO脱毛:3回

     → 29,800円!

    >>>湘南美容外科の1月キャンペーンはこちら

     

      おすすめ!脱毛サロンランキング3選

      予約が取りやすい!

      ジェルを使わない脱毛が特徴です!

       

      ●全身脱毛(33ヵ所):8回

       → 月額 9,500円  初月分0円!

      >>>キレイモの予約はコチラ

       

      安いのに、きちんと効果があると評判のサロン!

       

      ●全身脱毛(顔除く):6回 → 189,000

      ※4回以上のコースを契約、公式アプリダウンロードで50%OFF

      >>>ミュゼの予約はコチラ

       

      20年以上続く、脱毛の老舗サロン!

      3ヶ月間全額返金保証☆

      嬉しいキャンペーンが多く用意されています。

       

      ●全身脱毛(首から下22ヵ所):脱毛し放題

      月額6,500円

      >>>銀座カラーの予約はコチラ

        \ SNSでシェアしよう! /

        MOTETY[モテティー]女性の美の追求し悩みを解決の注目記事を受け取ろう

        VIO脱毛完ペキな自己処理方法「形は?どこまで?道具は?」

        この記事が気に入ったら
        いいね!しよう

        MOTETY[モテティー]女性の美の追求し悩みを解決の人気記事をお届けします。

        • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
        • フォローしよう!

          この記事をSNSでシェア

        関連記事

        • 二の腕がブツブツでも脱毛できる?毛孔性苔癬とレーザー脱毛

        • 大宮のおすすめ脱毛サロン・クリニックは?特徴・価格を徹底比較

        • 脱毛タオルで背中の産毛をラクに処理できる?効果とおススメ大公開

        • 中学生の脱毛ってどうしてる?クリニックやサロンで脱毛出来るの?

        • 敏感肌で悩んでいる人必見!デリケート肌におすすめの脱毛方法!

        • 痛くない医療脱毛がしたい人必見!痛いレーザー脱毛は古い?!