VIO脱毛の自己処理方法は間違えると危険!デザイン別の正しいやり方 - MOTETY[モテティー]女性の美を追求し悩みを解決する脱毛専門サイト
  1. TOP
  2. 脱毛の基礎知識
  3. VIO脱毛の自己処理方法は間違えると危険!デザイン別の正しいやり方

    VIO脱毛の自己処理方法は間違えると危険!デザイン別の正しいやり方

     2018/11/02 脱毛の基礎知識
    この記事は約 5 分で読めます。 1,048 Views

    VIOを自己処理する機会は他の部位と比べて少ないので、正しいやり方や手順を知らない方が多いと思います。

    そんな方のためにこの記事では

    • VIO脱毛に行く前の正しい自己処理の方法と手順
    • 自己処理しやすい体勢
    • VIO脱毛後に生えてくる毛ってチクチクする?
    • どこまで事前に剃っていけばいいの?
    • 自己処理の道具はカミソリ?電気シェーバー?

    こういった疑問に答えていきます。

    よかったら最後まで見てみてください〜!

    意外と知らない、VIO脱毛前の正しい自己処理方法って?

    VIOを自分でシェービング処理するのって案外、脱毛を始めるまでやったことがない人が多いと思います。

    事前にどこまで剃っていけばいいの?何で剃ればいいの?といった疑問も多いでしょう。

    そもそもVIOはデリケートゾーンなので、腕や脇などと同じようにシェービングしていると肌トラブルを引き起こしやすくなります。

    そこで今から、失敗しないVIOの自己処理方法をご紹介していきます。

    VIOの処理は必ず電気シェーバーで|カミソリはNG

    VIOの処理は必ず電気シェーバーを使って下さい。

    なぜならカミソリは肌表面を刃で傷つけながら剃毛するからです。

    電気シェーバーは肌を傷つけないので、脱毛サロンやクリニックのシェービングでも使われています。

    普段、全身を自己処理するときはT字型のカミソリタイプの物を使う人が多いと思いますが、

    VIOを処理するときはカミソリは絶対使わないでください。

    VIOはデリケートなので、カミソリの少しの刺激でも肌が切れたり痒みが出たりします。

    肌に炎症がある状態だとその部分は脱毛を断られてしまうのでカミソリ負けしないよう注意が必要です。

    Vラインの自己処理のやり方|全剃りは何回やる?

    VIOの自己処理っていちばん面倒で複雑です。

    自分がやりたいVラインのデザインによって、全剃りの回数や自己処理のやり方が変わってくるのでここで確認しておきましょう!

    ショーツからはみ出るサイド部分だけ脱毛する場合

    毛量はそのままで、ショーツからハミ出るムダ毛だけを脱毛したい場合は、そのはみ出ているムダ毛だけを処理していけばOKです。

    脱毛したくない部分は処理しなくて大丈夫です。

    施術当日は、毛を処理した部分だけを脱毛していきます。

    形を整えつつ毛量も減らす場合

    VIO脱毛するなら医療レーザー脱毛

    毛量を減らす場合は、初めの何回かはVライン全体を全剃りしていきます。

    元々の毛量によるのですが、普通の人は2回程度、多い人は4回ほどVを全照射してもらい、毛量の減り具合を見ていくのが良いと思います。

    毛が生えそろったときに満足する毛量になっていれば、それ以降の処理は全剃りせずに、形からはみ出る部分だけを処理して脱毛してもらうようにしてください。

    ハイジニーナ(全処理)にする場合

    ハイジニーナにしたい場合は毎回全剃りして脱毛に行ってください!

    Iラインの自己処理のやり方|ツルツルが人気

    Iラインはツルツルにするのが人気です。

    なのでツルツルにしたい場合は毎回全剃りしてください。

    毛量を薄くしたいだけなら最初の3回ぐらいは全剃りして毛量を調整していきしょう。

    ただ注意して欲しいのが、Vラインの毛を残す場合はIラインは先端だけ残してください。

    VラインとIラインの毛がつながるように形を作る

    Iラインを全処理してしまうと、前から見たときに股の割れ目が見えて不自然になります。

    Oラインの自己処理のやり方|シェーピング無料の場合が多い

    Oラインは自分からは見えないので自己処理しにくいです。

    そのため、ほとんどの脱毛サロン・クリニックではOラインのシェーピングは無料でやってくれます。

    もし自分で処理しなければいけない場合は、お尻の穴から外側に向かってシェーピングしていくとやりやすいです。

    VIOの自己処理の手順

    ①ハサミで長い毛を1cm程度までカットしておく

    →毛が長いまま電気シェーバーを使うと、毛が引っかかり痛いので注意!

    ②電気シェーバーで毛の流れに沿って剃る

    →毛の流れに逆らって剃ると肌を傷つけるので注意!

    ③処理後は保湿も忘れずに

    →無駄な成分が入っていないワセリンがオススメです。

    自己処理しやすい体勢は?

    VIOの処理は鏡を見ながら行なってください!

    股を開いて体育座りをし、股の前に鏡を置いて確認しながらやると処理しやすいです。

    Iラインは粘膜や性器を傷つける恐れがあるので、引っ張りながらやるとやりやすいです。

    VIOの自己処理Q&A

    エステでは永久脱毛できないの?永久脱毛する上で知っておきたいことは?

    ここからはよくある疑問をピックアップしてお伝えしていきます。

    VIO脱毛後に生える毛はチクチクする?

    医療脱毛であれば、1回目の照射から毛質が柔らかくなるのを感じられますのでチクチクすることはありません。

    サロン脱毛の場合は、チクチク感がなくなるまでは3〜4回ぐらいの照射が必要です。

    Vラインに赤み・痒みがあるけど脱毛できる?

    基本的に炎症のある部位に脱毛はできません。

    脱毛の刺激により炎症を悪化させる恐れがあるためです。

    VIOに炎症が起こる原因は、誤った自己処理(カミソリや逆剃り)で肌を傷つけてしまうことが多く考えられます。

    自己処理は必ず、肌に負担の少ない電気シェーバーで毛の流れに沿った方法で使用してください!

    まとめ:VIOの処理は電気シェーバーで!デザインによって全剃りする回数は変わる

    横浜でVIO脱毛するときにおすすめのサロンとクリニック

    いかがでしたか?

    ここまで、VIO脱毛前の正しい自己処理方法や、自己処理の手順をご紹介してきました。

    まとめると、

    • VIOの処理には必ず電気シェーバーを使用する
    • Vラインのデザインによって自己処理の範囲や全剃りの回数は変わる
    • VIOの自己処理は鏡を見ながら慎重にやる

    です。

    これを読んで、失敗しない自己処理方法として役立ててもらえれば幸いです。

    \ SNSでシェアしよう! /

    MOTETY[モテティー]女性の美を追求し悩みを解決する脱毛専門サイトの注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    MOTETY[モテティー]女性の美を追求し悩みを解決する脱毛専門サイトの人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

    関連記事

    • 教えて!脱毛している女子の割合って本当はどれくらいなの?

    • 二の腕がブツブツでも脱毛できる?毛孔性苔癬とレーザー脱毛

    • 永久脱毛っていくらかかるの?値段安いおすすめクリニックを紹介

    • 脱毛すると硬毛化して毛が濃くなる?原因と対策・治し方まとめ

    • 脱毛を途中でやめてしまう人が多い原因は?最後まで続けるために大事なこと!

    • レーザー脱毛は期間をあけすぎたらダメ?脱毛間隔と効果の関係