全身脱毛の準備はシェービングだけ?施術前の自己処理方法
  1. TOP
  2. 全身脱毛の準備はシェービングだけ?施術前の自己処理方法

全身脱毛の準備はシェービングだけ?施術前の自己処理方法

 2017/04/14 全身脱毛 脱毛の基礎知識
この記事は約 7 分で読めます。 802 Views
    全身脱毛の準備の方法や注意点

    この際全身脱毛をやってみようかと検討中の方、または既に夏に向けての脱毛として契約した方もいるのではないでしょうか。

    「脱毛前の準備っていうけど、自己処理はどうやってやったらいいの?」
    「サロンの人は電気シェーバーでやれっていうけど買わなきゃいけないの?」
    「当日の準備や注意することってなにかあるの?」

    など、全身脱毛前の準備に関する疑問点について、脱毛サロンでの勤務経験をふまえて伝授します。

    全身脱毛前の準備は前日でいいの?剃り方は?

    全身脱毛の施術を受けるにはいくつか注意点があります。

    美容院のように毛を伸ばした状態で施術を受けるわけではありません。事前のシェービングが必要なのです。

    施術前日くらいにシェーバーなどで伸びた毛をカットします。フラッシュ脱毛またはレーザー脱毛は黒い部分に反応するため、毛が生えているとやけどをしてしまいます。また毛を抜いてしまうと、毛根に刺激を与えられず脱毛の効果がなくなるので毛抜きはNGです

    サロンによっては自己処理を忘れると施術をしてくれないところもあるので必ず自己処理をしてから来店するようにします。

    準備のコツ① 全身脱毛の前処理は施術の二日前がベスト

    全身脱毛の自己処理については、予約をした1‐2日前くらいがベストです。
    必ず1-2日前に自己処理をやらなければならないというマスト事項ではありませんが、ベターですということです。

    お肌が敏感だったり弱い方においては3日前くらいに自己処理をしましょう。剛毛の場合は2日前だとすぐに毛が伸びてきてしまうので1日前のほうがよいです。

    普段から毎日入浴時などに自己処理をすると肌を傷める原因となり、照射したときにやけどの原因になったり炎症を起こしてしまう可能性もあるので注意しましょう。

    なぜ肌が弱い方が数日前に自己処理をしなければならないのかというと、光を照射するときに肌が弱い方だと光に皮膚や毛穴が負けてしまって炎症が起きてしまったり、赤みが出てしまったり、という可能性があるからです。

    お肌のテストが可能か契約前に確認し、対応してくれるサロンを選ぶようにしましょう。

    準備のコツ② 自己処理のやり方、使う道具

    サロンではカミソリではなく電気シェーバーを使ってください、ということを言われます。
    なぜならば、肌をカミソリの刃で傷つけてしまったり乾燥肌を招くことになってしまうからです。

    サロンでシェーバー購入を進めてくるところもありますが、家電量販店で安ければ1000円以内で購入できますのでご自身でデザインなどみながら購入することをおすすめします。

    毛の長さ的には毛穴からほとんど毛が生えていない状態にしておきましょう。
    全身脱毛前のシェービングは電気シェーバーを使いましょう

    準備のコツ③ 全身脱毛の準備は電気シェーバーを上手に使うこと

    毛がかなり長くなってしまっている場合については、はさみでカットできる毛は先にはさみを使ってカットしてから電気シェーバーでシェービングします。毛が長いままだとシェーバーに毛が絡まって動かなくなってしまったり痛い思いをしたりしますよ。

    Vラインなどの自分が見えない場所については手鏡を使ってみながら、確認しながら剃っていきましょう。なるべく大きめの手鏡を使用するとよいです。

    毛を剃るといってもT字カミソリはやめておきましょう。なぜならば、お肌の角質細胞まで傷をつけてしまうからです。

    毛抜きにおいては皮膚やお肌そのもの表面を傷つけるだけでなく、毛根を刺激するため人の身体はより強い毛を生やそうとします。

    せっかく全身脱毛を契約しても肌が荒れてしまったりしたら本末転倒といったことになりかねませんので気をつけてくださいね。

    準備のコツ④ 出来るだけ剃り残しのないように

    全身脱毛の施術の前日、または前々日もしくいは忘れてしまった場合においては当日ですが、自己処理はできる限りつるつるにしておくことが大事です。

    なぜかというと照射する光は黒いものに反応するため、毛が残っていたりするとそこに光が反応し、痛みを感じることも多々あるからです。またシェービングが十分でないと別途費用がかかる場合や、施術を拒否される場合もあります。

    自分が直接目で見えにくい部分や、VIOラインについては十分に気を付けながらシェービングしていきます。VIOのなかでもとくにOラインについては肌が張っていなかったり奥まっていたりするため、出血しやすかったりします。気を付けながらやりましょう。

    デリケートゾーンのシェービング方法については、脱毛前後の自己処理方法を大公開<VIOライン~体> に詳しく書かれています。

    事前にしっかり確認!全身脱毛の準備にはシェービングサービスが便利

    サロンによっては自己処理忘れは1回について1000円から2000円くらいの費用をとるところもあります。
    自分で届かない部分については無料のシェービングサービスがあるサロンもあります。

    自分で無理に処理をしようとすると出血したりかさぶたになってしまってその箇所を施術できなくなってしまうので、シェービングサービスを上手に使いましょう。

    その際は必ず「自分での処理ができなく、見えない箇所」である旨きちんと伝えます。自己処理をやっていないとか、やり忘れたという伝え方はNGです。

    シェービングサービスがある脱毛サロン・クリニック一覧

    ミュゼ襟足、背中上下、Oライン奥に限定して、剃り残しがある場合はお手伝いしてくれる。
    脱毛ラボそり残しは有料1000円、VIOラインについては1500円を支払えば箇所は限定しない。
    エピレ基本的にはサービスなし。

    事前準備は自己処理が基本

    剃り残しがあった場合、サロンによってはシェービングサービスをお断りのところがあり、必ず自分で処理をしてどの箇所においてもつるつるにしておかねばなりません。

    自分で行う場合は、十分に肌を傷めないようにゆっくりと処理します。
    シェービングする箇所を保湿したり、処理後にもケアをしてあげましょう。

    全身脱毛の施術前にはシェービングが必要です。

    全身脱毛の当日の準備と注意点

    脱毛する当日は、油分が多いクリームの塗布などは控えます。というのは、光を照射するときにきちんと毛穴まで浸透しなかったり、やけどをしたりといった可能性もあるからです。サロン独自のジェルを塗布したりしてくれるので、余計なクリームなどの使用はやめましょう。

    また全身脱毛のときはサロンのガウンに着替えたりするため、前開きの服や脱着が簡単にできる服装で来店しましょう。

    自分で自己処理が完璧と思っていてもそり残しがあったり、人によっては薄っすらと産毛が生えてきてしまうこともありますので軽くて小さめのシェーバーを常に持ち歩くと便利です。

    意外とありがちなのですが、診察券、保険証、サロンの会員証なども忘れないでくださいね。

    施術後は、飲酒をしない、長風呂をしないなどの注意が必要です。

    脱毛に行くときの服装は?押さえておくべき4つのポイント

    全身脱毛の準備|まとめ

    脱毛サロンに行くことを楽しみにしておくくらいの気持ちがのほうがよいです。
    予約した日を忘れないようにカレンダーに印をしたり、リマインダーを設定したりして自己処理を忘れないようにしておくことが大切です。当日無断キャンセルで1回分無駄になってしまうと困りますから。

    自己処理をきちんとすれば、脱毛の施術のスムーズに行えます。
    光脱毛の全身施術の場合であれば1時間もあれば着替えやアイシングの時間も含めて終了します。お仕事終わりや休日の空いた時間、デートの前でもさくっと処置できます。

    どうしても自己処理がやりにくい、見えないと怖いという場合については無理して自分でやろうとせずに費用がかかってもサロンのシェービングサービスを使用しましょう。

    費用がかかるサロンと無料のサロン、そもそもシェービングサービスそのものを受け付けていないサロンもあるので、無料カウンセリング等を上手に使いながらサロン比較するとよいですよ。

    おすすめ!脱毛サロンランキング3選

    予約が取りやすい!

    ジェルを使わない脱毛が特徴です!

     

    ●全身脱毛(33ヵ所):8回

     → 月額 9,500円  初月分0円!

    >>>キレイモの予約はコチラ

     

    安いのに、きちんと効果があると評判のサロン!

     

    ●全身脱毛(顔除く):6回 → 189,000

    ※4回以上のコースを契約、公式アプリダウンロードで50%OFF

    >>>ミュゼの予約はコチラ

     

    20年以上続く、脱毛の老舗サロン!

    3ヶ月間全額返金保証☆

    嬉しいキャンペーンが多く用意されています。

     

    ●全身脱毛(首から下22ヵ所):脱毛し放題

    月額6,500円

    >>>銀座カラーの予約はコチラ

      \ SNSでシェアしよう! /

      MOTETY[モテティー]女性の美の追求し悩みを解決の注目記事を受け取ろう

      全身脱毛の準備の方法や注意点

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      MOTETY[モテティー]女性の美の追求し悩みを解決の人気記事をお届けします。

      • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
      • フォローしよう!

        この記事をSNSでシェア

      関連記事

      • 顔の産毛脱毛にクリームは使える?メリット・デメリットまとめ

      • ほくろがある場所って脱毛できる?気になる影響までを解説!

      • 未成年は脱毛できる?効果はある?親にないしょはダメ?

      • 【必読】全身脱毛おすすめランキング~口コミと評判~

      • 全身脱毛体験談|医療脱毛を選んだ理由~効果と回数~

      • レーザー脱毛したのに毛が抜けない?その原因と対処法